VIRGIN HARLEY |  ハーレー新型ソフテイルのデラックスは重厚なスタイリングと操作性向上の両立が計られている試乗インプレ

2018年式 FLDE デラックスの画像
HARLEY-DAVIDSON FLDE DELUXE (2018)

ハーレー新型ソフテイルのデラックスは重厚なスタイリングと操作性向上の両立が計られている

FLSTN改め、FLDEに!
ソフテイルを意味する「S」が車名から消えた

2005年モデルでデビューして以来、安定した人気でラインナップに欠かせないモデルとなっている「FLSTN ソフテイル デラックス」が、フルモデルチェンジを果たした18年モデルからは、「FLDE デラックス」とネーミングを変更した。その背景はソフテイルファミリー全モデルがフレームとエンジンを刷新し、生まれ変わったことにある。

1984年の「FXST ソフテイルカスタム」の登場以来、フレーム底部にリアショックを2本持つソフテイルフレームを採用するモデルは、1986年の「FLST ヘイリテイジソフテイル」に端を発したFLモデルも、車名の3番目にSOFTAILを意味する「S」を付けてきた(FX系はFXS、FL系はFLSという具合)が、新生ソフテイルファミリーではそれを撤廃。各モデルの表記はハーレーダビッドソン 2018年式モデルカタログで確認してもらいたいが、ヘリテイジクラシックはこれまでツーリングファミリー(FLTフレーム車)にのみ与えられてきた「FLH」を名乗り、ツーリングファミリーとの垣根を感じさせないネーミングとなった。

FLDE デラックスの画像

ソフテイルデラックスの特徴は次ページにて
1234

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。