VIRGIN HARLEY | 石井啓美さん 1992年式 XLH1200 レディスハーレー

石井啓美さん 1992年式 XLH1200

  • 掲載日/2015年08月26日【レディスハーレー】
  • 写真・文/田中 宏亮

ハーレーとの出会い

1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像

スポーティなXL1200Sからはじまった
10年以上におよぶスポオーナー歴

高校生の頃からバイクには興味があって、社会人になってからライダーになろうと思っていました。まだ免許も取得していない21歳のとき、東京・有明で開催されていたハーレーの展示会イベントでスポーツスターを見て「これに乗りたい!」って思い、そのまま一気に大型二輪免許を取得したんです。

コクボモータースという最寄りのディーラーに行って、当時新車だったXL1200Sに決めました。排気量が1200ccでスポーツスターらしいスタイルだったこと、あとタンクロゴが気に入ったことが決め手でした。スポーツスターって面白いですよね、顔つきはハーレーらしいアメリカンな感じなのに、ボディはネイキッドモデルそのもの。そうしたスポーツスターらしいスタイルが自分好みみたいですね。

XL1200Sには6年乗り、ピーナッツタンクやプルバックハンドルに換えたりとカスタムして楽しんでいましたが、乗り換えることにしたんです。正直なところ、私自身はゆったりと流したいんですが、XL1200Sは挙動がかなりスポーティでぎゅんぎゅん走ろうとするので、戸惑うことも少なくありませんでした(笑)。

クラシカルなスポーツスターのスタイルが好きなので、乗り換えるならもう少し古いモデルにしようと思いました。でもアイアン(ショベルスポーツ)は自分の手に負えなさそうだし、4速スポーツもちょっと不安。それで、5速ミッションの1200ccスポーツを探すことにしたんです。

1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像
オーナーとなって10年、かけがえのない相棒となったXLH1200と石井さん。
1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像
初めてのハーレーがスポーツスターXL1200S。約6年、カスタムやツーリングをともに楽しみながら過ごした。

私のハーレー

1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像

1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像

1992年式 XLH1200

ストックのスタイルを大切に
これからもずっと乗り続ける

群馬のMGスタンピードというショップ(現在は閉店)がネットに出していたXLH1200を見て、「これだ!」と決めました。かなりいい条件で乗り換えられたので、本当に運命の出会いだと思っています。

カスタムは、前のXL1200Sから引き継いだオイルクーラーと、ショップに勧められたオーリンズのリアサスペンションぐらい。基本的にストックのスタイルが気に入っているので、ハンドルもシートも換えていません。でも全然不満はなくて、本当に今のポジションがしっくりきているんです。先月に一度だけ故障がありましたが、それまではまったくの故障知らず。一度エンジンのオーバーホールもやっているので、エンジントラブルは当分ないでしょう。もちろん乗り換える気なんてまったくありません! これからもまだまだ乗り続けたいと思っています。

1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像

1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像
独特の形状をしたノーマルハンドルバー。メーターもそのままと、完全なるフルオリジナルのコックピットだ。
1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像
ボディを華やかに彩るパステルカラーのグラフィック。現行モデルでは出せない90年代特有の風合いがいい。
1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像
アールを描くストラットがXLH1200の証。「知れば知るほどココが気に入っちゃって」とオーナーも頬を緩ませる。
1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像
ひとりでも遠くまで走りに行くというオーナーに不可欠なオイルクーラーも装備。特に古い年式モデルには有り難い。
1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像
「ここには良いものを使った方がいい」とショップに勧められて取り入れたオーリンズのリアサスペンション S36E。
1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像
ツーリングライダー必須のサドルバッグはキャメルカラーが眩しいラフなアイテムをチョイス。ボディカラーに映える。

ハーレーとの思い出

1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像

気になるのは乗るときのファッション
いろんなオーナーを参考にしています

最近になって、一緒に走るバイク仲間がようやくできたんですが、バイクに乗るようになって10年以上も経つのにほとんどひとりで走っていました。何泊もするようなロングツーリングは数えるほどで、一度だけソロで秋田の白神山地までキャンプツーリングに行ったぐらい。最近はその仲間と一緒にキャンプミーティングに行くことが増えてきました。やっぱりキャンプツーリングはいいですね。

スポーツスターに乗っていて、やっぱり気になるのは同じスポーツスターに乗るライダーのファッションですね。ミーティングやスワップミートに行って、みんながどんなバイクに乗ってどんな格好をしているのか見てまわったり、物販ブースのグッズを物色するのが楽しみ。だから、バイクの雑誌とかウェブって全然読まないんです。どちらかと言うと、“バイクが登場しているファッション誌”を見る方が好きかな。

VIRGIN HARLEY.comも……実は今回初めて知りました(笑)。現行モデルも全然知らなくて、フォーティーエイトを知ったのは一年前なんです。それまで、街で見かけても「すごいカスタムしたスポーツスターだなぁ」って思っていたぐらいですよ(笑)。

XLH1200に乗るときは、服装はデニムとブーツありきの普段着がもっぱら。以前はスニーカーを履いていたりしましたが、そこそこの距離を走るようになってスニーカーじゃ心許なくなっちゃいましたね。ヘルメットやグローブはバイク量販店やミーティング会場で購入するんですが、特にヘルメットはなかなか気に入ったものが見つからないですね。ヘルメットって、サイズが合わないとすごく大きく見えちゃうじゃないですか。だからいつもスワップミートでいいものがないか探しているんです。

1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像
(写真左)「XLH1200に乗るうえで似合うものをいつも探しています」と、最近はスワップミートに足を運ぶのが楽しみだという石井さん。
(写真右)特に目的地は決めず、近場を走ったり日帰りツーリングに行くのが休日の過ごし方。最近はバイク仲間とキャンプツーリングに参加する機会が増えたそう。
1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像
ナップスで購入したK&N ジェットヘルメット。ただいま帽体が小さくてジャストフィットなヘルメットを探索中。
1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像
レザークラフトが趣味という友人につくってもらった腕時計。サドルバッグとあいまって、一体感を感じられる。
1992年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像
バイクに乗るときはブーツが必須と語る石井さん。XLH1200に似合うことと、どんな状況でも対応できるところが◎。

関連する記事