VIRGIN HARLEY | NARROW LAST 特集記事&最新情報

Hotbike Japan.comコンテンツ

ブーツの要であるソールに関連したWESCO JAPANからの新しいカスタムの提案

ウエスコブーツを語る上で、絶対に外せないのがオーナーの用途や好みを反映したカスタムオーダー。世界にただ一足、自分だけのオリジナルブーツを手に入れるというその魅力は計り知れない。数多いカスタムメニューの中からパーツを選び、夢の一足を作り上げることはウエスコブーツの醍醐味でもある。

そんなブーツ製作の上で最も重要な道具である「LAST(木型)」はブーツの履き心地やスタイルを決定付ける、まさに命とも言える道具である。今回、2010年にリリースされたウエスコジャパンリミテッドモデルの「NARROW WESCO ENGINEER BOOTS」と、2011年の「FLIGHTMASTER」のために製作されたNARROW LASTが通常カスタムのオーダーで使用できるようになった。

このNARROW LASTは奇跡的にデッドストックで見つかった1950年代のエンジニアブーツをもとに製作されたものである。NARROW LAST最大の特徴はエッジの効いたシャープ、かつ薄型に成型されたつま先の形状で、この優美なフォルムによりヴィンテージブーツならではのシックな佇まいとなっている。無骨なワークブーツというより、フォーマルにも対応できるドレスブーツのような印象も持ち合わせている。

プルオンブーツの代表モデル、BOSSはもちろんのことレースアップブーツのJOBMASTERなどの各モデルでこのNARROW LASTを使えば、今までになかった雰囲気のカスタムブーツを製作することができる。カスタムの新たな選択肢として理想のスタイルの一足に夢を馳せてみてはいかがだろうか。

  • 左が今回からカスタムオーダーで使用することができるようになったNARROW LAST。右は通常のLAST。どちらも同サイズである。

    左が今回からカスタムオーダーで使用することができるようになったNARROW LAST。右は通常のLAST。どちらも同サイズである。

  • この2つのLASTのポイントはつま先の形状にある。左のNARROW LASTは右に比べエッジが効いたスクエアな形状である。

    この2つのLASTのポイントはつま先の形状にある。左のNARROW LASTは右に比べエッジが効いたスクエアな形状である。

  • 手前のNARROW LASTは奥のLASTに比べて薄く型どられている。そのため同サイズでも余裕を持って少し長く成型されている。

    手前のNARROW LASTは奥のLASTに比べて薄く型どられている。そのため同サイズでも余裕を持って少し長く成型されている。

  • 左からBLACK TIE/BURGUNDY/BURLAP/REDの4色がラインナップされるLEATHER INSOLE。履き込むほどに足裏に馴染んでいき、手放せなくなること間違いなし。

    左はNARROW LASTを使ったNARROW WESCO ENGINEER BOOTS、右は通常のLASTを使ったBOSS TOEのBOSS。

  • ブーツに成型されても違いは明白。左のNARROW WESCO ENGINEER BOOTSは右のBOSSに比べて、つま先が細い印象だ。

    ブーツに成型されても違いは明白。左のNARROW WESCO ENGINEER BOOTSは右のBOSSに比べて、つま先が細い印象だ。

  • 横から見ればつま先の薄さも確認できる。手前のNARROW WESCO ENGINEER BOOTSは奥のBOSSとは明らかに違う。

    横から見ればつま先の薄さも確認できる。手前のNARROW WESCO ENGINEER BOOTSは奥のBOSSとは明らかに違う。

 
WESCO Shop Info

WESCO JAPAN
大阪府東大阪市高井田西1-1-17
tel:06-6783-6888

WESCO Ebisu
東京都渋谷区恵比寿1-16-20-101
tel:03-5449-3218

WESCO Setagaya
東京都世田谷区等々力2-5-3
tel:03-6809-8968

WESCO Kanazawa
石川県金沢市古府1-117
tel:076-249-6888

http://www.wescojapan.com/

The Newest