VIRGIN HARLEY | 年式不明 XLH883 フルカスタム

年式不明 XLH883

  • 掲載日/2013年06月24日【フルカスタム】
  • 文/アッキー加藤
車坂下MOTO-CYCLE / XLH883

XLH883(KURUMAZAKASHITA MOTO-CYCLE)

普段の足としての機動性と
懐かしきテイストを織り交ぜる

若い読者の方にはピンとこないだろうが、日本でハーレーがブームとなり始めた1990年代、ビッグツインに比べスポーツスターは「女子供か初心者向け」と陰口を叩かれ不等な評価をされていた。しかし後、そのスポーティさと機動性に魅了される人は瞬く間に増え、今や全ラインナップの中で3割の販売実績を誇るといわれるほどの人気になったのである。

そんなスポーツスターを、もっと楽しく、もっと個性的に、という考えのもと、車坂下が手がけたのがこのマシンだ。ベースマシンは883だが排気量は1200となり、吸気系にはFCR、そして純正オイルクーラーとバーネット製クラッチを装備。足回りではフロントにアジャスタブル機構を持つXL1200S用フォークを用い、ブレーキシステムはアレン・ネスのローターにパフォーマンスマシン製キャリパーとマスターを組み合わせている。またスタイリング的にはフラットトラック・レーサーのイメージが感じられ、タンクは定番のストーツ製、そしてワンオフで製作されたロングシートなどで構成。決してカスタムショーでトロフィーを獲得するためではなく、気軽に毎日乗って飽きないようなマシンといえるだろう。

今や国産バイクから乗り換える人も多いというスポーツスター。その可能性は、今後もますます広がっていくはずだ。

スタイリング的には70年代あたりのダートトラック・レーサー的なイメージがある。決して派手すぎず、しかし確実な自己主張をする美しいペイントはハウス・オブ・カラーのキャンディグリーンを使用。見ると跨がってみたくなる一台だ。

カスタムの詳細をチェック!

高すぎず低すぎず、適度なポジションを形成するハンドルはFORK製。レバーとマスターシリンダーはPM製ビレット。
タンクはダートラ系では定番中の定番であるストーツ製をモディファイして装着。微妙なエアブラシが美しく映える。
1200となった4カム・エンジンにはFCRキャブが組み合わせられる。エアクリーナーはグッドソンでワンポイントに。
タックロールのロングシートはスカンクのワンオフ物。あえてシートカウルにしない辺りに車坂下の個性を感じる。
左サイドにレイアウトされたエキゾーストシステムはFORK/デサート製。サイレンサー部の形状がいかにもレーシー。
リアサスペンションはFOXとのコラボレーションによる12.5インチタイプを装備。もちろんそのポテンシャルは高い。
SHOP INFO.
住所/埼玉県川口市赤井2-2-10-1F
電話/048-284-7746
FAX/048-284-7746
営業/10:00~20:00
定休日/水曜
ピックアップ情報