VIRGIN HARLEY | プラグとは何? ハーレービギナーズスクール

プラグとは何?

  • 掲載日/2005年03月04日【ハーレービギナーズスクール】
  • 執筆/ウインドジャマー 牧之瀬 保

プラグの画像

プラグはエンジン特性にあわせて
開発されています

マニュアルでは、「12ヶ月(8,000km)毎に点検し、必要ならば取替え、また全車種とも、24ヶ月(16,000km)毎に交換して下さい」となっています。プラグは、エンジン燃焼室内で圧縮された混合気に、電気火花を飛ばして爆発させる、エンジンにとってとても重要なパーツです。一般的に、車両に搭載されているバッテリーは12ボルトの電圧ですが、イグニッションコイルの働きにより、スパーグプラグには20,000ボルト以上の高電圧が加えられ、火花を飛ばしています。そして、プラグはエンジンのバロメーターでもあります。メカニックはエンジンのトラブルの時、プラグを見ることにより、調子の良し悪しについて、かなりのことがわかります。乗り方やエンジンの調子など、1本のプラグはいろいろなことを教えてくれます。正常な爆発にとって、とても大切な部品です。

プラグは世界規格のため、他メーカーのものでもサイズはあいますが、ハーレーダビッドソンでは、プラグもそれぞれのエンジン特性にあったものが開発され、メーカーよりでています。プラグの性能自体は、他メーカーの良いプラグもたくさんありますが、ハーレーダビッドソンのプラグは、そのエンジンに適した意味と理由があります。お使いになるのは、自分の大切なハーレーダビッドソンにベストマッチしたものがいいと思います。もちろん標準プラグ以外にもゴールドプラグやV-プラグなど、ランクの上のプラグもハーレーダビッドソンよりでています。

プラグの状態は
こまめにチェックしましょう

エンジントラブルと思われる時、プラグをはずして簡単なチェックができます。

症状1:プラグが濡れている(ガソリンの場合)

混合気過多。始動時アクセルあおり過ぎ(加速ポンプのため)、過度にアクセル開けすぎ。ミスファイヤー、点火系のトラブル、キック車(キックするたびに開けている)など。

症状2:プラグが濡れている(オイルの場合)

オイル上がり、下がり、オーバーヒート後(エアクリーナーがオイル含む)。

症状3:プラグが真っ黒

チョークの使いすぎ(冬場でも5分位)。キャブ自体の混合気セッティング不良、点火系など。

症状4:プラグが白い

今は完全燃焼させて環境に対応しているので、最近のモデルではこれが正常。

各年式ごとの純正プラグ適合表

年式 プラグ名称 部品番号 価格
1948~1974年 3 32303-47A 570×2本
1948~1974年 3-4 32301-60 570×2本
1948~1974年 4R 31629-78 640×2本
1975~1982年 5R6A 32342-04 750×1本
1983~1984年 5RL 32312-78A 640×2本
1983~1984年 5R6A 32342-04 750×1本
エボビッグツイン 5R6A 32342-04 750×1本
エボスポーツスター 6R12 32362-04 750×1本
ツインカム88 6R12 32362-04 750×1本
V-ROD 10R12A 27671-01K 640×2本

チェックした後、はずしたプラグはきれいなワイヤーブラシでブラッシングして、クリーンな状態で取り付けてください。オイルやガソリンの付着したままだと点火しません。かぶっていたり、真っ黒だったりして、調子が悪ければ取り替えます。それでもしばらく乗って同じなら、メカニックに相談してください。ハーレーダビッドソンのプラグはエボリューション以降のモデルではそれぞれの車種で標準は1種類です。熱価の上とか下の番号はありません。プラグが何度も同じ状態になるのであれば、プラグではなく、何か他の原因があると思えます(48~78年までのハーレーダビッドソンは上、下の番号の物はあります)。

予備のプラグについて

昔は誰かが持っていて、トラブルの時はすごく助かりました。しかし最近では、そういうケースはほとんどなくなりました。そして何年も使われず、車検のときに交換しようと、工具袋から出てきた予備プラグ、新品だった箱はボロボロ。中を開けると錆びていたりします。もったいないですから、こうなるまえに早めに取り替えてください。取り替えた古いプラグで十分予備プラグになります。

ショベルヘッド、パンヘッドの48~74年型はプラグのリーチが短くなっています。自分のハーレーの年式がわからなければ、ヘッドのネジ山を見ればわかります。そのまま長いリーチのプラグを使うと、異常爆発の原因となります。私も74年式のスーパーグライドに乗っていた時は、プラグを探すのに苦労しました。今はこの番号で、ディーラーで買えると思います。プラグを変えても速くはなりません(最高速度)。しかし、調子はすごく良くなります。愛車(中古車)を手に入れたら、まずプラグを見てください。ただし、取り付けの時、ネジ山を壊さないようにしてください。乗れなくなります。

プロフィール
牧之瀬 保
こんにちは。ウィンドジャマーの牧之瀬 保と申します。ショベルヘッドが現役だった頃から現在までハーレーに関わってきた経験の一部をこちらでご紹介させていただきます。皆さんのハーレーライフがこのコラムを通じて少しでも豊かになれば幸いです。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ