VIRGIN HARLEY | ニューソフテイルファミリーの新型FXFB ファットボブをいち早くインプレッション 試乗インプレ

2018年式 FXFB ファットボブの画像
HARLEY-DAVIDSON FXFB FATBOB(2018)

ニューソフテイルファミリーの新型FXFB ファットボブをいち早くインプレッション

H-Dカンパニーが設定した試乗コースは
大小様々なコーナーが続くワインディング

ダイナとソフテイルが統合するという衝撃ニュースが流れた8月の終わり。ハーレーダビッドソン・カンパニーはアメリカ・ロサンゼルスにて世界中のジャーナリストを集めたメディア向け国際試乗会を開催した。サンガブリエル山脈の麓にあるパサデナ(Pasadena)という街のホテルで技術説明会がおこなわれ、そこからテストライドがスタート。ロサンゼルスの北に広がるエンジェルス国立森林公園(Angeles National Forest)を東西に走る「エンジェルス・クレスト・ハイウェイ(Angeles Crest Highway )」を抜け、さらに”南カリフォルニアのアルプス”として知られるレイク アローヘッド(Lake Arrowhead)までおよそ300マイル(約480km)の山岳路を2日間かけて走った。

FXFB ファットボブの画像

FXFB ファットボブの特徴

新型ソフテイルファミリーの中でも
走りを意識した最注目モデル

FXFB ファットボブの画像

ニューソフテイルファミリーでは、全モデルでLEDヘッドライト、デュアルベンディングバルブフォークが採用されたが、ファットボブでは専用の角目ライトとブラックナセルで独創的なフロントマスクを演出し、フロントサスペンションは倒立式カートリッジフォークとなっている。

FXFB ファットボブの画像

前後16インチのアルミ製キャストホイールにファットタイヤを履き、フロントブレーキはソフテイルファミリーで唯一のダブルディスク仕様。レイク角を28度と立て、フォークの付き出し量を多めにとっていることからもわかるとおり、ハンドリングはクイックでシャープだ。

FXFB ファットボブの画像

搭載されるエンジンは107ci(1,745cc)をスタンダードとし114ci(1,846cc)も選べる。両エンジンともにフレームダウンチューブの間にはオイルクーラーが設置されている。ツーリングファミリーのミルウォーキーエイトエンジンにはないソフテイル専用の装備で、熱対策を万全なものにしている。

FXFB ファットボブの画像

FXFB ファットボブの画像

小振りな燃料タンクは容量13.6リッターの新型で、4インチのスピードメーターがタンクコンソールに埋め込められた。ソフテイル全機種で、キーレスイグニッションとしているのも見逃せない。

前後フェンダーは新型でもボブカットされ、専用の2-1-2マフラーはテールエンドに向かって跳ね上がるアグレッシブなスタイル。バックボーン後端から三角形状のスイングアームに繋がるモノショック式のリアサスペンションにはプリロードを5段階調整可能なハンドアジャスターが備わり、走りへの意欲が伝わってくる。

FXFB ファットボブの試乗インプレッション

従来のソフテイルではあり得ない身のこなし
もっともスポーティで旋回性能が高い

FXFB ファットボブの画像

結論から言ってしまうが、新しく生まれ変わったソフテイルファミリーのなかで、いちばん気に入ったのがこのファットボブだ。身のこなしが軽く、コーナリング性能が高い。前後サスペンションが低い速度域からよく動き、車体がスポーツバイクのように前後方向にピッチングする動きを見せる。

ライドフィールという点だけで言えば、従来のドッシリと落ち着いたソフテイルとは、もっともかけ離れていると言っていいだろう。これまでのような、低重心で安定性重視の乗り味を求めるライダーには、もしかしたら戸惑いを感じるかもしれない。「従来型とはまるで違う」と乗り手に感じさせるほどのスポーティさを、このモデルには持たせてあるのだ。

FXFB ファットボブの画像

そもそも、ショックアブソーバを水平配置する旧ソフテイルでは、リアサスペンションがどのくらい動いているのかを乗り手が感じ取ることは難しかった。それほどにストロークの動きは緩やかで、かつ硬質なものであった。ハイスピードのまま大きな段差を乗り越えれば、ダンパーが衝撃を吸収しきれずに突き上げを食らうことになったのだが、モノショック化したニューソフテイルには、それがない。

ファットボブにはストロークの長いサスペンションが与えられ、倒立式フロントフォーク、剛性の上がったフレームとのバランスが特に良く感じる。駆動輪にしっかりとトラクションがかかり、安心してアクセルを開けていける。カルフォルニアの大自然がつくりだした難コースも、かなりのハイペースで駆け抜けることができた。

FXFB ファットボブの画像

FXFB ファットボブの詳細写真

FXFB ファットボブの画像
HARLEY-DAVIDSONカンパニーがNEWソフテイルのテストライドコースに設定したのは、大小様々なコーナーが続くワインディングであった。これが意味するところはズバリ、飛躍的に向上したコーナリング性能をジャーナリストらに一番に知ってもらいたいという狙いがあったからだ。
FXFB ファットボブの画像
目を惹くのが、角は丸いがほぼ角目と言っていいLEDヘッドライト。黒いナセルにセットされ、厳ついフロントマスクを形成。見る者に強いインパクトを与える、特徴のあるフロントマスクとなった。
FXFB ファットボブの画像
前後16インチのアルミ製キャストホイールに、ダンロップD429/Fを履く足まわり。ダブルディスク仕様のブレーキはソフテイルファミリー唯一となり、4ピストンキャリパーとフローティングディスクが組み合わされる。倒立フォークのインナーチューブ径は43mmだ。
FXFB ファットボブの画像
ハンドルはほぼ一文字に見えるが、実際にはライダー寄りにラウンドし、グリップは遠くない。乗り手の上半身は若干の前傾姿勢となり、跨った途端にアグレシッブな走りを予感させる。電子制御スロットルが採用されるが、クラッチは油圧ではなく機械式ケーブル。
FXFB ファットボブの画像
容量13.6リットルの新型燃料タンク。コンソールには4インチメーターがマウントされ、指針式のタコメーターがメイン。小型液晶画面にて、速度やギア段数、燃料残量、オド、トリップなどを表示する。
FXFB ファットボブの画像
写真は114ci(1,868cc)ミルウォーキーエイトエンジン。乾式エレメントを露出したハイフローエアクリーナーがセットされ、マッピングも最適化されているハイパワーモーターは、3,000rpmで最大トルク155Nmを発揮する。
FXFB ファットボブの画像
ラバーマウントフレームのツーリングファミリーでは、カウンターバランサーはシングルにとどまっていたミルウォーキーエイトエンジンだが、リジッドマウントのソフテイルファミリーではバランサーをデュアル化し、振動対策を講じているのも見逃せない。
FXFB ファットボブの画像
剛性を65%も向上した完全新設計のソフテイルフレーム。バックボーンやネック部が強くなっているが、旋回性に支障をきたすということはなかった。前後サスペンションが効率よく稼動し、むしろコーナリング性能を飛躍的に向上している。
FXFB ファットボブの画像
シート下にあるモノショックにはハンドアジャスターが備わり、プリロードを5段階調整できる。ファットボブとヘリテイジクラシックには、ストローク量の多いリアサスペンションが与えられ、走りのポテンシャルが高められた。
FXFB ファットボブの画像
シートはクッション厚が充分にあって座り心地、ホールド性ともに申し分ない。コーナーでお尻をイン側へずらすようなスポーツライディングでも表皮が滑るようなことはなく、グリップの良いシートとなっている。
FXFB ファットボブの画像
リアエンドへ向かって跳ね上がるように角度がつけられた2本出しのマフラー。バンク角を稼ぐとともに、ミルウォーキーエイトエンジンの歯切れ良い排気音を元気良く奏でる。専用のヒートガードも目を惹くポイントとなった。

こんな方にオススメ

既存のソフテイルがイマイチだと思っていた人
ファットボブなら考えが変わるかもしれない!!

「ビッグツインでもスポーティに走りたい」という要望は、これまでダイナファミリーが叶えていたが、メインフレームの剛性を上げてモノサス化し、さらに軽量化を実現したニューソフテイルファミリーがこれからはその役目を担う。

ただしヘリテイジクラシックやデラックス、ソフテイルスリムといったFL系は従来どおりの安定志向の乗り味を残しつつ走りの性能を高めており、スポーツ路線としてこのファットボブが設定されている。

ミルウォーキー(H-D本社)のマーケティング担当に話しを聞くと「これまでのソフテイルは少し偏っていた」という。つまり、新生ソフテイルはキャラクターの棲み分けをより明確にし、従来のトラディショナル路線だけでなく、ニューファットボブのようなスポーツモデルも登場させたというわけだ。

軽快なライドフィールが示すとおり、クルーザー然とした乗り味だけでは物足りないという人に、ファットボブはオススメしたい。冒頭で書いたとおり、従来のソフテイルとはもっとも乗り味が違う。ソフテイルに満足していなかった人、ぜひ試乗して考え直していただきたい。

試乗ライダー プロフィール
青木 タカオ
雑誌 Virgin Harley 編集長を務める傍ら、多くのバイク専門誌、一般誌、WEBメディアに寄稿するモーターサイクルジャーナリスト。10代の頃からモトクロスレースでライディングの基礎を学び、現在では競技用オフロードモデルから、サーキットでのロードスポーツモデルの試乗インプレッションまで手広く担当する。また、バイクの仕組みを解説する著書もある。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報