VIRGIN HARLEY | 1940年式 KNUCKLEHEAD フルカスタム

1940年式 KNUCKLEHEAD

  • 掲載日/2011年05月12日【フルカスタム】
  • 撮影/磯部 孝夫
    本記事は HOTBIKE japan vol.118 にて掲載されたものです
1940年式 KNUCKLEHEADのフルカスタム画像
1940年式 KNUCKLEHEADのフルカスタム画像

自ら手を入れることで好みを反映
オーナーとビルダーの技術が光る

この 1940年式 ナックルのカスタムをメインに担当したのは、本業が英語教師というダン・ウィズリーである。BIKE GARAGE KOKORO のビルダー内田朝好とは過去に HONDA SHADOW400 を同店で購入して以来の付き合いとなる彼は、一世を風靡した CHOPPERS INC. ビリーレーン所有のストローカー・ナックルを購入。そこから工場の一部を間借りしてプロジェクトをスタートさせた。生粋のギアヘッドである父親や伯父の元、幼少期からバイクや車に囲まれて育った彼にとりバイクのカスタマイズは日常茶飯事、自然と作業を覚えたと言う。サンティー製フレームにはワンオフのガーターフォークを装着。イチから製作したフォークの本溶解といったテクニカルパートはビルダー内田がサポートしている。オイルタンクは消火器をカットして縁にはアクセントになるリングを溶接。タンクは HODAKA 製を使いレースペイントでフィニッシュされる。荒々しい雰囲気を醸す剥き出しの1次ドライブが雰囲気だ。

1940年式 KNUCKLEHEADのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

1940年式 KNUCKLEHEADのフルカスタム画像
1940年式 KNUCKLEHEADのフルカスタム画像
1940年式 KNUCKLEHEADのフルカスタム画像
トリッキーなセットアップの2連SUキャブは OLD VOLVO から流用。過去に日本からアメリカへと輸入されていた HODAKA 製のフューエルタンクはダン本人によるペイントワークで、両サイドの“13”“P4”の文字は聖書から引用したものだと言う。そしてタンクトップには SUGI SACK によるピンストライプがドロウ。シートベースは鉄板から作り、革縫いまでを自身で行っている。素人でありながらプロ顔負けの技術を持つ彼にとりハンドル製作はお手のもの。フランダースライザーを介してラビットバーをセット。専門技術を要す部分はビルダー内田のサポートを得、ご覧のスタイルにメイクされる。奇をてらうことないマフラーの造形も秀逸だ。
SHOP INFO.
BIKE GARAGE KOKORO
住所/山梨県山梨市下栗原381
Tel/0553-22-9996
定休日/火曜

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報