VIRGIN HARLEY | 2010年式 FXCWC フルカスタム

2010年式 FXCWC

  • 掲載日/2014年08月21日【フルカスタム】
  • 執筆&撮影/モリヤン
    本記事は VIRGIN HARLEY vol.22にて掲載されたものです
2010年式 FXCWCのフルカスタム画像
2010年式 FXCWCのフルカスタム画像

ベース車のイメージを生かして個性的に

2008年に発表され、当時のハーレーフリークに衝撃を与えたモデル。それがこのロッカーCだ。登場するなり、これはハーレーの打ち出した近未来へのアイデンティティとさえ言われ、その後のニューモデルへの興味を大きく引き寄せた1台でもある。

当時のハーレーはこのロッカーCをはじめ、クロスボーンズなど、メーカー主導のカスタムモデルを次々に発表し、まだハーレーに乗っていない潜在的なユーザー心理を実際のライディングシーンへと引き上げるプロセスを強力に感じたが、その一方で、あまりに完成されたフォルムゆえ、カスタムの方向性を見つけにくいという考え方も出現して、実際の販売に繋がらなかったという側面もあった。

そんな個性的なモデルであるロッカーCは、現在の新車ラインナップには存在しない。すなわち、このモデルを所有しているだけでも、今後大変な希少価値が生まれてくるとも予想できるのだ。

オーナーの宮崎さんは、ロッカーCをカスタムする上で、その特徴的なシルエットを壊さぬように配慮している。本来クラシカルな外観となりやすいソフテイルフレームに個性的な外装を装着して近未来感を醸し出しているベースモデルの特徴を、さらに昇華させたような大胆なデザインワークで見るものを圧倒するのだ。

スムージングされ、長く伸ばされたフロントフォークは、レイク角の大きいトリプルツリーにセットされ、投げ出されたフロントホイールを主張する。メッキパーツの選択も効果的で、優雅なイメージのロッカーCが出来上がった。

2010年式 FXCWCのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2010年式 FXCWCのフルカスタム画像
ノーマルはハンドル形状がV型のスプリットハンドルバーだが、ストレートライザーを使用したトラディショナルなデザインに変更されている。
2010年式 FXCWCのフルカスタム画像
ヘッドライトはハーレー純正のバレットタイプを使用。非常に精悍な顔つきに仕上げられている。
2010年式 FXCWCのフルカスタム画像
シートは特注で、クロコダイルの本革がアクセントに使われている。非常に上質なシートである。
2010年式 FXCWCのフルカスタム画像
リアホイールとドライブスプロケットは共にPM製。リアブレーキディスクローターとキャリパーもPM製である。
2010年式 FXCWCのフルカスタム画像
エンジンはノーマル。エアクリーナーにはレブフィニ製を使用。あまり見かけないが、イタリアンテイスト溢れるパーツである。
2010年式 FXCWCのフルカスタム画像
フロントホイールもPM製。クロームメッキが鮮やかだ。ローターとキャリパーも同じくPM製が取り付けられている。
SHOP INFO.
住所/愛知県碧南市中山町3-35-2
Tel/0566-46-470
Fax/0566-46-4701
ピックアップ情報