VIRGIN HARLEY | 2007年式 VRSCAW フルカスタム

2007年式 VRSCAW

  • 掲載日/2009年07月10日【フルカスタム】
  • 撮影/磯部 孝夫
    本記事は HOTBIKE japan vol.102 にて掲載されたものです
2007年式 VRSCAWのフルカスタム画像
2007年式 VRSCAWのフルカスタム画像

日本のユーロカスタムを牽引する
ビルダーのスタンスから生まれたV-ROD

ユーロカスタムを牽引する存在にまで成長したドイツのNLC(NO LIMIT CUSTOM)。元々V-MAXのストリートファイター系パーツを手掛けていたメーカーだが、現在はV-RODをメインに展開。ドイツで開催されるユーロ最大のカスタムショーでは世界中のメディアに注目される存在である。

ビレットパーツ製作に欠かせないCNCマシンを3台所有するNLC。これによりPCでプログラミングしたデザインを意のままに具現化。他の追随を許さないオリジナリティあるパーツ開発を可能にしている。

今回バッドランドが仕上げた2007年式VRSCAWは、NLCがドイツでリリースするスタイルをそのまま日本に持ち込んだものだ。インナーにGCB倒立フォークを奢ったオリジナルフロントキット。ネックからリアエンドへと斬新なラインを形成する、エアボックスカバーとリアフェンダーが一体となったモノコックボディ。280ワイドをセットしたホイールなど、ほぼすべてをNLCで統一。

都心に住み、全国を走り回るオーナーに合わせたポジションにも注目したい。劣悪なトラフィックを回避すべく何度も設定し直したハンドル幅は820mm。フットコントロールはソフテイル用PM製フォワードをミッドに変更。都内とロングツーリング、双方でストレスない走りを実現したポジションだと言う。

実際に街中と高速を試乗してみた。なるほど、確かに双方共に粋な乗り味だ。ワイドタイヤ特有のバンクフィールにこそ違和感を覚えるが、リラックスしたポジションからなる水冷DOHの伸びやかなライドフィールは何物にも変え難い。

「ドイツのカスタムをリアルタイムで伝えることにウチの存在価値がある」というクワイケイイチ氏。彼のブレることのないこのスタンスこそが、日本のユーロカスタムを牽引する。

2007年式 VRSCAWのフルカスタム画像

2007年式 VRSCAWのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2007年式 VRSCAWのフルカスタム画像
エアボックスカバー、フェンダー一体型のモノコックボディはフェイクカーボン製。独特の風合いを醸し出している。
2007年式 VRSCAWのフルカスタム画像
ホイール、キャリパー共にNLCを装着し、異彩を放つツーピース構造のローターはBIG B製をNLCがリメイク。
2007年式 VRSCAWのフルカスタム画像
カム、オルタネーター、オイルポンプカバーにNLCパーツを装着し、ブラックモーターのテイストをより増幅させる。
2007年式 VRSCAWのフルカスタム画像
リアエンドにはメッツェラー280ワイドタイヤをセット。流麗なフェンダーの造形にNLCのデザインセンスが伺える。
SHOP INFO.
住所/神奈川県川崎市幸区南加瀬4-18-1
電話番号/044-587-3139
ファックス/044-580-3431
営業時間/9時半~20時
定休日/水曜日

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報