VIRGIN HARLEY | 年式不明 XL883 フルカスタム

年式不明 XL883

  • 掲載日/2014年06月23日【フルカスタム】
  • 写真/若林 浩志  文/佐賀山 敏行
The Head Company / XL883

XL883(The Head Company)

気軽に乗れてスタイリッシュ
オーソドックスなディガー

さまざまなカスタムショップが建ち並び、日本最大の規模を誇るカスタムシティ・名古屋。その地で長きに渡りオーソドックスなチョッパーにこだわり続けてきたのが、ザ・ヘッドカンパニーだ。今回紹介する一台は、2001年XL883をベースにしたディガー。これもまた同店の他のマシンと同じく奇をてらわず基本に忠実、しかし存在感に溢れたものとなっている。

コンセプトは「気軽に乗れるオシャレなディガー」ということで、ハードテールフレームに10インチオーバーのオリジナルナロースプリンガーをセット。外装とフレームにはキャンディブルーのペイントを施すことで、派手ながらもイヤらしさのない爽やかな印象を与えることに成功している。

ロングフォークチョッパーブームが終焉を迎えた80年代初頭、それに変わる新たなスタイルとしてチョッパーとドラッグレーサーを融合して生まれたディガーは、当時、新しさに満ちたカスタムとして注目を浴びた。

あれから30年以上が経とうとしているが、他にはないルックスは、このマシンを見れば分かるとおり、今でも十分只ならぬ雰囲気を発している。そう、先人が築き上げたスタイルを継承し伝えていくこともまた、チョッパービルドには必要なこと。奇をてらわず基本に忠実……ザ・ヘッドカンパニーが作り出すマシンからは、チョッパーやディガーに対する敬意を十二分に感じ取ることができる。

ホイールサイズを前後21/18インチとすることで、やや腰高なシルエット。ディガーらしからぬ軽快な走りが期待できそうだ。適度な長さのフロントフォークやプリズミックタンクなど、その他は王道を行くパーツ構成となっている。

カスタムの詳細をチェック!

ナロースプリンガーフォークは10インチオーバーの同店オリジナルパーツ。ディガーにもよく似合う逸品だ。
ディガーといえば、ハンドルはティラーバー。このマシンでも適度に手前に引かれたワンオフハンドルをセットする。
ワンオフプリズミックには美しいキャンディブルーのペイントが施される。車体の存在感を高めるポイントだ。
縦ステッチの他、ボディと同じブルーのパイピングを施したシートを搭載。小振りだが肉厚で座り心地も良さそう。
シート下にセットされたオイルタンクは当然ワンオフ。ハードテールフレームに合わせて製作されている。
シンプルながらもエンドをターンアウトとしたマフラーは同店によるワンオフ。ドラッグテイストを醸し出す。
SHOP INFO.
住所/愛知県名古屋市南区北内町5-12-1
電話/052-821-2728
FAX/052-821-2728
営業時間/10:00~19:00
定休日/毎週月・火曜日
ピックアップ情報