VIRGIN HARLEY | MANABU OKADA × PAKCER、 YU OKADA × BOSS 特集記事&最新情報

Hotbike Japan.comコンテンツ
取材・作成/HOTBIKE Japan.com編集部
モーターサイクルとブーツの必然性、
その真意は世代を超えて受け継がれてゆく

日本の旧車シーンを牽引してきた大阪の船場。1947年に創業を果たした船場は今年65周年を迎えた。そんな船場の岡田学さんと、そのご子息、悠さんの足元を固めるのはWESCOブーツである。学さん曰く「ブーツはバイクに乗るときのプロテクターです。若いころから何度もブーツには助けられていますから。ヘルメットやレザージャケットと同じ、モーターサイクルギアだと私は思っています。その点、WESCOブーツは最高の防具です。ブーツはファッションではない、機能が第一だと考えています」。

MOTORCYCLE PATROL TOEに変更されたPACKERを愛用する学さん。#430 VIBRAMソールが取り付けられた大人が似合うドレッシーなカスタムモデルと言える。

一方、悠さんが愛用するのはWESCOプルオンブーツの代表モデル、BOSS。11インチハイトのスタンダードモデルであり、ソールは学さんのPACKERと同じ#430 VIBRAM、そして高い防水性とプロテクション効果を発揮するレザーライニングが施されている。TCクロスボーンズを愛機とする悠さんは言う。「このBOSSを手に入れて、まだ一ヶ月くらいなのですが、週5日は履いています。これからの経年変化が楽しみですね。以前はずっとジョブマスターを履いていました。そのジョブマスターが僕のはじめてのブーツなんです。僕がブーツに求めるものは機能性とファッション性。そのどちらも譲れません。バイクに乗るときは必ずブーツです。ブーツに足を入れると、気合いが入るんです。オヤジはバイクの乗り方を含め、その扱いが上手い。尊敬する存在ですが、いつかは追い抜きたいですね!」。

取材協力:
SEMBA

 
WESCO Shop Info

WESCO JAPAN
大阪府東大阪市高井田西1-1-17
tel:06-6783-6888

WESCO Ebisu
東京都渋谷区恵比寿1-16-20-101
tel:03-5449-3218

WESCO Setagaya
東京都世田谷区等々力2-5-3
tel:03-6809-8968

WESCO Kanazawa
石川県金沢市堅町12番地
tel:076-222-5677

http://www.wescojapan.com/

The Newest