VIRGIN HARLEY | BOSS & JOBMASTER 特集記事&最新情報

スタンダードモデルが持つ魅力

100年に迫る歴史を持つワークブーツカンパニーのウエスコ。同社が手掛ける質実剛健のワークブーツはアメリカのハードワーカーから絶大な支持を得ていることは周知の通りである。もちろんその機能面からライディングギアとしてハーレー乗りを筆頭としたモーターサイクリストたちの愛用者も多い。

ウエスコが手掛けるブーツの魅力には、ユーザーの用途に合わせたカスタムブーツの製作が挙げられるが、今回はウエスコの代表的モデルであるプルオンブーツのボス、そしてシューレースブーツのジョブマスターのスタンダードモデルを紹介させていただきたい。

ボスのスタンダードモデルのレザーは7ozのブラックカウハイドでハイトは11インチ、ソールは#100 Vibramでエッジはブラックとされる。ヘビーステッチはホワイトでレギュラーステッチはブラウン、バックルはスタンダードニッケルバックルが取り付けられ、レザーインソールが装備されている。ジョブマスターのレザーは7ozのブラック、ブラウン、レッドウッドカウハイド、ハイトは10インチでソールは#100 Vibram、ヘビーステッチはホワイト、レギュラーステッチはブラウンとされる。アイレット&フックはブラスでレーシングパターンはLace to Toe、もちろんレザーインソールも装備されている。

これらのモデルは1939年に製作をはじめてから現在に至るまで、基本的な構造を変えることなく作り続けられている同社の顔とも言えるブーツとして広く知られている。ウエスコが考える耐久性や安全性、そして履き心地の良さといった機能面を追求した結果、生み出されたこれらのデザインは、無駄な装飾は一切排し、純粋にワークブーツとしての美しさを備えている。

普遍的な美しさがベースとなっているからこそ、無数のカスタムが生きてくるのだ。バイクにファッション、そしてワークにと、どんなシーンでも最高のパフォーマンスを発揮するというウエスコが考える究極のワークブーツの答えが、これらスタンダードモデルなのだ。一足目のウエスコブーツとしてはもちろん、何足もカスタムブーツを持っているヘビーユーザーにも是非一度スタンダードモデルを試していただきたい。

  • ボスのスタンダードモデルのステッチはホワイト&ブラウン。写真はローラーバックルだが、定番モデルはスタンダードバックルとなっている。

  • ボスのソールは高いグリップ力と耐久性、クッション製に富んだ#100 Vibram Soleを装備している。エッジカラーはシンプルなブラックを採用。

  • 履き込むほどに抜群のフィット感を実現するレザーインソールがボスとジョブマスターには装備されている。もちろんギャランティーカードも付属。

  • ジョブマスターの定番カラー。左からブラウン、レッドウッド、ブラックカウハイド。スタンダードモデルとして3色のカラーが用意されている。

  • ジョブマスターのスタンダードモデルのソールも#100 Vibram Soleとされる。写真のモデルはレッドウッドにナチュラルエッジの組み合わせ。

  • レーシングパターンは爪先まであるLace to Toe。ステッチはホワイト&ブラウンを採用、アイレット&フックはブラスが装備されている。

 
WESCO Shop Info

WESCO JAPAN
大阪府東大阪市高井田西1-1-17
tel:06-6783-6888

WESCO Ebisu
東京都渋谷区恵比寿1-16-20-101
tel:03-5449-3218

WESCO Setagaya
東京都世田谷区等々力2-5-3
tel:03-6809-8968

WESCO Kanazawa
石川県金沢市堅町12番地
tel:076-222-5677

http://www.wescojapan.com/

The Newest