VIRGIN HARLEY |  ハーレー2019年のニューモデル「FXDR114」最速インプレッション試乗インプレ

ハーレー2019年のニューモデル「FXDR114」最速インプレッション

  • 掲載日/ 2018年09月19日【試乗インプレ】
  • 写真/稲森 聡、HARLEY-DAVIDSON  取材・文/青木タカオ
ハーレー2019年のニューモデル「FXDR114」最速インプレッションの画像
HARLEY-DAVIDSON FXDRS FXDR114(2019)

注目のニューパワークルーザー!
ミルウォーキーエイト114がもたらす、その走りはいかに……!?

2019年モデルとして、ソフテイルファミリーに新たに加わったニューモデル『FXDR114』を、ハーレーダビッドソンジャパンの協力のもと渡米し試乗する機会を得た。車名が示すとおり、搭載するエンジンはミルウォーキーエイト114(排気量1868cc)のみの設定で、強力な心臓部をまず自慢としている。そのパワフルな走りを、本国アメリカの道でいち早く味わってきた。

FXDR114の画像

FXDR114の特徴

ロー&ロングのドラッグレーサースタイルに
見るからにパワフルな巨大インテーク付きVツインを搭載

FXDR114の画像

ドラッグレーサー然としたスタイリングに仕上げられているが、なんといっても車体が長い。1735mmもホイールベースがあるのだ。たとえば現行の『ブレイクアウト』も同じレイク角34度でフロントフォークをセットするが、ホイールベースは1695mmでFXDRより40mmも短い。ロー&ロングのドラッグレーサースタイルといえばV-RODだが、『ナイトロッドスペシャル』と比べても30mmほどFXDR114が長さで上回るのだ。

FXDR114の画像

これは新設計のアルミ製スイングアームの影響で、ついに高剛性の頼りがいのあるものを作ったかと嬉しくなってしまう。リジッドのフレームワークを再現した三角形状のスイングアームはソフテイルの伝統であり、見た目に美しいが、いざ走りの面では華奢がゆえに高荷重には耐えられなかった。それを新型は軽量かつ剛性を上げ、バネ下重量の軽減に貢献。鍛造アルミホイールといい、マスの集中を果たした2in1マフラーといい、飛躍的に運動性能を高めていることは誰の目にも明らかな車体としている。

FXDR114の画像

エンジンに目が釘付けになる人もいるだろう。大きく張り出したエアインテークを目の当たりにすると、デザイナーはスーパーチャージャーやターボバイクで初期スケッチを描いたのではないかと想像してしまう。吸入口にはエレメントが剥き出しのまま装着され、つまりは巨大なエアクリーナーケースであることがわかる。迫力満点なパワーユニットに、興奮せずにはいられないのだ。

FXDR114の試乗インプレッション

すべてを置き去りにしてしまうほどの鋭いダッシュ
猛烈に突き進むも抜群の直進安定性を感じる

FXDR114の画像

ハーレーでは珍しいクリップオン式のセパレートハンドルが採用されていて少し戸惑うが、グリップ位置は高く、上半身は緩やかに前傾気味になる程度。ステップは両足を前方に投げ出すようにして乗るフォワードコントロールで、ヒザが伸びきってしまうほど足の置き場が遠くはないか心配になるが、緩やかにヒザは曲がってペダルは決して遠くない。ただしカラダが“く”の字になり、決してリラックスした姿勢とは言えない。これはブレイクアウトやV-RODなどでもお馴染みのライディングポジションで今さら文句を言おうとは思わないが、ジャストフィットする体格は日本人にはなかなかいないはずだ。

FXDR114の画像

エンジンはやはりパワフルだ。アメリカならではの粗悪なアスファルトは、ミルウォーキーエイト114のビッグトルクを受け止めきれず、停止した状態からアクセルを乱暴にワイドオープンすると240mmのワイドタイヤが一瞬空転してしまうほど。すぐにグリップを取り戻すが、最大トルク160Nmを発揮する3500rpmまで引っ張ってからシフトアップしていくと、5インチディスプレイが示す速度はあっという間に制限速度をはるかに超えていってしまう。加速力は痛快なほど強烈だ。

FXDR114の画像

長いホイールベースを活かして、直進安定性も申し分ない。真っ直ぐに続くアメリカの道をFXDR114で走ると、胸の空く思いである。ミルウォーキーにて開催された115周年セレブレーションイベントではドラッグレースが公式プログラムにあり、フルノーマルのFXDR114が登場し、プロライダーのライディングによって1/4マイルを駆け抜けたが、その猛ダッシュに観客らは驚きを隠せなかった。

FXDR114の詳細写真

FXDR114の画像
ミルウォーキーにて開催された115周年セレブレーションイベントで、大々的に紹介されたFXDR114。アメリカのバイクファンも熱視線を送っていた。
FXDR114の画像
発光部が9つあるLEDヘッドライトは、ブレイクアウト譲りの楕円ボディを持つ。スピードスクリーンと呼ぶビキニカウルをセットし、凄みのあるフロントマスクとしている。
FXDR114の画像
エンジン回転数やギヤ段数、オド/トリップ、航続可能距離、時計などを切り換え表示できる5インチディスプレイのメーター。燃料計はバーグラフ式で、常時確認できる。
FXDR114の画像
フロントブレーキはφ300mmブレーキローターをデュアル装備。4ピストンキャリパーとの組み合わせで、制動力とタッチは申し分ない。ホイールはアルミ鍛造製だ。
FXDR114の画像
右側に大きく張り出すようにしてミルウォーキーエイト114にセットされたエアクリーナーケース。乾式エレメントが吸入口に剥き出しのまま装着されている。
FXDR114の画像
ブラックアウトされ、精悍な印象の伝統の45度空冷Vツイン。ツインスパーク、デュアルノッキングセンサーが採用され、850rpmという低いアイドリング回転数を実現している。
FXDR114の画像
マスの集中を図った2in1マフラーは、トライオーバル形状のサイレンサーを採用。排気口は上下に2つ配置され、図太く乾いた重低音を奏でる。軽量高剛性のアルミ製スイングアームは、結晶塗装(リンクル塗装)で仕上げられた。
FXDR114の画像
新型コンポジットソロシートテールが、FXDR114の斬新なスタイリングを決定づけている。ダートトラックレーサーのようなショートタイプのテールカウルで、座面が絞り込まれたソロシートは足が開くことなく足つき性も良好だ。
FXDR114の画像
スイングアームのエンド部からアームが伸び、ライセンスプレートやテール/ブレーキ灯、ターンシグナルなど保安部品をマウント。テールエンドまわりをスッキリとさせている。
FXDR114の画像
セパレートハンドルはハーレーとしてはかなり珍しい。ただしレーシングバイクのようにグリップは低くなく、アップライトなライディングポジションとしている。
FXDR114の画像
ドラッグストリップにFXDR114が登場。豪快なバーンナウトを決めてから、1/4マイルを圧倒的な加速で駆け抜けていく。ミルウォーキーエイト114のパワフルさとFXDR114の直進安定性の高さを見せつけた。

こんな方にオススメ

意外なほどにコーナーも軽快で拍子抜けしてしまう
バンク角はソフテイルNo.1でロードスターにだって負けない

ドラッグレーサーのような単なる直線番長ではないのも、FXDR114の面白いところ。というのも、コーナーでもアグレシッブな旋回力を発揮してくれるのだ。1,735mmというホイールベースを考えると、コーナリングではハンドリングに手強いクセがあろうかと警戒したが、カーブの入口ではスンナリと車体が寝ていくから拍子抜けしてしまう。視線をカーブの先に向け、少しだけイン寄りに荷重をかけるだけでパタンと車体が倒れ、素直にリーンしていくのだ。

これは軽量かつ高剛性のアルミ鍛造ホイールにラジアルタイヤを履き、モノショックを備える新設計ソフテイルフレームにアルミ製スイングアームがセットされ、バネ下が飛躍的に軽くなったおかげ。マスの集中に貢献する2in1マフラーも、バンク角を稼ぐようエキパイがリフトアップされ、サイレンサーもトライオーバル形状としている。

インナーチューブ径43mmのSHOWA製デュアルベンディングバルブフォークが軽快なハンドリングをもたらし、公式スペックでのリーンアングルは右32.6度/左32.8度と深く、ファットボブ(右31度/左32度)やロードスター(右30.8度/左31.1度)より車体を傾けられる。旋回性への自信はプロモーションビデオやカタログの画像からもうかがい知ることができ、それらはサーキットで撮影され、FXDR114が右へ左へ豪快に曲がっているシーンが強調されているのだ。

つまり、ストレートでの絶対的な加速性能はもちろん、コーナリングもアグレシッブに走りたいという人にオススメ。運動性能を高めたニューソフテイルフレームの利点を追求した1台と言える。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。