VIRGIN HARLEY |  FLHTKSE CVO リミテッド試乗インプレ

2017年式 FLHTKの画像
HARLEY-DAVIDSON CVO FLHTKSE(2017)

FLHTKSE CVO リミテッド

これ以上はない至極の1台を
アメリカでテストライドしてきた

2017年式ツーリングファミリーでは、新型エンジン「ミルウォーキーエイト」を全モデルで搭載するが、いずれも107キュービックインチ=排気量1,745ccがスタンダード。最上級機種「CVO(Custom Vechicle Operations=カスタム・ビークル・オペレーションズ)」にのみ114ci=1,868ccが積まれ、その強力な心臓部はFLHTKSE、そしてFLHXSEだけのものとなっている。

CVO FLHTKSEの画像
CVOにのみ与えられるツインクールド・ミルウォーキーエイト114を搭載。107版はボア×ストロークを100×111.1mmであるのに対し、114は102×114.3mmとする。ボアだけでなくストロークも伸ばしているのだ。

その両雄において、絶対的王者として君臨し続けるのが、このCVOリミテッド。ベースモデルはそのネーミングからも分かるとおり、FLHTK ウルトラリミテッドで、もはや贅の限りを尽くしたフルドレッサー仕立て。これ以上はない至極の1台を、アメリカ・ワシントン州オリンピック半島でじっくり乗り込んできた。

CVO FLHTKSEの特徴

人気の純正パーツ&アクセサリーを
惜しみなく隅々まで投入

上級モデルとなると、いったいどんな装備を持っているのか、ややこしくなってくる。まずは装備内容を見ていこう。前後連動式のABSブレーキや電子制御スロットルによるオートクルーズコントロール、49mmのインナーチューブ径を持つSHOWA製デュアルベンディングバルブフロントフォーク、スリッパークラッチ、セキュリティシステム&スマートサイレンなどはツーリングファミリー全機種で採用済み。

CVO FLHTKSEの画像
バットウイングフェアリングをフロントに持つ堂々たるスタイルは、誰もがハーレーダビッドソンのハイエンドモデルであることに気付くだろう。鮮やかで手の込んだペイント、1ランク上の高級感が漂うミラークロームのパーツ群、すべてが最高峰モデルに相応しい。

ベースとなるウルトラリミテッドには6.5インチタッチパネル式のカラーディスプレイが備わり、さらに6段階調整機構付きのグリップヒーターを持つ。そしてCVOリミテッドになると、ヒーテッドシートやLED内照式ハンドコントロールスイッチ、ハイウエイペグなどが加わり、車体カラーも専用グラフィックとなる。前後ホイールはミラークロームかコントラストクロームで仕上げられ、ブレーキ系統もキャリパーやローターをグレードアップ。ペグやペダル類、カバー類もドレスアップパーツを惜しみなく用いて、隅々までカスタムが施されているのだ。

CVO FLHTKSEの画像
キングツアーパックをセンターに、左右に備えたハードサドルケースなどが重厚なリアビューを演出。ハイマウントブレーキランプ、テールライト、ターンシグナル、いずれもLED式となっていて、伝統的なスタイルのなかに先進性も感じられる。

CVO FLHTKSEの試乗インプレッション

グランドツアラーとしての資質
それこそが最大の魅力だ

そのライドフィールはやはり極上の一言に尽きる。そもそもアメリカという広大な国で生まれ育ったハーレーダビッドソンというモーターサイクルは、ロングライドを得意とし、いつの時代も旅の相棒としてライダーたちに選ばれてきた。ときには大陸横断という最短でも4,000kmという想像を絶する長い距離を走り抜く屈強さと、グランドツアラーとしての資質を持っていなければならない。

CVO FLHTKSEの画像
前回紹介したCVOストリートグライドでは、随所にブラックパーツを散りばめ、ダークカスタムの要素も取り入れていたが、こちらCVOリミテッドではミラークロームパーツが中心で、ゴージャスさが強調されている。ハーレーカスタムの王道とも言える伝統的手法だが、ハイセンスなカラーグラフィックが巧みなマッチングを見せ、精悍で落ち着きがある佇まいとなっている。

それはどういうことかというと、大きな荷物を積み込めるラゲッジスペースやお尻が痛くならない座り心地の良いシート、快適なライディングポジションや効果の大きい風よけなどといった装備面だけでなく、いつまでも走り続けていられる大らかなフィーリング、そして飽きのこない面白味を持っていなければならない。

CVO FLHTKSEの画像
アメリカ大陸横断を始めた頃に生まれたハーレーダビッドソンのツーリングモーターサイクルは、ついにここまで進化した。新型ミルウォーキーエイト エンジンというパワフルな心臓部を持ち、滑らかなエアロカウル、快適なパッセンジャースペース、座り心地の良いシートテクスチャ、人間工学に基づくハンドコントロール、すべてはライディングを楽しむために改良が繰り返されてきた。

その究極にあるのが、このCVOリミテッドと言える。ゴージャスな装いはもちろん見る者の視線を釘付けにし、乗り手の所有欲をいっそうのこと満たしてくれるが、何よりも素晴らしいのが長時間、長距離の移動をそつなくこなすというツアラーに求められる絶対的な性能。それは鼓動感に満ちあふれるVツインエンジンが決定づけ、ノーズダイブなどまずしない安定感のある車体がもたらしている。

CVO FLHTKSEの画像
ゴージャスな装備の数々は決して見せびらかすものではない。ロングライドへと誘う旅のためのものだ。パワフルなエンジンを積み、大容量ラゲッジスペースを持つCVOリミテッドは、真のグランドツアラーであり、King of Kingsの呼び声が相応しい。
12

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。