VIRGIN HARLEY | AIKOさん / 1998 スポーツスター XL883R レディスハーレー

AIKOさん / 1998 スポーツスター XL883R

  • 掲載日/2014年02月18日【レディスハーレー】
  • 写真・文/HIRO(有森弘忠)

AIKO / HARLEY DAVIDSON 1998 XL883R

父の背中を見て

幼いころから、オートバイを日常的に転がすお父さんの背中を見て育ったという彼女。そのため、バイクに対しては何の不安や抵抗も無かったと言い、本日めでたくフルカスタムされたスポーツスターが納車された。そう、今回の主人公であるアイコさんがその人だ。ちなみに現在お父さんは、ロードバイクからハーレーのFLHXに乗っているそうで、その影響もあってハーレーに興味を抱き、自分の体格に合ったモデルのスポーツスターを選択した。

「最初からばっちりカスタムされたバイクでお父さんをビックリさせようと思ったのと、隣に並んで走りたかったんです。だから雑誌やネットで勉強して、イメージを伝えて製作してもらいました」

しかし、女性がオーナーだとは容易には想像できない車体である。フリスコスタイルにカスタムされたスポーツスターは、アイコさんのポジションに合わせてアタックバーを装着。そして、ハイマウントしたワンオフタンクに、ショットガンマフラーをブラックアウトするなど、ワイルドな仕上がりを見せている。そんなアイコさんに今の楽しみを聞くと、もちろんお父さんに愛車を披露することだそう。「ノーマルの状態は見てますが、カスタムしていること自体秘密にしているんです。だからまずはツーリングに誘って、私がこのバイクで登場したときの顔を早く見てみたい!! あと父が何と言うかも楽しみですね(笑)」

私の個人的な意見だが、バイク乗りの父親であれば、娘がバイクに乗るというだけでも相当に嬉しいことだと思う。しかも更に、その娘がツーリングに誘ってくれるなんて……まさに感無量であるはずだ。

彼女のバイクライフは始まったばかり。ベテランライダーの父のもと、街乗りにツーリングにと「親子」、そして「バイク乗り」と成長していく姿を思うと、なんとも微笑ましい気持ちになる。

女の子っぽさは一切出したくなかったというカスタムスポーツスター。
女の子っぽさは一切出したくなかったというカスタムスポーツスター。
フリスコカスタムではお馴染みのアタックバーは体格に合わせてワンオフ製作される。
フリスコカスタムではお馴染みのアタックバーは体格に合わせてワンオフ製作される。
様々な形状のエアクリーナーがあるので選択が大変だったそうだが、シンプルで無機質なタイプをチョイス。
様々な形状のエアクリーナーがあるので選択が大変だったそうだが、シンプルで無機質なタイプをチョイス。
同店カスタムで人気のオリジナルタンク。ハイマウントでシルエットを大きく見せる。
同店カスタムで人気のオリジナルタンク。ハイマウントでシルエットを大きく見せる。
図太いサウンドで、インパクトを持たせたくて依頼したのがショットガンマフラー。
図太いサウンドで、インパクトを持たせたくて依頼したのがショットガンマフラー。

関連する記事