VIRGIN HARLEY | 2012年ニューモデル解析「FLD スイッチバック」 特集記事&最新情報

2012年ニューモデル解析「FLD スイッチバック」

FLD スイッチバックの画像

既成概念を覆す斬新なフォルムで登場した
先入観抜きで触れればその魅力は無限大

「ダイナで FLだって?」 これまでのラインナップを知る人からすれば、そう反応したとしても不思議ではない。「FXから始まるコードこそがダイナ」という既成概念を覆す存在として、FLD Switchback -スイッチバック- が登場した。本モデル最大の魅力は、その名に記されたとおり使用用途によって素早く“スイッチ”できるところ。標準装備とされるウインドシールドとサドルバッグはデタッチャブル(取り外し可能)式で、手順を知ればわずか数分で取り外せてしまう。つまりこの一台で、ロングツーリングから街乗りまで使い分けられるのだ。

ヘッドライトナセルに2in1エキゾーストシステム、フットボードの標準装備、フルカバードサスペンションなど、特筆すべきポイントは多々あるが、やはり全体のスタイリングこそスイッチバックの特徴と言えるだろう。往年の名車 FLH をほうふつさせ、現行モデルながらヴィンテージルックにまとめたその姿は、ローライダーやワイドグライドといった従来モデルに目が慣れたユーザーにとっては違和感があるかもしれないが、ハーレーだからこそ表現できるスタイルなのだというファクトリーの意思表示と言えるし、それを素直に受け止めたいとも思う。先入観を取り払ってこのモデルと向き合えば、“ハーレーに乗る”楽しさの幅が広がること請け合いだ。

プロフェッショナルコメント

都会サイズで楽しめるツアラー
掘り下げ甲斐のあるモデル

評価が二分しそうなモデルと言えますが、個人的にはかなり好印象です。「ツアラーが欲しいけど、重くて乗られない」という方も今まで何人かいらっしゃいましたので、そうしたユーザーにとってはうれしい選択肢増ですよね。“ダイナでツアラー仕様”というだけで、女性ライダーにとっても受けがいいと思います。またカスタムという点でも、実際に自分が触ることをイメージしたら楽しそうですよね。フルカバーのサスペンションやナセルなど、旧車ならではの良いテイストを持ち合わせているので、例えばメッキパーツを多用し、タンクなんかも AMF 時代のグラフィックでまとめたりすれば、かなり面白い仕上がりになると思います。都会サイズで楽しめるツアラー、このキャッチだけで気になる人は多いでしょうね。

ハーレーダビッドソン シティ川越店 マネージャー松本 泰輔氏)

動画で見る。ニューモデル FLD スイッチバックの走行&モデル解説

スタイリング&ディテールカット

FLD スイッチバックの画像
ライトビュー ※ウインドシールド&サドルバッグ付き
FLD スイッチバックの画像
レフトビュー ※ウインドシールド&サドルバッグ付き
FLD スイッチバックの画像
フロントビュー ※ウインドシールド&サドルバッグ付き
FLD スイッチバックの画像
リアビュー ※ウインドシールド&サドルバッグ付き
FLD スイッチバックの画像
ライトビュー ※ウインドシールド&サドルバッグ取り外し
FLD スイッチバックの画像
レフトビュー ※ウインドシールド&サドルバッグ取り外し
FLD スイッチバックの画像
フロントビュー ※ウインドシールド&サドルバッグ取り外し
FLD スイッチバックの画像
リアビュー ※ウインドシールド&サドルバッグ取り外し
FLD スイッチバックの画像
デタッチャブルウインドシールド
FLD スイッチバックの画像
クロームナセル付きラージヘッドランプ
FLD スイッチバックの画像
シングルカートリッジ式(左側のみ) 41.3mm フロントフォーク
FLD スイッチバックの画像
カスタム5スポークホイール (フロント18インチ/リア17インチ)
FLD スイッチバックの画像
ステンレス製 ミニエイプハンガーハンドルバー
FLD スイッチバックの画像
容量17.8リットル フューエルタンク
FLD スイッチバックの画像
カスタムステッチワンピースシート (加重時シート高:663ミリ)
FLD スイッチバックの画像
3点固定式のデタッチャブルサドルバッグ
FLD スイッチバックの画像
ツアラーモデル仕様のテールランプ&ウインカー
FLD スイッチバックの画像
フットボードスタイル ※シフトレバーはトゥーシフターのみ(シーソーペダルではない)
FLD スイッチバックの画像
クローム“シガー”チューブ フルカバードサスペンション
FLD スイッチバックの画像
2in1 エキゾーストシステム

2012年ニューモデル解析

注目のアイテムはコチラ