VIRGIN HARLEY | 2009年式 XL883L フルカスタム

2009年式 XL883L

  • 掲載日/2015年05月14日【フルカスタム】
  • 執筆&撮影/VIRGIN HARLEY編集部
2009年式 XL883Lのフルカスタム画像
2009年式 XL883Lのフルカスタム画像

すべてボルトオンという
不可能を可能にした一台

スポーツスターの始祖モデルKとともに生み出されたサイドバルブエンジンのレーシングマシン、KRTT。大柄なタンクに分厚いサドルシートを持ちつつも、軽量化を狙った無駄のないディテールの数々は、1950年代レーシングモデルの代表格。

そんな独特のスタイルを現行ラバーマウント スポーツスターに取り入れようと、希少なKRTTを持つ大阪のトランプサイクルがカスタムプロジェクトを立ち上げた。それも、誰もが実現できるボルトオンカスタム用キット開発を前提とする前代未聞の内容で、だ。試行錯誤の末に完成した一台を前に、トランプ代表の長岡 守氏は語る。

「今はちっちゃいタンクにちっちゃいシートが流行りやけど、絶妙に鈍臭いKRTTのスタイルは今のスポーツスターに似合うと前々から思っていました。50’s ハーレーレーサーはみんなあの形やし、そんなKRTTやからこそストリートの匂いを感じるんです」

オリジナルのKRTTと現スポーツスターとを見比べると、大柄なエンジンにフレーム、そして突き出たサイドカバーと、骨格そのものの違いが残酷なまでに浮き彫りとなる。“無駄を削ぎ落とす”というカスタムの概念に則り、XL1200X フォーティーエイトやXL1200V セブンティーツーに見られるコンパクトなスタイルが主流となりつつある今、あえてマッシブなパーツを取り入れたところに、新境地を見出そうとするトランプの野望が垣間見える。それも、100年以上におよぶハーレーダビッドソンの歴史に対するリスペクトの気持ちがあればこそ、だ。

鈍重そうに見えるKRTTスタイルのこの一台だが、オートバイとして不可欠なライディング性能もしっかり追求している。トランプの代名詞たるフルチタンマフラーをはじめ、サンダンス製トラックテックホイール(F19/R18)にライトスプロケットなど、軽量パーツを取り入れてバランスよくシェイプ。「やっぱりバイクはヒラヒラと走れないと」という長岡氏の持論なくして、この完成度たりえなかっただろう。

「そのままディーラーのショールームに展示しても、ノーマルモデルとして見られるような一台にしたかった。まだまだ進化の余地はありますが、トランプからの新しい提案として面白いスポーツスターができたと思っています」

タンクにサドルシート、前後フェンダーなど、すべてオリジナルのボルトオンパーツとして販売していくそう。誰もが手に入れられる新しいスポーツスター カスタムスタイル、新しいストリートシーンの象徴となりえるか、期待に胸が膨らむ。

2009年式 XL883Lのフルカスタム画像

2009年式 XL883Lのフルカスタム画像

2009年式 XL883Lのフルカスタム画像

サイドバルブエンジンを心臓とする1954年式 KRTT。モデルKのイメージを残しつつもシンプルにまとめられたスタイルからは、かつてのハーレーダビッドソンに息づくレーシングスピリットを感じる。

カスタムの詳細をチェック!

2009年式 XL883Lのフルカスタム画像
ミリ仕様のスピードバーに独モトガジェット製スイッチボックス、ミスミエンジニアリング製レバーを組み合わせたハンドルまわり。
2009年式 XL883Lのフルカスタム画像
KRTTのスタイルそのままと言える大柄なフューエルタンクはトランプオリジナル製品。カラーも狙いどおりの深みのあるレッドに。
2009年式 XL883Lのフルカスタム画像
着座位置を前後に移動させられる可変式サドルシート。かなり厚みのある仕様で、表皮も合皮か本革が選べるようにしていくそうだ。
2009年式 XL883Lのフルカスタム画像
新作となるFRP製リアフェンダー。ECMがシート下に設置されている07~09年式に対応するため、フェンダー前部に小物用スペースが。
2009年式 XL883Lのフルカスタム画像
新作となるブレーキディスクは、ビンテージモデルに見られるシンプルなデザインに。同じく新作のフロントフェンダーはスチール製。
2009年式 XL883Lのフルカスタム画像
フォークブーツも新たにラインナップされるオリジナルパーツ。あるとないとでは、クラシカルなイメージがまるで違ってくる逸品だ。
2009年式 XL883Lのフルカスタム画像
フレームにボルトオン可能なウインカーステー。職人による手作業を要するパイプ製なのは、鉄棒と比べて明らかに違う軽さを求めて。
2009年式 XL883Lのフルカスタム画像
エンジン左側にキーボックスを設置する新作のステー。振動による不具合を解消するためのしっかりとした作りになっているスグレもの。
2009年式 XL883Lのフルカスタム画像
フレーム前部にイグニッションコイルを移設する専用ステーも開発。ありそうでなかった場所に目をつけるあたりは、さすがトランプだ。
2009年式 XL883Lのフルカスタム画像
ブラックアウトされた二本出しフルチタンマフラーをオリジナルのEXラップでコーデ。ビンテージ感はもちろん走行性能もアップさせる。
2009年式 XL883Lのフルカスタム画像
そのビレット感が独特の雰囲気を醸し出すオリジナルのライトスプロケット。車検対応のLEDラウンドターンシグナルを専用ステーで設置。
2009年式 XL883Lのフルカスタム画像
70’sを意識したルーカスタイプのサイドマウントライセンスブラケット。リアエンドをシンプルに見せるうえで不可欠なパーツと言える。
SHOP INFO.
住所/大阪市都島区中野町2-2-12
電話/06-6882-1133
Fax/06-6882-2224
営業/12:00~19:00(日曜12:00~18:00)
定休/月曜、第2日曜(木曜は店頭業務休業)

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報