VIRGIN HARLEY | 1996年式 FLSTC フルカスタム

1996年式 FLSTC

  • 掲載日/2009年03月04日【フルカスタム】
  • 撮影/磯部 孝夫
    本記事は HOTBIKE japan vol.89 にて掲載されたものです
1996年式 FLSTCのフルカスタム画像
1996年式 FLSTCのフルカスタム画像

端整なスタイルを追求した
こだわりを主張するマシン

オープンから20年を超える大分の老舗ショップ「フリーウェイ」製作の一台。一般的なメンテやカスタムに加え、ボーリングやヘッド加工といった内燃機までも自社で一貫して行う、日本では数少ない実力派のショップ。代表の水谷研一さんがこのマシンに掲げたコンセプトは「60年代後半のカスタムショップが、ハイテクを意識したバイク」だ。

サンティのリジッドにパウコのスプリンガーからなる端整なマシンバランスで、シンプル極まりないナローな作りになっている。またシルバーとクロームのトーンバランスに、アクセントとなるゴールドのブラス群。そして試乗で感じた節度ある操作性と、すべてに完成度の高さを感じる。どの角度から見ても奇をてらったものは存在しない、至ってスタンダードなマシン。しかし、徹底して造り込まれたディテールがすべてを物語っている。

「当たり前のことを、確実に、そしてシンプルにやっただけ」と話す水谷さん。彼にとって至極当然ともいうべき答えの裏にあるのは、長きに渡って蓄積された経験と理論からなる揺ぎない自信に他ならない。奇抜なマシンの対極といえるシンプルなこのチョッパーは、ヤワなことでは決してヘシ折れない、カスタムビルドに対するビルダーのプライドと強い信念を、静かに、そして強く主張する。

1996年式 FLSTCのフルカスタム画像

1996年式 FLSTCのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

1996年式 FLSTCのフルカスタム画像
フューエルタンクはナロードスポーツスタータンク。定番パーツだが、細やかなマウント処理が目をひく。
1996年式 FLSTCのフルカスタム画像
エキパイはモディファイしたサンティ。サイレンサーはXLHレプリカで、サウンドは大きすぎず小さすぎず。
1996年式 FLSTCのフルカスタム画像
ワンオフのオイルタンクはエンジンに合わせてクロームに処理されている。キャップはブラス製。
1996年式 FLSTCのフルカスタム画像
リジッドフレームと5インチフラットフェンダーにピタリと収まるオリジナルのキング&クイーンシート。
SHOP INFO.
住所/大分県大分市牧3-12-19
電話番号/097-558-3587
営業時間/8:30~18:00
定休日/毎週月曜・第1第3日曜

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報