VIRGIN HARLEY | 1992年式 FLSTC フルカスタム

1992年式 FLSTC

  • 掲載日/2015年12月02日【フルカスタム】
  • 写真・文/マツモトカズオ
BECKS / 1992 FLSTC

1992 FLSTC(BECKS)

無二の個性を放つデザインと
スピードへの憧憬がリンクしたマシン

下取りした92年式ヘリテイジソフテイルは、素人の前オーナーが自分の手でカスタムしたことが明らかなジャンク・バイクだった。それを受けて、このままでは売り物にならないと、手を入れ始めたBECKSの安部氏。奇しくも時期的にカスタムショー前だったこともあり、この一台はショー出展用にカスタムされることになる。

まずは外装を全て取り払い、GASタンクの製作からスタート。ショベルの分割タンクをベースに製作されたワンオフタンクはナロードされ、美しいストレッチラインに生まれ変わった。この特徴あるタンクをベースに、オイルタンクやリアフェンダーなど他の外装にもアクセントの効いたモディファイが施される。メタルワークに定評のある安部氏がこのマシンのためにワンオフ製作したパーツは他に、ハンドル、マフラー、フェンダーストラットからトルクロッドに至るまで、枚挙にいとまがない。そのあたりからも、このマシン製作にあたる本気を垣間見る。

また、自らもドラッグレースに参戦するなど、バイクに「スピード」というファクターは不可欠だと考える安部氏ならではのパーツセレクトも見逃せない。ハンドル周りにはゲイルスピードやモトガジェットが随所に奢られ、XRルックのヘッドカバーを纏ったエンジンはハイカム化、Rタイヤはドラッグレースでの装着率も高いシンコー・ステルスDを履くなど、レーシーなテイストも醸す。デザイン性の高い外装と相まって、実に才色兼備な一台に仕上がっている。

F周りはスポーツスター用を流用。白いタンクに描かれた赤と緑のラインが映える。イメージしたのはズバリ「イタリア」だと語る。子供の頃、HOT-DOCKのマシンに憧れたという安部氏。どこか同社のスピード&ハイパフォーマンスなスタイルからの影響を感じさせる。

カスタムの詳細をチェック!

ゲイルスピードのブレーキ、モトガジェットのメーター&グリップ……。シートを跨いだ途端、その気にさせてくれるコクピット周り。
シンメトリーのようで、実はアシンメトリー。BECKSのデザインセンスを体現した造形に見惚れる。黒パーツとのコントラストも美しい。
EMDのXRルック・ロッカーカバーが個性を強調。キャブはFCR、エアクリーナーはS&Sステルス。オイルタンク&マフラーはワンオフ。
流麗なステッチラインのシート製作はスタッキー・トリムサービス。Rフェンダーにさりげなく施されたアクセントに遊び心を感じる。
直線的なパイプは、Rタイヤと相まって文字通りドラッグレースを夢想させる。RブレーキにはPMのVintage4ピストンキャリパー。
同じ広島のDUO CYCLESがシンコーに別注した16インチステルスDを履く。安部氏曰く「地産地消」。最近レースでのシェアが高い一本。
SHOP INFO.
BECKS motorcycles
住所/〒733-0843 広島県広島市西区井口鈴が台2丁目6-10
Tel&Fax/082-277-3899
営業時間/10:00-19:00
定休日/火曜日、第三日曜日

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報