VIRGIN HARLEY | 千秋さん 1995年式 FLSTN レディスハーレー

千秋さん 1995年式 FLSTN

  • 掲載日/2011年07月20日【レディスハーレー】

ハーレーとの出会い

千秋さん 1995年式 FLSTNの画像

初バイクがハーレー!
カッコいい女性になりたくて

ハーレーに乗るようになったのが1年ちょっと前のことで、初バイクがコレなんですよ。車の免許すら持っていなかったんですが、たまたま街を歩いていたときに、女の人が大きくて迫力のあるアメリカンに乗っているのを見て「カッコいい!」と思い、翌日には教習所に申し込みに行っていました(笑)。まずは普通自動二輪免許を取得し、そのまま継続で大型へとステップアップしました。

ハーレーに決めたのは、会社の同僚でハーレーに乗っていた人がいたから。購入したのは Vegas Motor Cycles です。ディーラーほか何件かお店まわりをしたんですが、 Vegas で出会ったノスタルジアの排気音の迫力が一番気に入って、購入を決めました。

千秋さん 1995年式 FLSTNの画像
初のバイクがこの FLSTN ヘリテイジ・ソフテイル・ノスタルジア。乗るときのファッションも気を使っているんですよ~。

私のハーレー

千秋さん 1995年式 FLSTNの画像

1995年式 FLSTN ヘリテイジ・ソフテイル・ノスタルジア

購入したときはほぼノーマルの状態で、エアクリーナーを換えたりとカンタンなカスタムしかしていませんでした。でも、COOL BREAKER や HOTROD Custom Show といったカスタムショーのほか、参加したミーティングでいろんなバイクを見ているうちに「チョッパーにしよう」と思うようになり、購入から5ヶ月で大々的にカスタムすることにしたんです。「カッコいいカスタムしているね」と言われますが、自分としてはまだまだだな、と。方向性? 汚くしたいと言うか……ヤレた感を出したB級カスタム・チョッパーにしたいんですよね。好きな雑誌? HOTBIKE JAPAN です!

千秋さん 1995年式 FLSTNの画像

(写真左)メーカー不明 チョッパーバー

カスタムした際にはエイプバーが装着されていたが、よりチョッパーライクにしたくなってこのチョッパーバーをチョイス。

(写真右)スポーツスタータンクを 溶接・加工して取り付け

チョッパーテイストあふれるコンパクトな12Lタンク。だがツーリングライダーゆえ、「本当はもう少し大きい方がいい」と。
千秋さん 1995年式 FLSTNの画像

EASY RIDERS 製 ドラッグパイプ

こちらもフルカスタム時に装着したもの。今後はワンオフ製作での2本出しマフラーを取り付ける予定なのだそう。

ハーレーとの思い出

もっぱらツーリングライダー
もっといろんなところへ行きたい

基本的にツーリングライダーですね。ワインディングを走りに行ったりもしますが、休みの日には友人らと日帰りツーリングに行ったり、キャンプミーティングに参加したりしています。特に今はオンシーズンですからね、行きたいところは尽きないです。

今のところ、最長では宮崎でのキャンプミーティングに参加した九州ツーリング。今ではキャンプツーリングが楽しくて楽しくて、どうしてもっと早くこの楽しさに気づかなかったんだろう?なんて思っています(笑)。逆に辛かったのが、縁結びを目的に敢行した三重・鈴鹿 日帰りツーリング。友人とふたりで往復770キロを1日で走破したんですが、500キロを超えたあたりから心が折れそうになりました……(苦笑)。それでも旅する楽しさは薄れませんね!今年は北海道ツーリングも経験しちゃいましたしね~、みんなどんどん走りましょう!

千秋さん 1995年式 FLSTNの画像
カスタムから1ヶ月を経て、小田原・真鶴まで日帰りツーリング。チビタンクにした直後で、まさか往復160キロを無給油で走れないとは……。
千秋さん 1995年式 FLSTNの画像
まだ免許を取る前、Vegas で今の愛車に跨っている記念すべき一枚。この後、購入を決意したんです!
千秋さん 1995年式 FLSTNの画像
西伊豆「煌きの丘」での一枚。ちょうどこの頃から、ワインディングが楽しくなってきたんです。
千秋さん 1995年式 FLSTNの画像
山梨県・西湖のレークサイドキャンプ村にて。バイクとテントとランタンの灯……キャンプにハマりました♪

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報