VIRGIN HARLEY | FLHTKSE CVO リミテッド 試乗インプレ

2017年式 FLHTKの画像
HARLEY-DAVIDSON CVO FLHTKSE(2017)

FLHTKSE CVO リミテッド

これ以上はない至極の1台を
アメリカでテストライドしてきた

2017年式ツーリングファミリーでは、新型エンジン「ミルウォーキーエイト」を全モデルで搭載するが、いずれも107キュービックインチ=排気量1,745ccがスタンダード。最上級機種「CVO(Custom Vechicle Operations=カスタム・ビークル・オペレーションズ)」にのみ114ci=1,868ccが積まれ、その強力な心臓部はFLHTKSE、そしてFLHXSEだけのものとなっている。

CVO FLHTKSEの画像
CVOにのみ与えられるツインクールド・ミルウォーキーエイト114を搭載。107版はボア×ストロークを100×111.1mmであるのに対し、114は102×114.3mmとする。ボアだけでなくストロークも伸ばしているのだ。

その両雄において、絶対的王者として君臨し続けるのが、このCVOリミテッド。ベースモデルはそのネーミングからも分かるとおり、FLHTK ウルトラリミテッドで、もはや贅の限りを尽くしたフルドレッサー仕立て。これ以上はない至極の1台を、アメリカ・ワシントン州オリンピック半島でじっくり乗り込んできた。

CVO FLHTKSEの特徴

人気の純正パーツ&アクセサリーを
惜しみなく隅々まで投入

上級モデルとなると、いったいどんな装備を持っているのか、ややこしくなってくる。まずは装備内容を見ていこう。前後連動式のABSブレーキや電子制御スロットルによるオートクルーズコントロール、49mmのインナーチューブ径を持つSHOWA製デュアルベンディングバルブフロントフォーク、スリッパークラッチ、セキュリティシステム&スマートサイレンなどはツーリングファミリー全機種で採用済み。

CVO FLHTKSEの画像
バットウイングフェアリングをフロントに持つ堂々たるスタイルは、誰もがハーレーダビッドソンのハイエンドモデルであることに気付くだろう。鮮やかで手の込んだペイント、1ランク上の高級感が漂うミラークロームのパーツ群、すべてが最高峰モデルに相応しい。

ベースとなるウルトラリミテッドには6.5インチタッチパネル式のカラーディスプレイが備わり、さらに6段階調整機構付きのグリップヒーターを持つ。そしてCVOリミテッドになると、ヒーテッドシートやLED内照式ハンドコントロールスイッチ、ハイウエイペグなどが加わり、車体カラーも専用グラフィックとなる。前後ホイールはミラークロームかコントラストクロームで仕上げられ、ブレーキ系統もキャリパーやローターをグレードアップ。ペグやペダル類、カバー類もドレスアップパーツを惜しみなく用いて、隅々までカスタムが施されているのだ。

CVO FLHTKSEの画像
キングツアーパックをセンターに、左右に備えたハードサドルケースなどが重厚なリアビューを演出。ハイマウントブレーキランプ、テールライト、ターンシグナル、いずれもLED式となっていて、伝統的なスタイルのなかに先進性も感じられる。

CVO FLHTKSEの試乗インプレッション

グランドツアラーとしての資質
それこそが最大の魅力だ

そのライドフィールはやはり極上の一言に尽きる。そもそもアメリカという広大な国で生まれ育ったハーレーダビッドソンというモーターサイクルは、ロングライドを得意とし、いつの時代も旅の相棒としてライダーたちに選ばれてきた。ときには大陸横断という最短でも4,000kmという想像を絶する長い距離を走り抜く屈強さと、グランドツアラーとしての資質を持っていなければならない。

CVO FLHTKSEの画像
前回紹介したCVOストリートグライドでは、随所にブラックパーツを散りばめ、ダークカスタムの要素も取り入れていたが、こちらCVOリミテッドではミラークロームパーツが中心で、ゴージャスさが強調されている。ハーレーカスタムの王道とも言える伝統的手法だが、ハイセンスなカラーグラフィックが巧みなマッチングを見せ、精悍で落ち着きがある佇まいとなっている。

それはどういうことかというと、大きな荷物を積み込めるラゲッジスペースやお尻が痛くならない座り心地の良いシート、快適なライディングポジションや効果の大きい風よけなどといった装備面だけでなく、いつまでも走り続けていられる大らかなフィーリング、そして飽きのこない面白味を持っていなければならない。

CVO FLHTKSEの画像
アメリカ大陸横断を始めた頃に生まれたハーレーダビッドソンのツーリングモーターサイクルは、ついにここまで進化した。新型ミルウォーキーエイト エンジンというパワフルな心臓部を持ち、滑らかなエアロカウル、快適なパッセンジャースペース、座り心地の良いシートテクスチャ、人間工学に基づくハンドコントロール、すべてはライディングを楽しむために改良が繰り返されてきた。

その究極にあるのが、このCVOリミテッドと言える。ゴージャスな装いはもちろん見る者の視線を釘付けにし、乗り手の所有欲をいっそうのこと満たしてくれるが、何よりも素晴らしいのが長時間、長距離の移動をそつなくこなすというツアラーに求められる絶対的な性能。それは鼓動感に満ちあふれるVツインエンジンが決定づけ、ノーズダイブなどまずしない安定感のある車体がもたらしている。

CVO FLHTKSEの画像
ゴージャスな装備の数々は決して見せびらかすものではない。ロングライドへと誘う旅のためのものだ。パワフルなエンジンを積み、大容量ラゲッジスペースを持つCVOリミテッドは、真のグランドツアラーであり、King of Kingsの呼び声が相応しい。

こんな方にオススメ

よりタフな旅に出たい人に
最高の相棒となるだろう

最上級の1台が欲しい。CVOリミテッドを選ぶ理由として、それもいいと思うが、グランドツアラーとしてのポテンシャルがきわめて高いモデルだけに、磨いて自慢するだけでなく、とことん日本中を、いや世界を走りまわっていただきたい。きっと、ますますCVOリミテッドに、ハーレーダビッドソンに惚れ込むことだろう。

余裕のあるストローク量で乗り心地が良く、ハードに攻め込んでもしっかり奥で踏ん張る前後サスペンション。低中速のトルクをより図太くし、ハイウェイクルージングで余裕のある走りを実現するミルウォーキーエイト107と比べ123cc増しの1,868ccエンジンはハーレーのビッグツインらしい鼓動感あふれるテイスティさを徹底追求したものだ。

そしてグリップとシートのヒーターは、ライダーを柔(やわ)にしてしまうものではなく、極寒のなかでも旅を続けよという、よりハードなライディングへ挑戦するためのもの。この最高峰モデルを買うことは最終目的地ではなく、未踏の領域へと進む旅のスタートなのだ。

CVO FLHTKSEの詳細写真

CVO FLHTKSEの画像
最新のエアロダイナミクスでウインドプロテクション効果を徹底追求したバットウイングフェアリング。ヘッドライトはデュアルハロゲン式で、ウインカーにはLEDを採用している。補助灯を左右に備える3連ライトのフロントマスクは迫力満点だ。
CVO FLHTKSEの画像
フルカバードされるテレスコピック式フォークがFLモデルの特徴のひとつだが、2017年式のツーリングファミリーおよびCVOのFLH系2機種には、SHOWA製デュアルベンディングバルブフロントフォークを新採用。ストローク速度に応じたリニアな減衰力を発生することができる。
CVO FLHTKSEの画像
ハーレーのビッグツインが全面刷新されるのは、じつに18年ぶりのこと。先代のツインカムエンジンが88ci(1,450cc)から96ci(1,584cc)、103ci(1,689cc)と排気量を上げ、「さぁ次なる手は…!?」とファンも待ち焦がれていただけに、待望のニューパワーユニットといえる。
CVO FLHTKSEの画像
CVO2機種(FLHTKSE、FLHXSE)には、スクリーミンイーグル・ツインクールド・ミルウォーキーエイト114が与えられる。排気量を1,745ccから1,868ccにまで上げ、ボアだけでなくストロークもUP。これは純正リプレイスキットでも手に入らないCVOだけのものだ。
CVO FLHTKSEの画像
インナーフェアリングも丁寧にペイントされ、隅々まで高級感を漂わせる。6.5インチのタッチパネル式ディスプレイでは、タイヤ空気圧をモニタリングすることも可能。また、北米仕様ではナビシステムを標準装備するが、日本導入モデルは未対応となっているのが残念だ。
CVO FLHTKSEの画像
車体色は全4色を設定しているが、インナーフェアリングのペイントもそれぞれのカラーに合わせられるという手の込みよう。高級時計のようなメーターは、左から燃料計、速度計、タコメーター、電圧計となっている。なお写真は北米仕様のため、速度計がmph表示で、日本仕様ではkmが使われる。
CVO FLHTKSEの画像
プライマリーチェーンケースがスリムになって、足着き性の良さにも貢献するニューVツイン・ミルウォーキーエイト。4バルブ、ツインスパーク、2→1カム化などトピックスは多く、充電系統やクラッチも一新している。CVOではスリップストリームコレクションのカスタムパーツが、シフトペダルなどに用いられた。
CVO FLHTKSEの画像
ペアライドでのロングライドを前提としたハーレーのFLH系モデル。CVOリミテッドでは温度調整ができるヒーテッドシートを備え、さらに前後独立でコントロールできる操作スイッチも左側面に配備する。リアスピーカーといい、パッセンジャー用オーディオスイッチといい、後部シートもまた快適そのものだ。
CVO FLHTKSEの画像
グリップやスイッチボックスにもクロームパーツが惜しみなく投入され、CVOならではの豪華な仕上がり。インフォテインメントシステムはインナーフェアリングに埋め込まれるタッチパネルでも操作できるが、ハンドスイッチでもコントロールすることが可能。
CVO FLHTKSEの画像
ハンドル左のスイッチボックス最下段右側のノブはオートクルーズコントロールのセットボタン。1度押すとスタンバイとなり、セットするにはもう1度押す。メーター内のインジケーターで確認でき、解除はアクセル全閉(意識的にグリップを戻し、全閉方向に押し込む)がスマートで便利。慣れてしまうと、手放せない機能となる。
CVO FLHTKSEの画像
キャリパー、ホース、ローター、ブレーキシステムもCVO専用の1ランク上の装備が与えられ、制動力、タッチ、コントロール性に優れる。キャリパーに貼られるCustom Vechicle Operationsのエンブレムがじつに誇らしげだ。
CVO FLHTKSEの画像
迫力あるサウンドをライダーのヘルメット越しの耳に届けるスピーカー。オーディオシステムに組み込まれた速度調整システムは自動で音量を上げ下げするだけでなく、低音域と高音域のレベルも状況によってアジャストしてくれる。
CVO FLHTKSEの画像
風格のある燃料タンクは22.7リットルの容量を持ち、ロングライドを可能とする。ペイントはじつに手の込んだもので、CVOリミテッドは全4タイプを設定。ホイールもミラークロームタイプとコントラストクロームの2パターンを用意した。
CVO FLHTKSEの画像
ツアーパックの上にはラゲッジラックを装備。ラックはベースモデルとなるウルトラリミテッドにもあるが、CVO用ではクロームがより上質で形状も異なった専用パーツが与えられる。エンド部分にはHARLEY-DAVIDSONの文字が誇らしげに刻まれた。
試乗ライダー プロフィール
青木 タカオ
雑誌 Virgin Harley 編集長を務める傍ら、多くのバイク専門誌、一般誌、WEBメディアに寄稿するモーターサイクルジャーナリスト。10代の頃からモトクロスレースでライディングの基礎を学び、現在では競技用オフロードモデルから、サーキットでのロードスポーツモデルの試乗インプレッションまで手広く担当する。また、バイクの仕組みを解説する著書もある。

関連する記事

ピックアップ情報