VIRGIN HARLEY | Salty Bonnie フルカスタム

Salty Bonnie

  • 掲載日/2013年03月22日【フルカスタム】
  • 執筆&撮影/モリヤン
 Salty Bonnieのフルカスタム画像
 Salty Bonnieのフルカスタム画像

時代を超えて輝き続ける
スピード感あふれるスタイルワーク

リジットのフレームに載せられたパンヘッドモーター。フロントフォークはスプリンガーで、一見オールドスクールチョッパーとも思われるが、実はそうではない。

シウンが製作したソルティボニーと名が付けられたこの1台は、まさしく塩平原ボンネビルを疾走するイメージを詰め込んだカテゴリーレスカスタムバイクである。最初のフィニッシュは2003年で、ショーに出品するためのコンセプトモデル。当時の国内ショーでの評価基準に疑問を感じたという松村氏が、ラスベガスのショーに出品して200台中19位という結果を残したバイクでもある。

その後、2回モディファイを経験して現在のスタイルになったが、現在もなおノンカテゴリーな存在には変わりがない。選ばれているパーツは大きく年代に幅があるが、全体のバランスをまったく崩すことのないデザインセンスでまとめ上げられているのだ。

細かい部分に目を配ると、電装系に LED を使用したり、リアフェンダー内をオイルタンクとして活用したりと、シンプルな外観を実現させるためのさまざまな工夫がされていることに気付く。フレームが作る造形をまったく邪魔しないガソリンタンクの形状や、シートの形状。その車体にオールドテイストなスプリンガーフォークを組み合わせて機能美を強調するという手法は、チョッパーが本来持っているアイデンティティを理解する松村氏ならではの設定だと言えるだろう。

「僕が作るのはチョッパーですよ。それは時代に関係なく、既存の物に反発するスタイリングでなくちゃ意味はない。時間がたって新鮮さを失うなら、それは何かの真似でしかないのだから、そうではないものを生み出したい。欲しいシルエットは人それぞれで違うけれど、バランスが崩れて走りにくいバイクは作らない。そして僕が作り出すチョッパーは、常に度肝を抜くものでありたいですね」

走って曲がって止まるというバイク本来の性能に微塵も手を抜かず、見る人や乗る人の度肝を抜くチョッパー。そのスタイルや性能には、やはりカテゴリーは存在しない。逆に言うと、仕上げられたバイクそのものにはカテゴリーが存在する。だからこのコンセプトモデルにはソルティボニーという名前が与えられているのだ。もちろんナンバーの取得可能な公道用カスタムと言う顔も持っているので、登録することもできるし、販売も可能である。

 Salty Bonnieのフルカスタム画像

 Salty Bonnieのフルカスタム画像

 Salty Bonnieのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

 Salty Bonnieのフルカスタム画像
腰下が S&S、シリンダーヘッドは SPD のスペシャルで排気量は 1450ccと、ストックのパンヘッドとはまったく違う内容を持つ。ミッションはショベル用4速ギアボックスだ。
 Salty Bonnieのフルカスタム画像
フレームのトップチューブを左右に湾曲させ、その中にインクルードさせたガソリンタンクは、限りなくナローなシルエットを強調するワンオフ製作されたもの。
 Salty Bonnieのフルカスタム画像
ホイールは、パフォーマンスマシーン製。リアフェンダー内にオイルタンクを装備して、シンプルな外観をユニークな方法で実現している。
 Salty Bonnieのフルカスタム画像
ヘッドライトには小型のカウルを装着し、細身の21インチホイールにディスクブレーキ装備と、スピード感を強調し、実際の走行性能を向上させることにもなった。
 Salty Bonnieのフルカスタム画像
フロントフォークには、可動部分の精度が高くスムーズな動きが確保できる、エボリューション時代の純正スプリンガーを装備。ダンパーを左右に2本セットする。
 Salty Bonnieのフルカスタム画像
フレーム内に小さな LED を埋め込んで、テールランプもストップランプも機能するようになっている。フレームエンドにはイエローの LED を埋め込んで、ウインカーとする。
 Salty Bonnieのフルカスタム画像
リヤブレーキローターは、スプロケットを兼ねていて、ブレーキキャリパーはフレームの間に装備する。実にシンプルな外観を手に入れる重要なアイディアなのだ。
SHOP INFO.
住所/兵庫県神戸市東灘区御影本町7-4-3
TEL/078-822-9085
FAX/078-822-9086
営業/10:00~19:00
定休日/月曜、第1日曜
ピックアップ情報