VIRGIN HARLEY | 1999年式 FXSTC フルカスタム

1999年式 FXSTC

  • 掲載日/2011年04月07日【フルカスタム】
1999年式 FXSTCのフルカスタム画像
1999年式 FXSTCのフルカスタム画像

1999年式 FXSTCのフルカスタム画像

1999年式 FXSTCのフルカスタム画像

EVO モーターの神髄を思い知らせてくれる
次なるスタンダードとなるストリートリーガル

ストックの EVO モーターに迫力のデロルト製2スロートキャブをワンオフのインマニを介してセットアップ。取り付け強度を考慮し、キャブ本体の下面からエンジンVバンクに向けてアーチ型のステンレスサポートが装着されている。点火はダイナ2000i、マフラーは4インチストレッチされたスーパートラップを装着。2in1のステンレス製エキパイはワンオフ製作されたものである。エキパイジョイント部のスムースな処理も見逃せないディテイルだ。

LONER SAGE が手掛けるスタンダードラインのクラシックチョッパーとは違い、低く身構えた攻撃的なフォルムが与えられた EVO ソフテイルをベースとしたドラッグスタイルの車両である。

ワンオフシートにドラッグバー、ミッドコントロールが作り出すタイトなポジションに気分も昂ぶる。吸排気と点火系のみのライトチューンの車両であるが、その走りは刺激に溢れている。今さらながら EVO モーターの潜在能力を思い知らされたインプレッションであった。

そしてこの端正なスタイリング。ソフテイルフレームのディメンションには手を加えず、ステムヘッドやスイングアーム部の徹底したモールディングに、フロント21インチ/リア16インチのセッティング。フロントフォークにはスムージングされた FREDKODLIN 製クロームフォークを装着。ローマウントされたディアドロップ型のストレッチタンクにシートレールと一体型のリアフェンダーが取り付けられ、実に伸びやかなスタイリングを形成している。LONER SAGE の神髄たるグロッシーなカスタムペイントがそこに加わり、マシンの完成度が加速。このデザインはトータルでのスタイリングを際立たせるために視覚的効果を狙って緻密に計算されたものである。

LONER SAGE の次なるスタンダードとなるべく製作された、ストリートリーガル。それぞれの感性の赴くままに、この車両の本質を見極めて欲しい。

1999年式 FXSTCのフルカスタム画像

乗り手をその気にさせる攻撃的なポジションと、力強く加速する EVO ユニットのマッチングは申し分なし。やはりこのスタイルのマシンには、タイトなミッドコントロールがベストと言えるだろう。

カスタムの詳細をチェック!

1999年式 FXSTCのフルカスタム画像
ワンオフドラッグバーに、オリジナルのブラス製積み革グリップのニューモデルを装着したコックピット。ブレーキ&クラッチにはPM製マスターが取り付けられている。
1999年式 FXSTCのフルカスタム画像
シルバーベースにキャンディコバルトブルーでコーティングされたストレッチタンク。ストーンペイントや独自のエイジング加工がサイドに施された渾身のカスタムペイント。
1999年式 FXSTCのフルカスタム画像
シートレールと一体形成されたリアフェンダーにダイレクトマウントされるワンオフレザーシート。2種類のレザーの切り返しとシェル(貝)のようなステッチワークが特徴。
1999年式 FXSTCのフルカスタム画像
モールディングされたストラットとショートウイングのような立体的造形が施されたリアフェンダー。エンド部に埋め込まれたテールランプもワンオフで製作されている。
1999年式 FXSTCのフルカスタム画像
怒涛の存在感を示すデロルト製スロートキャブ。エアクリーナーは K&N を選択。アルミ製インテークマニホールド&ステンサポートを介し、確実に取り付けられている。
1999年式 FXSTCのフルカスタム画像
ビレット製オープンプライマリーガードの複雑に削り込まれた造形に注目。スロッテッドが施されたミッドコントロールにオリジナルペグ、クラッチドームなど見応え十分。
SHOP INFO.
LONER SAGE
住所/茨城県小美玉市大笹470-12
電話/0299-48-3787
営業/10:00~20:00
定休日/火曜

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報