VIRGIN HARLEY | 1971年式 XLH フルカスタム

1971年式 XLH

  • 掲載日/2014年06月20日【フルカスタム】
  • 執筆&撮影/田中 宏亮
1971年式 XLHのフルカスタム画像
1971年式 XLHのフルカスタム画像

ただのリジッドチョッパーではない
ダートだって駆け抜けるアイアン

セルモーターが備わった1971年式 XLHがアメリカからやってきたとき、フルノーマルではなくライトなチョッパーにカスタムされていた。ただ、オーナーからの要望でフルカスタムすることは確定しており、その元気なエンジンをそのままに、東京・八王子のカスタムショップ ブラッククロームのビルダー 松本 悌一氏が全面的にプロデュース、大幅なカスタムを敢行した。

「走る・曲がる・止まる」というモーターサイクルとしての基本的な要素をベースに、小柄なオーナーに合わせた“走って楽しいリジッドアイアン”がテーマ。フレームはノーマルのKフレームをベースに、パイプを曲げて作り上げたオリジナルのループ型ボルトオン ハードテイルを装着。「昔のダートレーサーに見られるタイプ。これならば、チョッパースタイルでも十分走りを楽しめます。これをぜひ取り入れたかった」(松本氏)と、本モデルを語るうえで欠かせない土台である。

そして全体のシルエットは極力コンパクトにされている。またがってみると分かるのだが、170センチ台の人にはやや窮屈とも思えるポジションになっている。ひとえに小柄なオーナーのための仕様で、ホイールベースはもちろん、オイルタンクを後ろ寄りにマウントし、フューエルタンクもやや後方に装着。全体的にギュッと絞られたシルエットにまとめられている。

「“HOT & HARD”というキーワードがぴったりな一台。小さいけど、じゃじゃ馬な走り出しがすごく楽しいんですよ」

と松本氏から笑顔がこぼれる。まさしく1970年代のダートレーサーを思わせるブラッククローム流チョッパースタイルの代表格と言っていいスタイルである。

1971年式 XLHのフルカスタム画像

1971年式 XLHのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

1971年式 XLHのフルカスタム画像
ボトムマウントされたコンパクトなヘッドライト。ここを中心に、フロントまわりはかなりシンプルに仕上げられている。
1971年式 XLHのフルカスタム画像
汎用品というスポーツスタータンクをシート寄りにマウント。「ダークながら真っ黒じゃなく」という要望に添ったインディゴでカラーリング。
1971年式 XLHのフルカスタム画像
シートはアメリカ製の無銘もので、ヴィンテージ加工が施された風合いが雰囲気だ。もちろん絞られたポジションのキモとなる部位。
1971年式 XLHのフルカスタム画像
AVONタイヤとのクリアランスがギリギリに設定されたダブルリブフェンダー。こちらもポジションに合わせたマウントとされている。
1971年式 XLHのフルカスタム画像
「輸入した当時のものをうまく活用したかった」という21インチ スポークホイールはアメリカ製で、走りを感じさせるダブルディスク仕様。
1971年式 XLHのフルカスタム画像
Eキャブレター ファンネルを備え、XLHショベルスポーツに秘められたパワーを最大限に引き出す。走り出しが一気に向上したそう。
1971年式 XLHのフルカスタム画像
小柄にまとめられたこの一台にワイルド感を持たせるため、取り入れていたストレートドラッグパイプをアップスイープさせた。
1971年式 XLHのフルカスタム画像
16インチ スポークホイールがおごられたリアのインパクトを強めるべく5.00のAVON マーク II を採用。チョッパー定番のタイヤである。
1971年式 XLHのフルカスタム画像
テールランプ&ナンバープレートのサイドマウントはオリジナル加工。コンパクトなサイズ感のライトとアールを描いたナンバーが見どころ。
SHOP INFO.
住所/東京都八王子市越野24-11
電話/042-677-8111
営業/13:00~19:00
定休/水曜、祝日 (イベントまたはレースのある日)

関連する記事

ピックアップ情報