VIRGIN HARLEY |  2008年式 XL883フルカスタム

2008年式 XL883

  • 掲載日/ 2012年02月13日【フルカスタム】
  • 写真・文/HIRO(有森弘忠)
2008 XL883

2008 XL883(KID CUSTOM FACTORY)

スマートかつ流れるかのフェアライン

クオリティに定評あるメタルワークを得意とするKID CUSTOM FACTORYにより製作されたスポーツスター。代表の城戸氏は、金属加工をしていると食事することも忘れて熱中するほどのメタルホリックである。

今回の車両、一見するとサッパリした印象の一台に映るが、それは彼ならではの工夫と技術で錯覚させているに過ぎない。汎用として売られている物でも全てに手を施しバランスが整えられている。

配線は必要最低限の物以外は全て外部から見えないように処理し、それを証明かつ魅せるようにタンクはフレームにハイマウント。さり気ない配線の仕上げで、秀逸なチョッパーシルエットを形成している。

「自己満足でもイイんです。オーナーの想像したものを、自分で噛み砕いて形にする。それで自分もオーナーも満足出来れば最高じゃないですか!!」と、笑顔で語る代表の城戸氏。作り手が根底に持つ“楽しみ”を大事にしている彼だからこそきっと、美しい造形のカスタムバイクをコンスタントに産み出せるのだろう。

車体右側もだが逆の左側も完璧なまでの配線処理が施されているのを確認できる。サイドマウントのナンバーもサスペンションに沿わすような角度で配置しているため、車体のシルエットを損なうことなく美しく仕上げられている。

カスタムの詳細をチェック!

車体のイメージに合わせて選択したKEN’S FACTORY製ヘッドライト。シンプルで有りながらも確かに主張するアイテムである。
ワンオフのハンドルはライザー一体とし、トップブリッジからそのままエクステンド。配線類は中通しされ、スッキリまとめられる。
フォーク製のエアクリーナーは小ぶりで車体のイメージを崩さず使用可能。エンジンとの統一感を高められる点もポイントだ。
汎用タンクの幅を詰めて加工、スリムに仕上げられる。ポップアップ式のガスキャップによりタンク周りの完成度が増幅される。
シンプルなポーカーパイプだが心地よい重低音を奏でるように加工されている。トルクアップの効果も高い仕様となっている。
純正フェンダーをカットし、エッジを丁寧に処理している。メタルホリックの城戸氏ならではのフィニッシュが伺える箇所だ。
SHOP INFO.
住所/福岡県福岡市南区警弥郷1丁目38-1
電話/092-210-9819
ファックス/同上
営業/11:00~20:00
定休日/不定休

関連する記事

ピックアップ情報