VIRGIN HARLEY | 年式不明 EVO フルカスタム

年式不明 EVO

  • 掲載日/2014年06月13日【フルカスタム】
  • 執筆&撮影/田中 宏亮
年式不明 EVOのフルカスタム画像
年式不明 EVOのフルカスタム画像

あくまで独自の哲学に則った
まったく新しいスタイルへの挑戦

ロー&ロングのシャープなフォルムが目を引くこのチョッパーハーレー、車体が描くラインにこだわった神戸のシウン クラフトワークスらしい徹底した仕事ぶりが伺える一台である。

オーナーは完成型に明確なイメージを持っており、全体的なスタイリングはもちろん、ディテールの細かな部分まで「こういう形にしたい」との要望があった。そうした要望のすべてを詰め込み、いかに美しいフォルムでフィニッシュさせるか……。「結構頭を悩ませたよ(笑)。だからこそ仕上がりには納得できてる」という代表の松村 友章氏。その表情に浮かんでいたのは、苦悩ではなく清々しいまでの達成感だった。

「“これぞシウン!”っていう、誰が見ても分かるインパクトというのはウチの場合薄いかもしれへん。僕がこだわるのは、“ハーレーダビッドソンとしてのあるべき姿”や、自分のなかにある揺るぎないチョッパーというカスタムへの想い。そこは絶対に譲りたくないし、だからこそ難しいオーダーにも妥協せず、自分の哲学を盛り込めたという自負はあるね」

“チョッパー”とはカスタムにおけるひとつの表現方法だが、松村氏はそのチョッパーに対して飽くなき執念を見せる人物だ。ベース車両が何であれ、オーナーの意向を汲み取りつつ、最終的に完成した際の姿をイメージし、その姿を生み出すために必要な作業については一切妥協をしない。ビジネスの枠を超えて作業に没頭することなど、もはや日常となっている。

カスタムショップそれぞれに個性があり、独創性あふれるデザインのカスタムバイクがあり、そのスタイルに惹かれてやってくるオーナーがいる。そんななかで、シウン クラフトワークスというショップが他とは一線を画していると思うのは、デザイン云々ではなく、ハーレーダビッドソンに対する深い造詣と愛情に対して惹かれる人が多いことである。シウンに集う人々の笑顔を見ていると、いつもそんなことを感じさせられる。

年式不明 EVOのフルカスタム画像

年式不明 EVOのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

年式不明 EVOのフルカスタム画像
静岡のショップ ファーイーストチョッパーズに製作を依頼したというロングスプリンガーフォーク。ハンドリングを重視し、レイク角を2度寝かせてある。
年式不明 EVOのフルカスタム画像
攻撃的なドラッグバーを採用。スタイルをロー&ロングとしつつ、前後から見た際のフォルムをシャープにするという目的も含められている。
年式不明 EVOのフルカスタム画像
オーナーの希望でもあったストレッチタンクにはシウンのエンブレムが刻まれた。無駄のない流麗なフォルムが印象的で、本モデルのキモとも言える部位だ。
年式不明 EVOのフルカスタム画像
ソロシートも当然ながらワンオフ。チョッパースタイルとしてのビジュアルを崩すことなくフィットするものにと、シンプルながら悩み抜いた末に作り出された。
年式不明 EVOのフルカスタム画像
「リアフェンダーは尖らせてほしい」という要望を取り入れたリアエンド。サイドマウントされたナンバープレート&テールランプともにワンオフである。
年式不明 EVOのフルカスタム画像
主張が強い他の部位とのバランスか、核となるエンジンに見受けられるのは、シンプルでコンパクトなラウンドエアクリーナーカバー。
年式不明 EVOのフルカスタム画像
カーブを描いたスラッシュカット パイプも見どころのひとつ。こちらもオーナーの要望ありきで、「このラインでなければ」という松村氏のこだわりが詰まる。
年式不明 EVOのフルカスタム画像
シウン オリジナルのフォワードコントロールキット。松村氏が手がけるカスタムにマッチするよう、ビジュアルはもちろん操作性にまでろだわった逸品。
年式不明 EVOのフルカスタム画像
このスタイルなら、オープンプライマリーは当然の仕様か。エンジンなどと相まってギラっと輝くクロームメッキのベルトカバーが心憎いポイント。
SHOP INFO.
住所/兵庫県神戸市東灘区御影本町7-4-3
TEL/078-822-9085
FAX/078-822-9086
営業/10:00~19:00
定休日/月曜、第1日曜
ピックアップ情報