VIRGIN HARLEY | 2010年式 XL883R フルカスタム

2010年式 XL883R

  • 掲載日/2014年08月28日【フルカスタム】
  • 執筆&撮影/モリヤン
    本記事は VIRGIN HARLEY vol.22 にて掲載されたものです
2010年式 XL883Rのフルカスタム画像
2010年式 XL883Rのフルカスタム画像

徹底的にスポーツ路線を貫く1台

現行スポーツスターのラインナップにおいて、従来のスポーツ路線を踏襲する唯一のモデルがこの883Rである。元々スポーツスターの源流は、フラットヘッド時代の4カムエンジンが搭載されたレーシングマシン。歴代のフラットトラックレーサーを彩るモデルも、すべてスポーツスターの系列だ。現行モデルの883Rは、そのフラットトラックレーサーのイメージを今に残す唯一のモデルと言っても良い。

フロントには19インチ、リアには16インチという、以前はスポーツスターで不変のホイールサイズだったモデルも、今やこの883Rのみになった。言わば、最後のスポーツ路線。その存在価値は計り知れないほど大きいのだ。

ワールドモトランドが製作したこのカスタムは、徹底的に運動性能を追求し、そのシルエットはとにかくダートトラックレーサーそのものとして、軽快なイメージに仕上げられている。

現行のスポーツスターは、ラバーマウントされたエンジン搭載で、フレームは大柄になった。その恩恵は、すばらしい乗り心地を生み、ツーリングの際も疲れにくいツアラーとしての要素が大きくなってきたのだが、このカスタムは、以前のリジッドマウントエンジン時代を彷彿させるコンパクトな仕上がりを見せている。実際に軽量化もかなりのレベルで実現できていて、押し引きの抵抗感は軽い印象だ。そして、足回りの強化によるハンドリングの向上も、かなり期待できる。ガソリンタンクが小型化されたデザインの影響も大きいのだろうが、ワインディングロードでもかなり軽快なハンドリングを期待できる内容だ。

2010年式 XL883Rのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2010年式 XL883Rのフルカスタム画像
当然ながらハンドルはダートトラックレーサー定番のXRバー。このスタイルには必須のハンドルである。
2010年式 XL883Rのフルカスタム画像
ガソリンタンクはコンパクトな2.25ガロン。ビンテージスポーツスターと同じ塗装が施されている。
2010年式 XL883Rのフルカスタム画像
シートはサンダンス製のソロシート。シンプルなタックロール仕様のシートであるが、質感は申し分なし。
2010年式 XL883Rのフルカスタム画像
ホイールはノーマルだが、ブレーキディスクローターにミスミ製のフローティングタイプを使用。キャリパーはブレンボである。
2010年式 XL883Rのフルカスタム画像
エアクリーナーは、クリアキン。ブラックリンクル塗装のエンジンに合わせて、ブラックに塗装してある。
2010年式 XL883Rのフルカスタム画像
マフラーはアップタイプの2本出しメガホン。タゴス製である。こちらもダートトラックレーサー定番の選択と言える。
SHOP INFO.
住所/群馬県前橋市三河町2-2-19
Tel/027-243-7272
Fax/027-243-7369
ピックアップ情報