VIRGIN HARLEY | 2008年式 XL1200L たかしさん ファッション講座

2008年式 XL1200L たかしさん

  • 掲載日/2011年06月27日【ファッション講座】
バイクファッションの画像

所在地/埼玉県在住 職業/会社員 / 27歳

オーナーよりファッション解説

カスタムのコンセプトはご覧のとおり“カフェレーサー”です。昔からこのスタイルが好きで、購入時にはトライアンフなども候補に入っていたんですが、メッキのエンジンが気に入ってスポーツスターに決めました。マグラのセパレートハンドルやシビエのヘッドライト、Baby Face のバックステップキットなど、あまりハーレーのカスタムには用いないパーツを取り入れています。基本的に自分でカスタムしていますね。

バイクと同じぐらいファッションも好きで、愛車に合うスタイリングを心がけるようにしています。モノトーンをベースに、チェッカー柄や水玉模様でコントラストをつくり、赤いシューズやデザインの入ったインナーでアクセントを入れています。ファッションよりは次のカスタムプランが気になっていて、やはりアルミタンクに換えたいですよね。

バイクファッションの画像
【左】ポイントはハート模様? ダブルライダース風ジャケットを愛用。 【右】『LOVERBOY』のプリント入りインナーでジャケットとのコントラストを演出。
バイクファッションの画像
【左】こちらもオーナーお気に入りのモノクロ風水玉パンツ。 【右】足元に赤を入れてアクセントとしている。

ファッションチェック!

一般的なバイカーファッションを
斬新にアレンジした好スタイル!

ハーレーではあまりお目に掛かれない個性的なカフェスタイル! 昔流行ったトラッカースタイルより断然少ないでしょうね。スポーツスターのカフェって意外と似合っていてカッコイイと思いますよ。上記で触れていないカスタムではアルミフェンダーとAJSタイプ?シート等に食いついてしまった元カフェスタイルのYAMAHA SR400乗りの自分です(笑)。いやそれにしても、すべて自分でカスタムするなんて脱帽です。

さて本題のファッションですが、こちらも個性あふれるアイテムをセレクトしてコーデされていますね。チェックのライダースにドット柄のパンツ、ライダースも襟がハート形と何ともユニークなデザイン。アウターのチェックにボトムスのドット柄を合わせるなんて見事な組み合わせと言えます。一歩間違えるとチェックとドットで喧嘩してしまうところを、小さい水玉のお蔭で無地の感覚に近い印象でまとめています。足元のスニーカーもREDが差し色になってGOOD! ひとつ気になるのはインナーのTシャツ。衿ぐりの青色がチラッと見えるでしょ? ここ、VネックやUネックで見せない方がジャケットのデザイン(ハート部)が強調されて良かったかもしれませんね。とはいえ、ここまで個性あるコーデができているライダーは極めて稀。好き嫌いが分かれるところですが、ファッション業界の人間が見れば理解できるスタイルだと思います。ファッションのひとつの定義として見ていただけると嬉しいな、と思います。

講師プロフィール
綿秡 幹哉(Mikiya Watanuki)

1966年生まれ。大手アパレル会社の企画生産部門に所属していた経験を持ち、独創的なデザインが魅力の商品開発に携わっていた。2000年に新しいチャレンジと、某ラーメン店を立ち上げ、行列ができる店としてメディアの注目を集める存在に。その後、再びアパレル業界への参戦を決意、「Devil Arrow」を開店、現在に至る。愛車はハーレー・スポーツスターXL1200R。

取材協力

国内外を問わず、常に旬の上質なカジュアルブランドを揃え、流行を意識しながらも決して流行だけを追いかけないこだわりのセレクトアイテムを揃えるショップ。店主がバイク乗りであることから、その乗り方を意識した洋服選びをしている稀有な存在と言える。

【現在、店舗休業中にてウェブサイトのみで営業中】

お問い合わせ/info@devilarrow.com

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報