VIRGIN HARLEY | 2004年式 XL1200R フルカスタム

2004年式 XL1200R

  • 掲載日/2012年07月26日【フルカスタム】
  • 執筆/高城 一磨  撮影/磯部 孝夫
    本記事は VIRGIN HARLEY vol.14 にて掲載されたものです
2004年式 XL1200Rのフルカスタム画像
2004年式 XL1200Rのフルカスタム画像

オーナーの個性と車両のオリジナリティ
バランス良く同居させた XL1200R

ローダウンをし不要なものを極力取り去るチョッパースタイルは、ハーレーカスタムの王道パターンだが、いっぽうでバンク角確保のために車高を維持し、パフォーマンスアップを目的に機能パーツを組み込むレーシングスタイルは、ハーレーの中でもスポーツスターだけの特権と言える。それは、ダートトラックやロードコースで活躍した XR という兄弟車がいるからで、酷似したスタイルを作ることができるのはスポーツスターが同じ4カムエンジンを持つからである。

オートグラフィックフジシマが製作したこのカスタムは、ハイマウントのダブルサイレンサーにダートトラックシート、テイストのタンクという、XR 仕様を作る上で欠かせない定番パーツを盛り込んだ王道の1台。以前国内で開催していたスポーツスターカップでも活躍したショップだけに、作り込みには安心感がある。ベース車両は XL1200S で、当時はスポーツスターで唯一フルアジャスタブルサスペンションを純正装備していた。そこからホイールをラジアルタイヤ対応サイズに変え、併せて足周りも国産モデル用を流用しまとめ直している。

ホイールサイズを前後 17 インチにすることでタイヤの選択幅が広がった車体は、最新ラジアルタイヤの恩恵である高いグリップ力を得て、走りの安心感を増した。またスタンダードのリア 16 インチに比較し、同じ車高を保つ上でスイングアームの垂れ角が少なくて済むため、低速コーナーでも安心してスロットルを開けていける。使用パーツはヤマハ XJR400 用がほとんど。パーツコストを抑えつつ性能アップを図った、ハイパフォーマンススポーツスターである。

カスタムの詳細をチェック!

2004年式 XL1200Rのフルカスタム画像
ハンドルバーは Nice! MC 製のワイドタイプ。リラックスしたポジションに。
2004年式 XL1200Rのフルカスタム画像
フューエルタンクはモーターステージ製をベースにオリジナルペイントでまとめる。
2004年式 XL1200Rのフルカスタム画像
ガッツクロームのミニメーターをトップブリッジ左側にステーを介し装着。
2004年式 XL1200Rのフルカスタム画像
シートはモーターステージ製のダブルシート。薄手で横から見てもスタイリッシュだ。タックロールでクラシカルさをプラス。リアショックをオーリンズ製に交換。
2004年式 XL1200Rのフルカスタム画像
リアフェンダーは、スタンダードを加工してショート化。テールランプを変更するだけでもリアビューの雰囲気はかなり変わる。
SHOP INFO.
住所/香川県高松市西山崎町728-2
Tel/087-886-7757
定休日/月曜、第1日曜

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報