VIRGIN HARLEY | COOL-BREAKER 13thに向けて トピックス

COOL-BREAKER 13thに向けて

Hotbike Japan.comコンテンツ

今年は春の開催が見送られたH-Dオンリーのカスタムショー “COOL-BREAKER”。 しかし2011年10月16日(日)、アウトライドカスタムショーとして姿を変えてお台場で開催されることが急遽決定。そこでクールブレイカー実行委員会のホットドック河北氏に独占インタビューを行った。

進化するクールブレイカー

──10月に開催される予定の、第13回クールブレイカーについて伺います。まずはじめに昨年は春の開催だったわけですが、今年は秋に移行された経緯を聞かせ下さい。

春先は少しイベントが多過ぎて、やっぱりクールブレイカーは秋に戻さなきゃダメだなって思うようになったんです。もともとは秋に開催していたクールブレイカーだけど、12月のムーンさん主催のホットロッドショーと重なるのが厳しいと思って春に移行したんだけど、今度は春先のイベントとのバッティングが問題になって……。だったらクールブレイカーはやっぱり秋に開催すべきだ思って。

──では急遽秋に移行したというわけじゃなく、いろいろな理由から10月開催に決まったわけですね。

そう。いろいろ悩んでいるときにあの震災もあったから、秋に移行して正解だったと思う。それで会場のパシフィコ横浜に日程の空きを探ったんだけど、まったく空いてなくて。だったら今年の開催は見送ろうかとも考えたんだけど、震災でボランティア活動とかしている人たちを見て、俺たちにも何かできないかと思って収益の一部を募金することにしてクールブレイカーの開催を決めたんです。だからあの震災がなかったら、今年はクールブレイカーはなかったと思う。

パシフィコ横浜の空きがなかった段階で、バイクを走らせることができる場所を探すようになり、お台場の青海パーキングに決めたんだ。本当は屋根付きのスペースがあって、そしてオープンスペースもあって、あとキャンプができて……と考えていくと、どうしても天神山になっちゃうわけ。でも天神山はA-DAYをはじめ、いろいろなイベントをやってるし、そこへクールブレイカーを持って行くのもどうかと思い、やっぱり東京か横浜での開催にこだわって最終的にお台場に決定した。味の素スタジアムとかも考えたんだけど、ちょうどマラソン大会と重なっちゃって。

アウトライドカスタムショー

──具体的に動き出したのは何月くらいのことですか?

え~と、7月ぐらいだね。

──野外でのライドインショーという企画は、2010年から行っているクールブレイカーナイトから派生したアイデアですよね? 

そうです。でもあのイベントは夜なんで、実際は走っているバイクの姿があんまり見えない。でも会場内のどこかでエンジンに火が入るとみんな注目するわけ。どんな音するのかなぁって。だったらそれを見せるショーっていうのもアリだなと思って企画したわけ。

──クールブレイカーナイトもこの前の7月の開催で、もう6回目ですからね。

えっ、そんなになるんだっけ? あのイベントで500台くらいは集まるからね。WEBで告知しているだけなんだけど凄い数だよ。

──10月のクールブレイカーのライドインショーでは100台のエントリー予定なんですよね。

時間的に考えても100台が限界だね。1台3分でも300分、5時間かかるから、ぶっ通しでやる感じ。

──イベントは朝の10時から夕方4時までの6時間ですよね。

かなりタイトだね。展示スペースからスタンバイのポイントでエンジンを掛けてステージに上がってもらって少しインタビューをして、そのあと会場中央の花道を150mくらい往復してもらって、そのまま展示スペースに戻るという段取り。

動のカスタムショー

──入場料はもう決まっているんですか?

決まってるよ。入場料は1500円で、そのうちの500円を震災復興に寄付する予定。

──あと気になるのは天気ですね。

台風シーズンも終わってるから、10月の天候は比較的落ち着いているはずだけど、まぁ読めないね。

──今期のクールブレイカーのコンセプトは新作のカスタムマシンじゃなくても、ナンバー付きで実際に走っている車両の生の姿を見るということですよね。

そうだね、だからビルダーさんじゃなく、オーナーさんが乗ってくるのが一番いいと思う。あのバイクはどんなオーナーさんが乗っているのかって、みんな気になるはずだから。

──従来のクールブレイカーが静のカスタムショーなら、今年のショーは動のカスタムショーと言えますね。せっかくだから、HBJ.comではWEBマガジンとして動画を撮って配信したいと考えています。

いいね、それ! ぜひぜひお願いします!!

──今期はアワードの設定は?

アワードの用意はありません。純粋にライドインショーを楽しんでもらって、駐車場の来場者のバイクを見て、そして買い物もして遊んで欲しい。あとはホットドック食べて帰る、みたいな……(笑)。ガレージセールも今回はOKなんで、楽しいと思うよ。ただクルマは止められないから近隣の駐車場に入れてもらう予定。

──絶対にバイクで行った方が楽しいですよね。僕も絶対にバイクで行きます。

そう、多少天候が怪しくても絶対にバイクで来た方が楽しめるはず。ちょうど同じ日程で、すぐ隣りの会場でムーンさんの四輪イベントがあるからお互いにポスターを貼ったりしてお客さんの流れを作れればと相談してるんだ。

──それはいい! みっちり1日遊べるわけですね。

日本一のガレージショー

ここ最近のクールブレイカーは、関東ローカルのイベント色が強くなってきているので、その意味でも関東近県や新潟くらいからツーリングがてらお台場に遊びに来て欲しいですね。

──エントリー車両はもちろんですが、駐車場の埋まり具合が大きなカギですよね、今回のクールブレイカーは。

何千台ってバイクが集まったら、きっと壮観な眺めになるはず。会場はそうとう広いから何台集まっても大丈夫! エントリーはハーレーオンリーだけど、もちろん駐車場は、どんなバイクだってOK。自分好みの車両が絶対に見つかると思うから、カスタムの参考にもなるはず。

──ガレージショーというイメージですね。

そう、全部ごちゃまぜにした感じ(笑)。初の試みだから、まずは探りに来てもらって、肌に合うようだったらまた来て欲しい。

──来年もこのカタチで開催する予定ですか?

カスタムマシンの発表の場としてインドアのクールブレイカーもやっぱり必要だと思うから、一年おきでインドアとアウトドアを開催していくことも検討している段階だね。

──まずは10月16日のお台場でのクールブレイカー13thを成功させることですね!

その通り!!

注目のアイテムはコチラ