VIRGIN HARLEY | 2013年式 FXDB フルカスタム

2013年式 FXDB

  • 掲載日/2013年07月11日【フルカスタム】
  • 執筆&撮影/モリヤン
    本記事は VIRGIN HARLEY vol.20 にて掲載されたものです
2013年式 FXDBのフルカスタム画像
2013年式 FXDBのフルカスタム画像

純正色を生かした
都会的なカスタム

ダイナシリーズの中でもっともシンプルな構成ゆえにカスタムの素材として抜群な存在、それがこのFXDB ストリートボブである。オーナーにはやはり都会的な若者が多く、そのほとんどがブラックベースの車体をチョップしてフリスコスタイルにカスタムしたり、ロングフォークを取り付けてガソリンタンクを小型化、チョッパーテイストを楽しむという方向性が多いように思う。

兄弟車のローライダーに比べると、まず新車価格も安い上にソリッドなカラーリングもカスタムベースになりやすい要因だろう。しかし、ここに紹介する一台はチョップする方向ではなく、ノーマルの良さをさらにスープアップさせたカスタムなのだ。

印象的なキャンディー塗装。これがまずノーマルなのである。オーナーは、ストリートボブのなかでもソリッドカラーを選ばず、この限定色をチョイスした。ハーレーは毎年、少ないロッドの限定カラーを各モデルに出してくるが、その塗装クオリティは極めて高い。そん点を重要視したオーナーは、購入と同時に各部のモディファイをショップに発注したのだ。

「交換パーツは、艶のないブラックデニム塗装だったエンジンを部分的に艶のあるブラックにチェンジしたり、エアクリーナーボックスを交換したり。ハンドルバーやレバーも交換しました」

オーナーの橋本 進一さんは、深いキャンディレッドの塗装とバランスさせてより高級感を出せるよう、周辺パーツをいろいろと交換している。塗装するのではなくパーツ交換。ところどころにメッキパーツを使用して、ほど良いコントランストをうまく表現しているのだ。

2013年式 FXDBのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2013年式 FXDBのフルカスタム画像
ライザーを使用しないハンドルバーはドラッグスペシャリティーズ製。アップライトなポジションは街乗りで乗りやすい設定である。
2013年式 FXDBのフルカスタム画像
プライマリーケースは、インナープライマリーとともにメッキパーツに交換。
2013年式 FXDBのフルカスタム画像
フロントタイヤはクラシカルなリブパターンを選択。
2013年式 FXDBのフルカスタム画像
グリップは台湾のメーカー、ラフクラフトの製品だ。
2013年式 FXDBのフルカスタム画像
エアクリーナーはスクリ-ミンイーグル製である。
2013年式 FXDBのフルカスタム画像
エンジンのヘッドカバーもメッキと艶ありのブラックのツートンとしてコントラストを高めている。
2013年式 FXDBのフルカスタム画像
シートはシモンズ製。サポート性能の高い一品。
2013年式 FXDBのフルカスタム画像
エンジン右側のカバーやボルトも変更されている。
2013年式 FXDBのフルカスタム画像
リアサスはプログレッシブ。現在、ここのツートンカラーの特注品を制作中だ。
2013年式 FXDBのフルカスタム画像
ベルトガードもRSD(ローランドサンズデザイン)製に変更。
2013年式 FXDBのフルカスタム画像
ステップはフォワードコントロールに変更した。
SHOP INFO.
住所/埼玉県川越市南台2-3-19
Tel/049-249-2280
Fax/049-249-2282
営業/10:00~19:00
定休/水曜
ピックアップ情報