VIRGIN HARLEY | MICHIさん 2013年式 FXDWG レディスハーレー

MICHIさん 2013年式 FXDWG

ハーレーとの出会い

MICHIさん 2013年式 FXDWGの画像

出会いは必然
長年想い続けたハーレー

初めてハーレーと出会ったのは高校生のときでした。先輩が乗っていたバイクがハーレーで、「こんなカッコいいバイクがこの世にあるのか!」って、衝撃を受けたのを今でも覚えてます。もともとアメ車やHIPHOPなどのアメリカンカルチャーが好きだったこともあって、自然とハーレーもその仲間に入っていきました。けど当時は憧れるばっかりで手は届かない存在。残念ながらそのときは諦めるほかありませんでしたね。

その後、少し時間が空いた21歳のときに中型免許を取得したんです。初めて乗ったのはドラッグスターでした。気に入って6年ぐらい乗ってたんですけど、職場でハーレーに乗っている人と出会ったのをキッカケに、「やっぱりハーレーに乗りたい!」 っていう想いが芽生えました。そこから早速大型免許を取りに行って、バイクを買う段取りが始まりました。ショベルのチョッパーを買おうかなぁと迷っていたんですけど、お金と手間のコトを考えて断念してしまいました。

そんな葛藤を乗り越えて、ようやく購入したのがロードキング。最初に乗ったときはすごく感動しましたね~! けどしばらくして「チョッパーっぽい雰囲気で走れるモデルが欲しいナァ……」って思うようになったんです。やっぱり自分のなかでどこか満足してない部分があったんでしょうね(笑)。チョッパーは買えなかったので、雰囲気やスタイルで近いモノがあればなって買い替えを考えました。そんなときに周りの仲間から紹介してもらったのが正規ディーラーのハーレーダビッドソン グッドウッド市川。お店に並べられていたワイドグライドを見て、思わず「コレだっ!」って思いました。見た目はもちろん、走りやすさなど全部が気に入っちゃったんですよね。

高校生のあの日、ハーレーに出会って、悩んで、やっと手に入れたバイク。いろんなことがあったけれど、このワイドグライドに辿り着くことができて良かったと思っています。本当に多くの仲間と出会い、たくさんの思い出ができました。感謝の気持ちでいっぱいですね。これからもがんがん走り続けたいです!

MICHIさん 2013年式 FXDWGの画像
乗るなら一番新しいのがいい! と思って2013年の最新モデル買っちゃいました!
MICHIさん 2013年式 FXDWGの画像
グッドウッド市川さんは家から近いので、よく遊びに来るんです♪

私のハーレー

MICHIさん 2013年式 FXDWGの画像

MICHIさん 2013年式 FXDWGの画像

2013年式 FXDWG ワイドグライド

何と言ってもこのチョッパーっぽい外見にやられてしまいました! 大きいバイクですけど身長も高い方なので、これぐらい大きいモデルでちょうどいいんですよね。フレイムスのタンクも凛々しくて大好きです。アメリカンの雰囲気がプンプンするあたりがたまりませんね。

こだわったのはハンドルです。スタッフの人とよく相談してこのエイプハンドルに決めました。ポジションや角度とかいろいろ考えたので愛着がありますね。ミラーも下にマウントしたりして細かいところまで気を配ってるんですよ。

ワイルドさと可愛らしさを兼ね備えたバイクを目指してます。なのでまだまだカスタム進行中! これからもっともっと理想に近づけたいと思います♪

MICHIさん 2013年式 FXDWGの画像
MICHIさん 2013年式 FXDWGの画像

体格にもジャストフィット H-D純正エイプバー

豪快なライディングポジションをつくり出すエイプバー。ミラーをグリップ下にマウントしているのがこだわりだ。

MICHIさん 2013年式 FXDWGの画像

スクリーミンイーグル製 サイレンサーを装着

ほど良い低音が響くマフラー。左右に装着したデグナーのサドルバッグはブラウンをチョイス。

MICHIさん 2013年式 FXDWGの画像

ツーロングをサポートする お手製のキャリア

友人に装着してもらったキャリア。荷物を載せては各地で開催されるキャンプやミーティングに出かけているのだとか。

ハーレーとの思い出

MICHIさん 2013年式 FXDWGの画像

走って食べて……
大満喫した北の大地

走りに行って一番楽しかったのは北海道! やっぱり“バイカーの聖地”と言われるだけあるなぁと思える場所。今までに2回行っているんですけど、一度めは右半分を、二度めは左半分をグルッと回ってきました。なので大体有名なスポットは制覇してますよ。とにかく景色が本当に綺麗! どこまでも続くようなストレートの道を走っていると、「バイクに乗っていて良かった」って素直にそう感じました。オロロンラインあたりは、もう言葉にならないぐらい気持ちいい道でしたね。大草原と大海原が左右に広がっていて、もう自分が小さくなったのかな? なんて勘違いしそうになるほど。「ほっかいどーでっかいどー」ってよく聞くけど、確かにデカイ!って思いしらされました。

そうしてどこまでも走っていると、たまにバイクとすれ違ったりするんですよね。そしたらみんな手を振ってくれたりして、すごくピースな気持ちにさせてくれました。乗っているバイクのジャンルはバラバラなんだけど、そんな垣根なんて感じないんですよね。バイクに乗っているってことは、同じ趣味を持つ仲間。挨拶するし助け合う。すごく素敵ですよね。きっとあの穏やかな大地は、人も穏やかにしてくれるんだろうなぁ。

道中では雨が降ったりしたけど、楽しい気持ちのほうが勝ってたので全然気にならなかったです。テンションもアクセルも全開になっていたのかも。そうやってとことん走った後に食べるご飯がまためちゃくちゃおいしいんですよね。ついつい食べ過ぎてしまったんですけど(笑)。北海道には絶対また行きたい。自然とそんな風に思える土地でした。

基本的にキャンプやロングツーリングが大好きなので、日本全国どこまでも走ってますよ。とにかくアウトドア派なので、休みの日はじっとしてられない。九州はまだ訪れたことがないので、いま計画の真っ最中なんです。時間とお金と相談して折り合いがついたら出発しようかなぁ(笑)。

MICHIさん 2013年式 FXDWGの画像

ようやくめぐり合えた……と思えるほど愛着のある大切な相棒。次の目標は九州かな?

MICHIさん 2013年式 FXDWGの画像

(写真左)どこまでも続くような一本道がとっても綺麗でした。北海道最高!
(写真右)キャンプのときはこんな感じ。荷物積んで出かける瞬間がたまらないな~。

MICHIさん 2013年式 FXDWGの画像

私の初代ハーレーを務めてくれたロードキング。こうやって見るとやっぱカッコイイ。

関連する記事