VIRGIN HARLEY | 2012年ニューモデル解析「XL1200V セブンティーツー」 特集記事&最新情報

2012年ニューモデル解析「XL1200V セブンティーツー」

XL1200V セブンティーツーの画像

70年代のカスタムカルチャーを再現した
スタイリッシュなチョッパースポーツ

これぞチョッパースポーツスター、これぞファクトリーカスタム。そう唸ってしまう魅力的なスタイリングを有した一台、それがスポーツスターのニューモデル、XL1200V Seventy-Two (セブンティーツー)だ。2011年、同じファクトリーカスタムモデルとして登場して以来高い人気を誇る XL1200X FORTY-EIGHT (フォーティーエイト) に匹敵する存在となるに違いあるまい。

“72”の名は、イーストロサンゼルスを通るルート 72 に由来する。ここは1970年代、チョッパーカスタム全盛期だった場所で、なかでも主流となったローライダーカスタムのスタイルを踏襲しているモデルであることから、時代背景への敬意を評して名付けられた。コンパクトなピーナッツタンク (容量7.9リットル) にミニエイプバーハンドル、チョップドリアフェンダー、フロント21インチ/リア16インチホイールに奢られたホワイトウォールタイヤと、誰もが「こうカスタムしたい」と思い描く要素がすべて詰め込まれている。チョッパースタイルであることが明確なので、“ここからどう変えていくか”について想いを巡らせてしまう一台とも言えよう。ハーレーならではのフォルムに心奪われる人も少なくないだろう。

プロフェッショナルコメント

まさしく’70s の姿そのまま
新しいスタンダードになるのか?

もう“見たまま”というほかない70年代チョッパーのスタイルにまとまっていますね。エイプバーにピーナッツタンク、なかでも真っ赤なキャンディペイントなどは’70s を完全にイメージしたものと言えるでしょう。スポーツスターをこうしたチョッパーライクにカスタムするのは主流ではないのですが、もしかしたらこのスタイルが流行となるかもしれませんね。2012年モデルに共通して見えるのは“原点回帰”というテーマでしょうか。スイッチバックもスリムもそうですが、70年代以前のスタイルを踏襲しているものばかり。当時の背景を良く知る年代の人にはドンピシャのラインナップでしょう。

ハーレーダビッドソン高知 店長 吉川雅人氏)

動画で見る。ニューモデル XL1200V セブンティーツーの走行&モデル解説

スタイリング&ディテールカット

XL1200V セブンティーツーの画像
ライトビュー
XL1200V セブンティーツーの画像
レフトビュー
XL1200V セブンティーツーの画像
フロントビュー
XL1200V セブンティーツーの画像
リアビュー
XL1200V セブンティーツーの画像
2010年式のスポーツスター XL1200C 1200カスタムに見られた砲弾型のヘッドライト。
XL1200V セブンティーツーの画像
スポーツスターのラインナップ中で唯一採用されたエイプハンガーハンドルバー。
XL1200V セブンティーツーの画像
メーターまわりもクロームメッキ仕様。裏側にまで施されており、フロントビューの輝きにひと役買っている。
XL1200V セブンティーツーの画像
XL1200X FORTY-EIGHT と同じ容量 7.9 リットルのピーナッツタンク。このビッグレッドフレークのほか、ブラックデニムとビッグブルーパールの計3カラーが用意されている。
XL1200V セブンティーツーの画像
ビッグレッドフレーク仕様にのみ描かれている“72”のオリジナルロゴ。オーナーにとってはうれしいアイデンティティとなるだろう。
XL1200V セブンティーツーの画像
そら豆スタイルのソロシート。こちらも XL1200X FORTY-EIGHT とお揃いのパーツ。
XL1200V セブンティーツーの画像
チョップドリアフェンダーとストップランプ一体型ウインカーという、現行モデルの主流とも言える組み合わせ。
XL1200V セブンティーツーの画像
ホワイトウォールタイヤを採用した 21 インチフロントホイール。フロントフェンダーにもピンストライプでのデザインが施されている。
XL1200V セブンティーツーの画像
クロームメッキで覆われた排気量 1,202cc の Evolution エンジンを搭載。
XL1200V セブンティーツーの画像
一見するとビッグツインかと見紛うエンジン左側に取り付けられたホーン。さらにグレイパウダーコートが施される。
XL1200V セブンティーツーの画像
ステップ位置は FORTY-EIGHT や XL1200C と同じくフォワードコントロールとされる。
XL1200V セブンティーツーの画像
150mm リアタイヤには、フロントタイヤのそれよりもインパクトのあるホワイトウォールが奢られている。

2012年ニューモデル解析

注目のアイテムはコチラ