VIRGIN HARLEY | 1957年式 FL フルカスタム

1957年式 FL

  • 掲載日/2010年05月07日【フルカスタム】
  • 撮影/磯部 孝夫
    本記事は HOTBIKE japan vol.101 にて掲載されたものです
1957年式 FLのフルカスタム画像
1957年式 FLのフルカスタム画像

古代文明を彷彿させるカスタム
芸術の域に達した気品と存在感

「オーダーはディガースタイルで二人乗り出来るバイク。あとはお任せだった。古代文明をイメージして自分なりの解釈で製作した」

富山県魚津でショップをオープンさせ7年目を迎えるダブルクレスト。代表の斉藤雅巳は各パーツの造形、そして全体のバランスに留意しカスタムを進めた。

フロントフォークには3インチオーバーのパウコ・ナロースプリンガーを装着。トリプルツリーは四角い造形が嫌いとの理由から、サンダーで丸みを出し綺麗なアールに仕上げられる。更にリアレッグに真鍮ロウを盛って削り、2ミリ厚のエッジが立つデザインにフィニッシュ。注意して見なければ見落としてしまう箇所ながら、細部に至るまで徹底した作り込みが施されている。

「既製品をそのまま取り付けず、無い物をイチから作ってカスタムするのが僕のこだわりかな」

幼少の頃から造形深い物に惹かれていたビルダー斉藤。鈑金、溶接、削りという地道な作業工程の集大成がこの57FLである。例えばフットペグステーひとつ取っても、理想の形にするなら何時間掛けて削り続けても苦ではないと言う。

タンクからリアフェンダーへと続く流麗なライン。手作業でしか成しえないエッジとアールが調和した美しい造形である。アルミの質感がアクセントになるヘッドライトバイザーやエアクリーナーカバー。そしてクロームの1.5倍は値段がするゴールドメッキを「古代文明」のテーマに沿い施したプッシュロッドカバーやステーボルト。素材の違うメタルパーツをバランスさせメイクしたフォルムからは、どこか中世の騎士を彷彿させる気品と存在感が漂っている。

「バイクが静止している状態でも生きているかの躍動感を与えたい」

造形にこだわる斉藤雅巳が狙うカスタムの先は「芸術」の域。そのポリシーは妥協の無いマシンの作り込みに投影される。

1957年式 FLのフルカスタム画像

1957年式 FLのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

1957年式 FLのフルカスタム画像
3インチオーバーのパウコ・ナロースプリンガー。ビルダー斉藤のこだわりが至るところで発揮されているセグメント。
1957年式 FLのフルカスタム画像
アンダーパネルに至るまで丁寧に手が加えられエッジが特徴となるガスタンク。ゴールドリーフが中世を彷彿させる。
1957年式 FLのフルカスタム画像
ペグステー、シフターリンケージなど曲線を基調にしたフットコントロール周り。その高い完成度は斉藤ならでは。
1957年式 FLのフルカスタム画像
汎用テールライトを加工しリアフェンダーと同体に。ステーは2本の無垢棒をドラムスティックを思わす形状に仕上げた。
SHOP INFO.
住所/富山県魚津市江口521-2
電話/0765-23-5811

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報