VIRGIN HARLEY | 吉永 紫(1991 FLSTF) インタビュー

吉永 紫(1991 FLSTF)

  • 掲載日/2014年05月14日【インタビュー】
  • 文・写真/モリヤン  取材協力/7STYLE'S
    本記事は VIRGIN HARLEY vol.21 にて掲載されたものです

ハーレーインタビューの画像

気持ちの良いことは
必ずカラダ全体で感じていたい
だからチョッパーに乗るの

チョッパー乗りには「痩せ我慢が美学」という考え方がある。できるだけ、快適な装備を取りはらって、極端なほどシンプルなスタイルを求めるからだ。フロントフェンダーなんて無くてあたりまえだし、ガソリンタンクもごく小さい。とても長距離ランが快適な乗り物とは思えないバイクである。しかしこれは単純な発想で画一的な一般論である。

そもそも、本格的に快適な移動だけを追い求めたら、オートバイという乗り物を選ばないだろう。オートバイにどれだけ快適装備を取り付けても、長距離移動なら飛行機のファーストクラスにかなわないし、エアコンが装備されたクルマにもかなわない。はたして、本当にそうだろうか。答えはノーである。

ハーレーインタビューの画像

吉永紫さんが乗るチョッパーは、もうベースモデルが不明なほど手の込んだモディファイが加えられていて、エンジンのルックスを見ても、すぐには年代すら分からない。実はエボリューションエンジンが装着されたファットボーイがベース車両なのだが、もうその面影は微塵も残されていないほど、唯一無二のデザインとなっているのである。

「実は子供の頃からバイクが大好きで、乗りたかったんだけど、父親が乗せてくれなかった。危ないからと大反対だったんです。まぁ女の子なんだから良くある話ね。でもその父親は大のバイクフリークだったんですよ」

乗り物好きの血は、まっすぐに引いていた。少女時代から活発だった彼女を見て、お父さんは「大人になるまで反対」という姿勢を貫いたのかもしれない。自分もバイク乗りならば、危険なことは誰よりも分かる。だから、ただイメージだけで反対する「乗らない親」とは違うのだ。そんな、娘への愛情はきっと紫さんにも伝わっていたはずである。

ハーレーインタビューの画像

実家を出て東京でひとり暮らし。海外旅行が大好きで、お金を貯めては旅行にでかけ、様々な国を訪れた。ダイビングも趣味だから、美しい海を目指してどんどん行きたい場所に出かけていく。だから、語学留学に行った先もマルタ共和国だった。実に行動力のある女性なのだ。

「ダイビングはいいですよ。きれいな海って最高。自由になれる。ちょっとオートバイと似てるのかなぁ」

本格的にバイクを意識しだしたのは、友人とタンデムしたことがきっかけだった。走るほどに自分のカラダを過ぎて行く風。時には優しく、時に鋭い。感覚を研ぎ澄まして自然を感じる心地良さは、やはり彼女の大好きなイメージだったのだ。そして父親が反対していた世界の扉を、とうとう開けることになった。

ハーレーインタビューの画像

「最初はヤマハのSR400に乗って、次はドゥカティに乗るつもりだったんです。でも乗ってみたら怖くてダメだった。そんな時に出会ったのがこのチョッパーだったんですよ」

ビルダーは山本貴智さん。現在はカスタムハーレーショップ「セブンスタイルズ」の代表。ショップをオープンする少し前に製作したこのチョッパーに、紫さんはひと目惚れして購入を決意した。

チョッパー製作は、重いハーレーを極力軽量化することにもなる。山本さんは、女性ライダーにも乗りやすいチョッパーというコンセプトでこの1台を作り上げていた。ロッカーカバーはナックルヘッド時代の造形へと変更され、とてもクラシカルな外観だが、実際のハードはエボリューションエンジン。キックキットが装備されたセルモーター付きエンジンとして、乗りやすさを強調した。

ハーレーインタビューの画像

「チョッパーって、きっと乗りにくいと思っていましたが、山本スペシャルは乗りやすいです。取り回しも軽いから楽だしね。街を流すのが好きだから、ガソリンタンクも大きくなくてもいい。私にぴったりのチョッパーなんですよ」

チョッパー乗りは痩せ我慢が美学なんてのは、彼女には当てはまらない。むしろ正反対である。我慢なんてしたくないからこのチョッパーに乗っているのだ。彼女がバイクに求めている気持ち良さが、このチョッパーにある。そんな素直で簡単な答えがここにある。それは走ってみればすぐに分かることだろう。大好きという答えは、考えて決めるものではなく、カラダが感じるものなのだ。

ハーレーインタビューの画像
ハーレーインタビューの画像
東京都足立区にあるハーレーカスタムショップ「セブンスタイルズ」の看板モデルでもあるこのチョッパー。ショップのホームページで動画も見られる、山本貴智さん自信作である。徹底的にクラシカルなイメージのシルエットだが、ブレーキもエンジンも現代的な装備が施されて、走りもハンドリングもブレーキ性能も現代的な設定だ。軽くコンパクトな車体は女性ライダーにも扱いやすく、乗りやすい。オーナーの紫さんは、このチョッパーでキャンプツーリングすることが夢と語る。

関連する記事