VIRGIN HARLEY | 1996年式 FLH フルカスタム

1996年式 FLH

  • 掲載日/2009年04月08日【フルカスタム】
  • 撮影/磯部 孝夫
    本記事は HOTBIKE japan vol.106 にて掲載されたものです
1996年式 FLHのフルカスタム画像
1996年式 FLHのフルカスタム画像

具現化されたゼロスタイル
デザイン、ライディングに優れる一台

ハーレー乗りなら知らない人はいないだろう、愛知県岡崎市のゼロエンジニアリング。今回紹介するのは、ゼロの創設時から携わる熊谷勝司氏の手がけたFLH。低くコンパクトなスタイリング、極少フューエルタンク、有機的なデザインを備えたパーツ群…。それらが織り成すシルエットは、いちショップの作風というレベルを超え、「ゼロスタイル」というジャンルを生み出すに至った。

66ジェネレーターショベルは丁寧にオーバーホールされると同時に、アンドリュースのJカムをインストール。キャブレターは始動性と扱いやすさを考慮したケイヒンが選択される。スロットルを握った瞬間、強烈な前傾姿勢を強いる特有のフォルムは、低く構えたグースネックと74スプリンガーによるもの。前後16-4・00サイズのハイトのあるタイヤゆえに、低速での取り回しは少々重いが、その反面高速での安定感は抜群。ワインディングへ乗り出し、右へ左へとリーンさせて冬の山間をエキゾーストノートと共に駆け抜ける。気分は実に爽快で、タフなライドフィールは「操る楽しさ」へと変わっていた。

「いつ見ても、何台作ってもいいスタイルだと思うよ」

としみじみ語る熊谷氏。撮影を行った夕暮れ、陽光を受けて輝くグースネックのチョッパー…。カメラマンと共に眺め入ってしまったそのときの光景が、上の右向きの写真だ。岡崎のチョッパー屋の一貫した哲学は、世界中のビルダーに今もなお、強い影響を与えている。

1996年式 FLHのフルカスタム画像

1996年式 FLHのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

1996年式 FLHのフルカスタム画像
グースネットにセットアップされた74スプリンガー。緩やかなアールを描くヘッドライトステーがゼロならでは。
1996年式 FLHのフルカスタム画像
エンジンの造形を際立たせるスモールタイプのタンク。タンクキャップには羽をモチーフにしたトリムが入っている。
1996年式 FLHのフルカスタム画像
真鍮ステップとクロームメッキの質感が絶妙なバランスを生む。どこか落ち着いた「和」の雰囲気が漂う。
1996年式 FLHのフルカスタム画像
トップとサイドにスリットが入るチェーンガードにはブラスカバーが装着されており、アクセントになっている。
SHOP INFO.
住所/〒444-2137 愛知県岡崎市薮田2-4-14
電話番号/0564-28-2881
営業時間/10時~19時
定休日/月曜

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報