VIRGIN HARLEY | 1962年式 FLH フルカスタム

1962年式 FLH

  • 掲載日/2010年09月03日【フルカスタム】
  • 撮影/磯部 孝夫
    本記事は HOTBIKE japan vol.114 にて掲載されたものです
1962年式 FLHのフルカスタム画像
1962年式 FLHのフルカスタム画像

20年以上もの時をかけて磨かれた
確固たる信念が宿る一台

チョッパーの王道とも言える均整の取れたスタイリングに製作されたLONER SAGEのスタンダードカスタム。純正リジッドフレームにフロント21/リア16インチのセッティング。クロームタイプのスプリングフォークにピーナッツタンク、サイクルフェンダーが取り付けられた同店のクラシックカスタムである。

ウイングタイプのオイルタンクは鉄板からの叩き出しにより、容量3.7リットルを確保。フューエルタンクは汎用ピーナッツタンクのアンダーパネルにエグリ加工を施し、バランスを考慮して約20mmストレッチされている。ラウンド部のエッジにはギブソン製ギター“レスポール”に代表されるバイオリンエッジをイメージし、柔らかな丸みを帯びた特有のフォルムが与えられている。このアプローチは音楽に精通するLONER SAGE 中村 實ならではのものと言える。ストラットと一体型のリアフェンダーはタイヤ幅にピタリと合わせて製作。エンド部は立体的にモールディングが施され、VLテールランプのベース部は菱形に成形し、シャープな造形としている。

そしてこのマシン最大の見せ場はペイントワークである。基本となるカラーリングにはシルバーベースにキャンディーアップルレッドをコーティングした立体感のある深みが演出されている。フューエルタンクサイドは緻密に型取りされたバリケイテッドリーフを配し、前出のギターをイメージしてラッピングで木目を再現。さらにチェリーサンバースト風のグラデーションがかけられている。ピンラインはホワイトシルバー。タンク上面にはグレーベースにストーンペイント、その上にはブラック×パールグリーンでフレイムスが描かれている。気の遠くなるような行程を経て完成した LONER SAGE の神髄たるカスタムペイントである。

このクラシックスタイルは、ビルダー中村 實が20年以上もの時をかけて磨き上げてきたものであり、随所に作り手の確固たる信念が宿っている。

1962年式 FLHのフルカスタム画像

1962年式 FLHのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

1962年式 FLHのフルカスタム画像
カービングが施されたリジッドマウントのソロシート。ロナーセイジのお家芸の緻密なカービングシートは、もはやロナーカスタムの定番シートである。
1962年式 FLHのフルカスタム画像
ストラットとモールディングに非凡なセンスが伺えるリアフェンダー。テールランプは VL スタイルをモディファイ。
1962年式 FLHのフルカスタム画像
2インチ径のステンレス製ショートドラッグパイプ。カムカバーに巻き込むように取り回されたフォルムがポイント。
1962年式 FLHのフルカスタム画像
スリットがあしらわれたワンオフ製作のベルトガードに、オリジナルクラッチドームが装着されたプライマリー。
SHOP INFO.
LONER SAGE
住所/茨城県小美玉市大笹470-12
電話/0299-48-3787
営業/10:00~20:00
定休日/火曜

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報