VIRGIN HARLEY |  2008年式 XL883フルカスタム

2008年式 XL883

  • 掲載日/ 2012年05月07日【フルカスタム】
  • 写真・文/HIRO(有森弘忠)
2008 XL883

2008 XL883(KID CUSTOM FACTORY)

ライトに仕上げた
コンパクトチョッパー

ハーレーファミリーの中で最もコンパクト。最近のチョッパーシーンにおいてもカスタムベースに使われることが多いモデルがスポーツスターだ。小ぶりなポイントを活かしてシンプルかつスッキリとカスタムすることで、ライトカスタムでありながらも大きく様変わりしたかのようなシルエットへと変貌。それが今回紹介するキッドカスタムファクトリーが手がけたスポーツスターである。

フレームには一切手を付けず、外装の構成部品でカスタムを確立させている。ちなみに、必要ないものを取り外していけばおのずとスッキリとはするが、総じてバランスが崩れてしまうもの。しかしそこを崩さず、シンプルなパーツチョイスと、配置バランスで全体をうまくまとめている。そして、黒一色にまとめた車体に真鍮のキャップがアクセントとなり、車体に立体感を出している。

国産の中型クラスから、ハーレーはバガーまでを製作するキッドならではの経験と技術が全面に出たライトカスタム。それでは、小気味よく様変わりしたスポーツスターをとくとご覧いただきたい。

お手本的なチョッパーバランスである。ハイマウントのエッグタンクが頂点となる絶妙なチョッパー黄金比で、サイドビューは理想的な三角形を形成。サイドナンバーもサスペンションの角度に沿って配置することでスッキリと見せている。

カスタムの詳細をチェック!

スッキリとコンパクトにまとめられたハンドル周り。全てのパーツが小ぶりなもので構成されている。ミラーの配置もポイント。
ティアドロップ型のエアクリーナーはエンジン周りのアクセントとしてメッキタイプを選択。さりげに主張するポイントだ。
幅を詰めたワンオフエッグタンクにはキッドオリジナルの真鍮製キャップが輝く。マットブラックと黒の車体にひと際映える。
オーナーの希望でブラウンのシンプルで小ぶりなサドルシートを選択。車体の雰囲気に合う色と形を苦労して探したそうだ。
純正のオイルタンクだが、キャップ一つで印象が大きく変わる。キャップはタンクと同じくキッドオリジナルの真鍮製のワンオフ。
純正サイレンサーを途中で切断し詰めたマフラー。サイレンサーが短いことで図太いながらも純正らしいナチュラルサウンドに。
SHOP INFO.
住所/福岡県福岡市南区警弥郷1丁目38-1
電話/092-210-9819
ファックス/同上
営業/11:00~20:00
定休日/不定休

関連する記事

ピックアップ情報