VIRGIN HARLEY | 2011年式 FLHRC フルカスタム

2011年式 FLHRC

  • 掲載日/2012年06月13日【フルカスタム】
  • 執筆&撮影/高城 一磨
    本記事は VIRGIN HARLEY vol.14 にて掲載されたものです
2011年式 FLHRCのフルカスタム画像
2011年式 FLHRCのフルカスタム画像

売るだけでなく世界観も共有できる
名物社長のとっておきロードキング

バイクを売ることはもちろん、お客に対し購入後の遊びの提案までこなす、ハーレーディーラーの従業員。自らが楽しむことで周囲を巻き込み、その積み重ねがやがて店独自のコミュニティを生むことにつながるのだが、自分が率先して楽しんでしまう人の中には、そんな細かな計算より「バイクが好きだから」という、自然な動機で活動している人もいる。

東京の北区にあるハーレーダビッドソンヨーヨーのオーナーである楊さんは、オリジナルモディファイを施した XR1200 でサーキットを楽しみ、お客とのツーリングでも自ら先頭をきって積極的にバイクで遊ぶ名物社長。バイクを売るだけではなく、ハーレー独特の世界観もオーナーがすぐに共有できるよう配慮する気配りの人なのだが、その大前提として、自分が楽しむことも忘れない。

このロードキングクラシックは楊さんの愛車兼ショップデモ車で、純正カスタムパーツを中心にショップオリジナルパーツを要所に使い、ひと味違うまとめ方をしている。特徴的なのは 16 インチのエイプバーで、これは純正パーツのキットを利用。イルミネーションを組み込んだフットボードと相俟って、見て乗って楽しめるポジションに仕上げた。また走り好きなだけあって、リアショックにはオリジナル仕様のナイトロンを装備。スタンダードに対し2センチローダウンしてクールなスタイルを追いつつ、動きの良いリアサスになるよう考えている。

ユニークなのはダイノジェット社のパワービジョンを装着していること。いわゆるサブコンなのだが、マフラーがスタンダードでも ECM 内のマップを入れ替えることで、出力特性に変化を加えた。チューニング好きも楽しめる1台である。

2011年式 FLHRCのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2011年式 FLHRCのフルカスタム画像
ハンドルは 16 インチのエイプバーキットを利用。ハンドル周りのパーツもクローム系。ナセルに映る姿が美しい。
2011年式 FLHRCのフルカスタム画像
洒落っ気あるテイルフィンカスタムミラー。スイッチボックスやリザーバータンクもクロームで統一。ノスタルジックハンドルグリップが渋い。
2011年式 FLHRCのフルカスタム画像
ライザー周りには ETC 関係のセンサーやインジケーターを目立たないようマウント。
2011年式 FLHRCのフルカスタム画像
コンソール上にあるモニターが、ダイノジェット社のパワービジョン。純正 ECM の中身をお気に入りの出力マップと入れ替えることができる。
2011年式 FLHRCのフルカスタム画像
ダービーカバーやシフトリンケージも純正クローム品に。
2011年式 FLHRCのフルカスタム画像
エンジン右はエアクリーナーカバー、タイマーカバーを交換。エンジンガードも装着。
2011年式 FLHRCのフルカスタム画像
ヘッドライトと補助灯にバイザーベゼルを装着。プロテックの HID キットを組み込む。
2011年式 FLHRCのフルカスタム画像
エンジンオイルのフィラーキャップを油温計付きに交換。
2011年式 FLHRCのフルカスタム画像
フットボードをブルーイルミネーション付きに。エンジン周りのクロームパーツに映り込み、夜間走行も楽しめる。
2011年式 FLHRCのフルカスタム画像
フロントローターはフローティングマウント式に変更。
2011年式 FLHRCのフルカスタム画像
ハンドルには純正ナビをマウント。便利な旅が可能。
2011年式 FLHRCのフルカスタム画像
厚みのあるシートには、パッセンジャーだけではなくライダー用のシッシーバーも。
2011年式 FLHRCのフルカスタム画像
バッグ裏にはナイトロン製リアショックが隠れている。ヨーヨーこだわりの一品。
2011年式 FLHRCのフルカスタム画像
テールライトも純正オプションパーツを利用している。
SHOP INFO.
住所/東京都北区浮間4-15-2
Tel/03-5916-3771
Fax/03-5916-3772
営業/10:00~19:30
定休日/火曜、第二水曜

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報