VIRGIN HARLEY | 2006年式 XL1200R フルカスタム

2006年式 XL1200R

  • 掲載日/2013年10月22日【フルカスタム】
  • 執筆&撮影/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像
2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像

トランプの代表的なカスタムスポーツ
好バランスのストリートドラッガー

「このぐらいのカスタム スポーツスターが乗っていてすごく気持ちいい。ドラッグレーサー風カスタムはラバーマウントのスポーツスターによく似合うね」

テスト走行を終えたばかりのトランプサイクル代表 長岡 守は、このスポーツスターから降りるなりそう口にした。最終キャブレターモデルであるラバーマウントのスポーツスター XL1200R。「ワンオーナーで中古市場に出ていたら、真っ先に押さえる」と、ビルダーがカスタムベースの好車両とするものだ。申し分ないパワーが出せるキャブ車で高さのあるところが条件とされており、新オーナーの要望にあわせて高くも低くもできる同ショップのカスタムスタイルの幅広さがあるからこそのチョイスと言える。

今回のオーダーは、“街を気持ち良く走り抜けられるストリートドラッガーに”というもの。足まわりのセッティングを煮詰めつつローダウン化し、盛り上がった印象が残るスタイリングを抑えるべく、フューエルタンクをロアマウント。チョップドフェンダーと流麗なセミコブラシートでラインを整え、さらに4インチ ストレートライザーとドラッグバーという組み合わせで全体のフォルムをまとめた。

カラーリングについても、ベース車両が核となる。真っ黒なエンジンにあわせてフロントフォークのアウターチューブや前後ホイール、ストラットカバーをブラックアウトさせ、フューエルタンクや前後フェンダーはソリッドなグレー一色でフィニッシュ。“ダークなストリートドラッガー”という、都会の夜を疾走する姿をつい夢想してしまう一台がここに完成した。

豊富なレース参戦経験を持っており、バイク本来の性能を引き出してやることに関しては日本有数のショップと言っていいトランプサイクル。ビルダー長岡が手がけるスポーツスターには、どんなスタイルであれ、必ず“走る楽しみ”が込められている。

2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像

2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像

2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像
同ショップオリジナルの ビッグヘッドライト を装着し、バイクの表情そのものを一変。このドラッグレーサー型カスタムとの相性は申し分なし。
2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像
攻撃的な印象を強める 4インチストレートライザードラッグバー もトランプオリジナル。上体を屈めて脇を締めたライディングフォームを生み出す。
2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像
「コックピットの印象を変える」と、トランプのカスタムに必ず組み込まれる ステムトップボルト。純正パーツにはないヴィンテージ感が雰囲気だ。
2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像
トランプの十八番とも言えるロアマウント加工したタンク。エアプレーンキャップと70年代デザインのフォントで描いた“Harley Davidson”でフィニッシュ。
2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像
サイドマウントブラケット でメーターをエンジン左側に移設。この取り付け位置も「70年代のスタイルに則って」細かく取り決めたこだわりぶり。
2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像
通常の コブラシート より若干短い「セミコブラ」(ビルダー談)。ゲルが仕込まれた特別仕様で、硬すぎず柔らかすぎず、バランスよく体を支えてくれる。
2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像
ライトフェンダースパルトテール というトランプお得意のメニューでリアエンドを演出。さらにヴィンテージ感を増す オリジナルウインカー も。
2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像
フロントタイヤとのクリアランスが絶妙な ライトフロントフェンダー。タイヤのラインに沿った流麗なラインもこのアイテムの魅力である。
2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像
エイボンタイヤを履かせた前後ホイールは ミスミエンジニアリング 製10スポーク。ブラックアウトさせ、足元を引き締める。さらに足まわりも軽快に。
2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像
もはやトランプの代名詞と言ってもいい デュアル フルチタンマフラー。軽量という要素も大きな魅力だが、やはりサウンドとビジュアルが秀逸。
2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像
オーリンズ S36E をベースにオリジナル製品として手がけた BLS-296 リアショック。オーリンズのイメージを覆すダークな逸品である。
2006年式 XL1200Rのフルカスタム画像
こちらも軽量化とビジュアルアップが目的の ライトプーリーベルトガード。今やトランプが手がけるカスタムスポーツの定番メニューでもある。
SHOP INFO.
住所/大阪市都島区中野町2-2-12
Tel/06-6882-1133
Fax/06-6882-2224
営業/12:00~19:00 (日曜12:00~18:00)
定休/月曜、第2日曜 (木曜は店頭業務休業)
ピックアップ情報