VIRGIN HARLEY |  ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)レディスハーレー

ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)

  • 掲載日/ 2018年08月28日【レディスハーレー】
  • 取材協力/JOYRIDE SPEED SHOP 写真・文/田中 宏亮

ハーレーとの出会い

ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)の画像

初バイクがショベルチョッパー!

ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)の画像

初めてバイクに乗ったのは30歳を過ぎてからでした。それまでバイクと無縁というわけではなく、ハーレーに乗っている兄がいて、母も40歳を過ぎてからバイクに目覚めるという、かなりのバイク一家だったんです。ふたりがバイクに乗る姿を見て「カッコいいなー」とは思っていましたが、どうにも私はどんくさいところがあって(笑)。母からは「教習所のお金を一括で支払えるようなら、免許を取りに行っていい」とまで言われていました。要は「危ない乗り物だから、それ相応の覚悟がいるよ」というメッセージだったんですね。

ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)の画像
ともにジョイライドを盛り立てているご主人にして代表の西田裕さんと。

そんな私がバイクに乗ろうと思うようになったのは、今の主人であるジョイライド代表の西田裕との出会いでした。ハーレーに乗る兄の知り合いだった西田や友人らから「バイクって面白いよ」と教えられ、ホットロッドショーなどのバイクのイベントに一緒に行くうちに「自分でも乗りたい!」って気持ちが強くなりました。

1台目はパープルというカラーが印象的なショベルのチョッパーでした。扱いやすい教習所のバイクとは違って、その扱いづらさに驚きましたね(笑)。それでも何とか乗りこなして、今も大事に所有しています。

私のハーレー

ジョイライドらしさが散りばめられた
アイアンのディガー

ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)の画像

1978年式 XLH

ええ、このアイアンは増車です(笑)。「コフィンタンクにしたい」「このタイヤを履かせたい」という要望を伝えて、プロデュースはほぼ西田にお任せしました。完成したのが4年ぐらい前で、制作期間は1〜2年ほどでした。

シェイキンさん(Shakin’ Speed Graphix)のデザイン、特にゴールドリーフが好きで、ボディ全体に描いてもらいました。もうひとつ「これは必ず」と取り入れてもらったのがタイヤ。これ、ビンテージカーに使われるブロックタイヤで、目にした瞬間に一目惚れ。西田をはじめ周囲から「このタイヤはやめとけ」と言われたんですが、「自分が気に入ったから」と押し通したんです。ところが……角ばったタイヤなんで、バンクしないし曲がらないっ! 今一番交換したいのはタイヤです……。

ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)の画像
真っ黒なショベルスポーツを軸に、ボディ全体はブラックを基調にまとめられている。
ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)の画像
Shakin’ Speed Graphixによるゴールドリーフが描かれたコフィンタンク。オーナーがもっともこだわったディテールで、独モトガジェット・クロノクラシックが埋め込まれているのはジョイライドの流儀。
ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)の画像
「遠出をした際に荷物を括り付けられるよう」と、シッシーバーとの組み合わせて制作されたワンオフの三段シート。
ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)の画像
しっかり走れるバイクを手がけるジョイライドらしい2in1メガホンマフラーもワンオフ。そのシルエットにこだわりが滲み出ている。
ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)の画像
18インチスポークホイールもジョイライド西田さんならではのこだわり。ビンテージカー用タイヤは早々に交換予定だそう。

これからのハーレーライフ

最近はサーキットにも興味津々
新境地へとチャレンジしてみたい

ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)の画像

バイクで遠出?ほとんどしないですねー。今までで一番遠かったのは仙台です。西田の生まれ故郷で、ちょうど数年前にドラッグレースがあったことから、走っていっちゃいました。ツーリングもお店(ジョイライド)企画についていく程度で、普段は近場をちょこっと走るぐらい。

ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)の画像
ジョイライドの店内。FXRを中心にレーシーなハーレーが所狭しと並ぶ。

最近はジョイライドが参加する筑波サーキットのライセンス走行会についていくんですが、それでサーキットにも興味を持ちはじめまして、西田が所有するSPADAで一度走ってみようかな、と。でもツナギやヘルメットなど専用装備を買い揃えることを考えると、ちょっと手が出しにくいんですよね。

何より、このアイアンのタイヤを換えることが先決ですね。乗りづらいことこのうえないんで(笑)。

ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)の画像

ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)の画像
立花ヘルメット「SHM OLD SCHOOL SUNBURST」に、これまた愛車と同じShakin’ Speed Graphixによるゴールドリーフが使用される徹底ぶり。
ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)の画像
アパレルブランド「BLUCO」が取り扱う「UNCROWD」のアイウェア。
ショベルスポーツのディガーに乗る女性ライダー、マキさんのインタビュー(1978年式XLH)の画像
「BLUCO」代表の青木厚典さんデザインによるジョイライド オリジナルTシャツ。ECサイトからも購入可能だ。
https://www.joyridespeedshop.com/joy_wear.html

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。