VIRGIN HARLEY | FLSTSE3 CVO ソフテイル コンバーチブル 試乗インプレ

FLSTSE3 CVOの画像
HARLEY-DAVIDSON FLSTSE3 CVO(2012)

FLSTSE3 CVO ソフテイル コンバーチブル

最高峰CVOシリーズで
唯一のソフテイル系モデル

CVO シリーズは数あるハーレーの中でも最高峰の地位を占めるモデルラインである。CVO とは “Custom Vehicle Operation” の頭文字をとった略語で、メーカー純正オプションパーツをはじめとする豪華装備を全身にまとったファクトリーカスタムモデル。ハーレーの最終組立工場の特設ラインにて、選ばれた熟練工によって生産される至高のモデルとされている。基本的に FLH 系や FLT 系など大型カウルを装備したツーリングファミリーがベースになっているタイプが多いが、その中にあって FLSTSE3 ソフテイルコンバーチブルは唯一リジッド風フレームを有するソフテイルファミリーのモデルをベースとしているのが特徴である。

XG750 FLSTSE3 CVOの特徴

FLSTSE3 CVOの画像

脱着式で自由なスタイリングを
演出できる超豪華ツアラー

CVO はハーレーブランドの究極のファクトリーカスタムモデルを作る目的で、1997年にハーレーダビッドソン本社のデザイン部門を統括するウィリー・G・ダビッドソンの構想により立ちあげられたシリーズである。ハーレーの純正カスタムパーツビルダーである「スクリーミングイーグル」によってチューニングされたツインカム 110 エンジンを搭載。全ファミリーで最大排気量となる 1,801cc ( 110 キューピックインチ)の空冷OHV45度Vツインは FI と6速ミッションと組み合わせられ、圧倒的なパフォーマンスを発揮する。

今回紹介する FLSTSE3 は、2011年から日本に導入されたモデル。ソフテイルファミリーの由来であるリジッド風のクラシカルなスタイリングが特徴で、マッチドカラーフレームやクロームメッキを施したスティンガーカスタムホイール、本革製レザーシート&サドルバッグ、2点式オーディオスピーカーなどの豪華装備を備える。コンバーチブルの名のとおりウインドシールドやサドルバッグ、ピリオンシート、バックレストなどがデタッチャブル (脱着式) タイプで、好みによってスタイリングを自由に変えられる点も魅力だ。2011 モデルから zumo660 ナビが標準装備となり、ユーザビリティが向上。電子制御スロットルやオートクルーズコントロール、キーレスイグニッションと連動したセキュリティシステム、ABS システムなど最新の電子テクノロジーによって機能性と安全性も高められている。

XG750 FLSTSE3 CVOの試乗インプレッション

FLSTSE3 CVOの画像

「空飛ぶ絨毯」を思わせる
極上の走りが魅力

ソフテイルコンバーチブルを目の前にして感じるのは圧倒的な存在感。その大きさもさることながら、ハーレーの最高峰シリーズである CVO らしいゴージャスな雰囲気が“本物”のオーラを放っている。マット調ブラウンに彩られた車体色と本革製のシート&サドルバッグの使い古したような味わいのある色調のマッチングが見事であり、よく見るとフレームまで同じ色で統一されていて、なんとエアクリーナーカバーのセンター部分まで本革製というこだわり様だ。

その大きさに比べると足着き性はすこぶる良好で、跨ると両足ベタベタ。調べてみるとシート高はなんと 620mm というローシートぶり! そのお陰で 400kg 近い車重でも不思議と安心感があり、低重心が故に取り回しも思ったより楽だ。ライディングポジションも大柄ではあるが、ハンドルの高さやステップ位置も極端なカスタム設定ではなく、むしろゆったりと旅を続けるのに適した設定になっているのが嬉しい。

FLSTSE3 CVOの画像

エンジンを始動すると「ズドン」と腹に響く振動を伴って 110 キュービックインチの巨大Vツインが目を覚ます。エンジンを空ぶかしすると意外と振動が少なくサウンドもマイルドで、「ドコドコ系」というよりは「ドルル系」といった感じ。そう言えばソフテイル系エンジンはバランサーを内蔵していることを思い出した。電子制御スロットルと FI で調教された現代のビッグツインは、空冷 OHV という伝統的なエンジンレイアウトにも関わらずスムーズでマイルド。低速で日本の市街地を流していてもまったくストレスを感じることはない。

真骨頂はやはりハイウェイ。高速道路を法定速度に近いところでクルーズしているときが一番気持ちいい。6速で約 2,000rpm、マイル表示の速度計に目をやるとだいたい 65MPH (約105km/h) である。これは米国のフリーウェイでの一般的な法定速度と重なる。そのレンジでハイギアを使ってゆったり流しているときに、ライダーが最も快適であるように計算されて作られているかのようだ。ハーレーのエンジンは回し過ぎてもいい味は出ない。2,000 ~ 3,000rpm ぐらいが美味しい回転域であり、常用域なのだ。これが歴史の重みなのか……、よく考えられているなと思う。

FLSTSE3 CVOの画像

そして、乗り心地の素晴らしさ。ソフテイルフレームならではの重厚で柔らかな乗り心地はまさにアメ車的。路面の凹凸をなでて滑るように進んでいく様は、まるで 「空飛ぶ絨毯」 に乗っているよう。アメリカ人の言う 「グライド感 = 滑空する」 そのものだ。これぞまさしくハーレーだけの世界である。

コーナリングも巨体に見合わず軽快で、ハンドリングも極めてニュートラル。シートにどっかり腰かけて、曲がりたい方向へ少し体重を載せるだけで素直に向きを変えてくれる。タイトコーナーでのバンク角の少なさはやや気になるものの、このモデルのキャラクターを考えれば妥当だろう。ブレーキは他のハーレーと同様、リア主体で速度コントロールしていくのが正しい方法で、穏やかなタッチながら効力的には必要十分なレベル。ABS も自然なモーションで扱いやすく、この重量を安全に止めるには欠かせない装備だ。

FLSTSE3 CVOの画像

今回はトライする時間がなかったが、デタッチャブルタイプのウインドシールドやサドルバッグ、ピリオンシート&バックレストを取り外すことで、より軽快なチョッパースタイルも楽しめる点も魅力である。また、ウインドシールドと一体化されたナビやオーディオスピーカーは標準的なタイプだが、旅を便利に、より快適にしてくれるアイテムとしては十分だと思う。スマートキーを身につけているだけでエンジン始動や停止ができたり、バイクから数メートル離れると自動的にセキュリティ&アラームが作動するキーレスイグニッションも慣れてしまえば便利で安心なシステムだ。

オーナーになれる人は限られるだろうが、その世界観は格別。ハーレーのトップグレードにふさわしいパワフルな走りと上質感、そしてゴージャスな時間を楽しませてくれるモーターサイクルだ。

XG750 FLSTSE3 CVO の詳細写真

FLSTSE3 CVOの画像
シンプルな丸型ヘッドライトを取り囲むように脱着式ウインドシールドを装備。カウルの左右には新型のロワードウインドディフレクターが装備された。
FLSTSE3 CVOの画像
燃料タンク上にマウントされた計器類。マイル表示のデジタル速度計をセンターにレイアウトした回転計は周囲を針が移動するユニークなタイプ。その下の丸型のメダルはキーレスイグニッションのインジケータ。光り輝くクロームメッキがなんともゴージャスだ。
FLSTSE3 CVOの画像
オールドレザーのテイストを醸し出す本革製シート。形状はまさにサドル (馬の鞍) である。本縫いのステッチやシートに埋め込まれたメッキプレートが本物感を演出。
FLSTSE3 CVOの画像
標準装備のサドルバッグも本革製。容量的には中型のディパックが丸ごとすっぽり収納できるレベルだ。キーロックとサイドリフレクターが装備されている。
FLSTSE3 CVOの画像
スクリーミングイーグル製パーツでチューニングされたツインカム110エンジンを搭載。メッキ仕上げの空冷V型2気筒OHV 1,801cc の巨大なプロックが存在感を主張する。
FLSTSE3 CVOの画像
メッキが美しいクロームスティンガーカスタムホイールに、ABS で支援されたフロントシングルディスクブレーキを装備。それにしても凝ったデザインである。
FLSTSE3 CVOの画像
スロットルグリップの意匠も凝りまくり。スイッチボックスやマスターシリンダーまでもメッキ仕上げだ。よく見るとスロットルケーブルがなく電子制御スロットルであることが分かる。ウインカースイッチの下にあるのはオートクルーズコントロールのスイッチ。
FLSTSE3 CVOの画像
ピリオンシートは後方のボルトで、バックレストは後端部のレバー操作でそれぞれ簡単に取り外すことができる。
FLSTSE3 CVOの画像
ガーミン製ロードテック ZUMO660 ナビをウインドシールドにマウント。一般的なタッチパネルタイプで操作性も良い。下に見えるのはシールドマウントのオーディオスピーカー。
FLSTSE3 CVOの画像
ハーレーテイスト満点のサイドエアクリーナー。メッキカバーのセンター部分はなんと本革仕上げとなっている。「ツインカム110」 のロゴプレートが誇らしげだ。
FLSTSE3 CVOの画像
ピリオンシートを取り外したら、こんな演出が……。よく4輪のクラシックカーのトランクなどに見られるオープンタイプのラゲッジスペースとして使えそうだ。
FLSTSE3 CVOの画像
LED タイプでバックランプも兼ねているストップランプ一体型ウインカー。ブレーキをかけるとウインカーセンター部分が赤色に点灯する仕組みだ。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

注目のアイテムはコチラ