VIRGIN HARLEY | 2003年式 XL1200S フルカスタム

2003年式 XL1200S

  • 掲載日/2012年03月29日【フルカスタム】
  • 執筆・撮影/モリヤン
    本記事は VIRGIN HARLEY vol.13 にて掲載されたものです
2003年式 XL1200Sのフルカスタム画像
2003年式 XL1200Sのフルカスタム画像

異なる2つのテイストを融合させた
スペシャルプライスの XR1200X

常に個性的なカスタムを創り続けている一国サイクルワークス。その一番の特徴は、走りを重要視していることだろう。車種に関わらず、走行性能をスポイルするようなカスタムは製作しない。それがショップ代表である梅島氏のポリシーだ。今回のカスタムは、ベースが 2010年式 年型の XR1200X。ノーマルでも充分に個性的な走り重視のモデルだが、外装の変更で、よりカフェレーサーライクなシルエットに変貌を遂げている。

「フランス製の外装キットで、昔の XLCR レプリカにしたんですよ。そのまま取り付けるだけじゃおもしろくないので、ペイントカスタムしました」

なるほど、外装以外はすべてノーマルのままである。一国サイクルワークスでは、この状態でコンプリート販売するというのだ。購入するユーザーは、さらにカスタムを進めることも可能というのである。当時のカフェレーサーをモチーフとした、新しいカスタム。XR はそのベースとして、申し分のないモデルだ。

ペイントはベースのブラックをアザーサイド。タンクマークのみを SHAKIN’ SPEED GRAPHIX に依頼した。小振りなアッパーカウルは、ステーなどが付属しないために、梅島さんが製作。ペイントや、すべての製作コストを含む車両価格は、198万円 (2012年3月現在) となる。すべての外装パーツは総額38万円。ペイントコストは約20万円であることから、この価格はスペシャルプライスであろう。

現代の XR を用いた走りと、あの XLCR のスタイル。どちらの車種も狙っているイメージが似ていることから、まったく違和感のない独特なシルエットとなって完成している。

カスタムの詳細をチェック!

2003年式 XL1200Sのフルカスタム画像
2003年式 XL1200Sのフルカスタム画像
2003年式 XL1200Sのフルカスタム画像
2003年式 XL1200Sのフルカスタム画像
2003年式 XL1200Sのフルカスタム画像
外装パーツは、アッパーカウルとガソリンタンクカバー、そしてテールカウル&シートの3点で、すべてフランスの Jewel Racer 製だ。FRP のブラックゲルコート仕上げで、ペイントはされていない。アッパーカウルは汎用性を高めるためにステーはいっさい付属せず、取り付け車両に合わせて製作する必要があるのだ。ガソリンタンクカバーやテールカウルは、当時の XLCR をほうふつさせるこだわりのシルエットで、特徴のある角ばったタンクやシャープなラインのテールエンドなど、見事なシルエットを見せている。タンクマークは本来、バー&シールドのエンブレムだが、シェイキンの清水氏は、24金のゴールドリーフでロゴを仕上げた。光の差し込む角度によって、微妙に輝きを変化させるすばらしいフィニッシュは、このカスタムの大きな特徴でもある。
SHOP INFO.
住所/神奈川県横浜市鶴見区生麦5-12-14
Tel/045-342-5438
Fax/045-508-6870
営業/9:30~19:00
定休日/水曜・第3火曜 (イベント、レース、ツーリング開催時も別途休業)

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報