VIRGIN HARLEY | 2013年式 FXSBSE フルカスタム

2013年式 FXSBSE

  • 掲載日/2016年01月27日【フルカスタム】
  • 写真・文/モリヤン
2013年式 CVO FXSBSEのフルカスタム画像

2013 FXSBSE

派手でゴージャスなチョッパーならこれだ

ブレイクアウトのデビューは2013年。なんとスタンダードより先にCVOモデルがリリースされるという、過去に例のない方法で話題をさらった機種である。2015年モデルのラインナップから姿を消したこともあり、現在、ブレイクアウトCVOの人気はさらに上がっているといえるだろう。

レオチンさんの乗るブレイクアウトは2013年モデル。メーカー純正カスタムの中でも飛びきり派手なブレイクアウトCVOをベースに、ロングフォークを装着。さらにゴージャスな現代版のチョッパーを製作してしまった。

よく見ていくと、オリジナルの個性はまったく捨てないで、効果的にモディファイしていることが分かる。ガソリンタンクやフレームの形状、ヘッドライトナセル、リアフェンダーなどはストックのままなのである。ストックでも超一流のカスタムとして大きな存在感を示すブレイクアウトCVOだからこそ、自分だけの個性的な1台に仕上げるのは大変なことである。

最も特徴的なのは、ワンオフ製作されたハンドルバーではなかろうか。エッジの効いたプルバックタイプは、ナセルで製作された物をさらに加工した力作である。長く伸ばされたフロントフォークにマッチングするシルエットとして唯一無二の存在となったのだ。

オーナーのレオチンさんが所有するバイクはこれだけではない。実はかなりのスピード狂でもあるという。このブレイクアウトは、のんびり流すクラシカルなチョッパーのイメージがどこにも表現されていないのである。

2013年式 CVO FXSBSEのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2013年式 CVO FXSBSEのフルカスタム画像
ハンドルバーは群馬のカスタムショップ、ナセルが製作したものをベースに加工したワンオフ。
2013年式 CVO FXSBSEのフルカスタム画像
個性的なノーマルのナセルはそのまま、ヘッドライトはLED化され、バイザーを追加する。
2013年式 CVO FXSBSEのフルカスタム画像
フロントフォークはインナーチューブを延長してチョッパーフィールを高めている。
2013年式 CVO FXSBSEのフルカスタム画像
ホイールはPM製。より未来的なデザインとなった。
2013年式 CVO FXSBSEのフルカスタム画像
マフラーはバンス&ハインズ製のビッグラディウス2-2
2013年式 CVO FXSBSEのフルカスタム画像
リアホイールもPM製。ブレーキローターもPM製を採用している。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
レオチンさん

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報