VIRGIN HARLEY | 2011 NEW ORDER CHOPPER SHOW 6th #02 トピックス

2011 NEW ORDER CHOPPER SHOW 6th #02

Hotbike Japan.comコンテンツ
チョッパーガールの自己紹介のあとは、カスタムマシンを加えての撮影会が、午前中と午後に一回づつ行われ、大盛況!
チョッパーガールの自己紹介のあとは、カスタムマシンを加えての撮影会が、午前中と午後に一回づつ行われ、大盛況!

2011.7.17(SUN)、神戸国際展示場で開催された第6回ニューオーダーチョッパーショー。出展車両159台、来場者数4000人を動員した西日本最大級と言えるチョッパーの祭典である。出展された無二のチョッパーはもちろんのこと、最大の目玉である「BARBARIAN CIRCUS」に、当HEADLINEでも掲載している永原健の写真展 「COST TO COAST」が催された。今期のスペシャルゲストはケンズファクトリー。「CUSTOM BIKE SHOW GERMANY」、及び「MOTOR BIKE EXPO 2011」にて1st placeを獲得した「UNCHANGEABLE」がエントランス中央に展示。そして今期ベストオブチョッパーはフリースタイルのEVOカスタムが獲得した。ではこのチョッパーの祭典を、ここに再現しよう!

永原健の写真展 「COST TO COAST」が金沢のアートギャラリーSLANTの協力により、今期ニューオーダーショーで開催された。
永原健の写真展 「COST TO COAST」が金沢のアートギャラリーSLANTの協力により、今期ニューオーダーショーで開催された。
COST TO COASTでは3台のチョッパーでアメリカ大陸を横断(!)した鮮明な記録が綴られている。7000マイルにも及ぶ、壮大な記録。
COST TO COASTでは3台のチョッパーでアメリカ大陸を横断(!)した鮮明な記録が綴られている。7000マイルにも及ぶ、壮大な記録。
COST TO COASTの写真には、永原健本人によるコメントが貼付けられている。写真とともにコメントを読めば、旅の疑似体験ができる。
COST TO COASTの写真には、永原健本人によるコメントが貼付けられている。写真とともにコメントを読めば、旅の疑似体験ができる。
7000マイルにも及ぶ大陸横断で3人が使用したジャケットなども会場に展示された。このヤレ具合が壮絶な旅を想像させる。
7000マイルにも及ぶ大陸横断で3人が使用したジャケットなども会場に展示された。このヤレ具合が壮絶な旅を想像させる。
ベンダーブースで販売されたヴィンテージヘルメット。こうしてたくさん並んだ光景は、まるで畑に生ったスイカか、鈴なりのトマトのよう。
ベンダーブースで販売されたヴィンテージヘルメット。こうしてたくさん並んだ光景は、まるで畑に生ったスイカか、鈴なりのトマトのよう。
オーディエンスで賑わうベンダーブース。ニューオーダーショー用にスペシャルプライスが設定されているモノもあり、皆さん物色中。
オーディエンスで賑わうベンダーブース。ニューオーダーショー用にスペシャルプライスが設定されているモノもあり、皆さん物色中。
恒例のニューオーダーショーのオフィシャルTシャツ。やはりイベントTは外せないといったところでしょ! お土産にもぜひ。
恒例のニューオーダーショーのオフィシャルTシャツ。やはりイベントTは外せないといったところでしょ! お土産にもぜひ。
決して狭い会場ではないのだが、ご覧のように人で溢れ返った会場内。こうして、ここ神戸から発信されるチョッパームーブメントが全国に波及する。
決して狭い会場ではないのだが、ご覧のように人で溢れ返った会場内。こうして、ここ神戸から発信されるチョッパームーブメントが全国に波及する。
手塩にかけて製作したカスタムマシンの晴れ舞台。スプリットロッカーの剥き出しのオイルラインにツインキャブが怪しく光る!
手塩にかけて製作したカスタムマシンの晴れ舞台。スプリットロッカーの剥き出しのオイルラインにツインキャブが怪しく光る!
関西ニュースクールシーンの雄、トライジャのブースには怒濤のカスタムマシンが数多く展示された。ハイエンドマシンのオンパレード。
関西ニュースクールシーンの雄、トライジャのブースには怒濤のカスタムマシンが数多く展示された。ハイエンドマシンのオンパレード。
トライジャブースのキャンペーンガール。やはりカスタムマシンに華を添える女性の存在感は限りなく大きい。
トライジャブースのキャンペーンガール。やはりカスタムマシンに華を添える女性の存在感は限りなく大きい。
BARBER CYCLEの手によるオープンロッカーヒストリックモデル「HILL-CLIMB」のエンジンに火が入った瞬間!
BARBER CYCLEの手によるオープンロッカーヒストリックモデル「HILL-CLIMB」のエンジンに火が入った瞬間!
会場の左奥のスペースでは、毎年恒例のHBJ仮設スタジオが設置された。ここで、出展車両全159台が撮影された。
会場の左奥のスペースでは、毎年恒例のHBJ仮設スタジオが設置された。ここで、出展車両全159台が撮影された。
ACE MOTORCYCLEのナックルチョッパー。純正フレームのリアエンドを詰めることで、エース独自のバランス感を演出。
ACE MOTORCYCLEのナックルチョッパー。純正フレームのリアエンドを詰めることで、エース独自のバランス感を演出。
同じくACE MOTORCYCLEの手によるアーリーショベル。均整の取れたスタイリングは考え抜かれた非凡なモノ。
同じくACE MOTORCYCLEの手によるアーリーショベル。均整の取れたスタイリングは考え抜かれた非凡なモノ。
滋賀県のオーセンティックが展示したアーリーチョッパー。オフセットライザーにシート形状、ステップマウントにこだわりが隠されている。
滋賀県のオーセンティックが展示したアーリーチョッパー。オフセットライザーにシート形状、ステップマウントにこだわりが隠されている。
こちらもオーセンティックが製作したマシン。ショベルをベースに、ひとめ見ただけでは気付かないような細かいモディファイが施されている。
こちらもオーセンティックが製作したマシン。ショベルをベースに、ひとめ見ただけでは気付かないような細かいモディファイが施されている。
京都のグローリーホールが手掛けたスポーツスター。同店ならではの「走り」を意識したカスタムを中心に製作されている。
京都のグローリーホールが手掛けたスポーツスター。同店ならではの「走り」を意識したカスタムを中心に製作されている。
鹿児島県から駆け付けたSWALLOWTAILのスポーツスター。フロントエンドのアルミ製ナセルの形状にこだわりバランス取りされている。
鹿児島県から駆け付けたSWALLOWTAILのスポーツスター。フロントエンドのアルミ製ナセルの形状にこだわりバランス取りされている。
SWALLOWTAILのスポーツスターのシートカウル。アルミの叩き出しによりハンドメイドされた独自の質感が見所である。
SWALLOWTAILのスポーツスターのシートカウル。アルミの叩き出しによりハンドメイドされた独自の質感が見所である。
ここで再びサービスカット! HBJ仮設スタジオにてカスタムバイクを取り替えてチョッパーガールの午後の撮影会が行われた。
ここで再びサービスカット! HBJ仮設スタジオにてカスタムバイクを取り替えてチョッパーガールの午後の撮影会が行われた。
ここで三度サービスカット!! セクシーポリステイストのコスチュームで会場を沸かしてくれたチョッパーガールが勢揃い。
ここで三度サービスカット!! セクシーポリステイストのコスチュームで会場を沸かしてくれたチョッパーガールが勢揃い。
ショベルスポーツスターに純正採用されたリンカート製DCキャブレター。後のS&S製L型キャブレターの原型となったキャブである。
ショベルスポーツスターに純正採用されたリンカート製DCキャブレター。後のS&S製L型キャブレターの原型となったキャブである。
地元のルードロッドが持ち込んだスポーツスターカスタム。丁寧にディテイルを作り込み、無二の存在感を放っている。
地元のルードロッドが持ち込んだスポーツスターカスタム。丁寧にディテイルを作り込み、無二の存在感を放っている。
同じくルードロッドが展示したスポーツスターチョッパー。均整の取れたスタイリングは緻密な計算によって生み出されたものだ。
同じくルードロッドが展示したスポーツスターチョッパー。均整の取れたスタイリングは緻密な計算によって生み出されたものだ。
奈良県から出展のエス・プラウドのブースにはピンクのホイールが特徴的なショベルスポーツとショベルチョッパーが展示された。
奈良県から出展のエス・プラウドのブースにはピンクのホイールが特徴的なショベルスポーツとショベルチョッパーが展示された。
カスタムペイントショップ、GROWSKATブースに展示されたパンチョッパー。もちろん、マットベースのカスタムペイントが見所である。
カスタムペイントショップ、GROWSKATブースに展示されたパンチョッパー。もちろん、マットベースのカスタムペイントが見所である。
TROJAN CYCLESのブースに展示されたアイアンチョッパー。未完ながらも作り込まれたウッド調ブースとの一体感が秀逸。
TROJAN CYCLESのブースに展示されたアイアンチョッパー。未完ながらも作り込まれたウッド調ブースとの一体感が秀逸。
ニューオーダー実行委員の紫雲が展示した1948WLボッバー。このままAVCCに持ち込んでも違和感のないレーサーライクな一台。
ニューオーダー実行委員の紫雲が展示した1948WLボッバー。このままAVCCに持ち込んでも違和感のないレーサーライクな一台。
同じく紫雲が展示したディガーであるが、なんと電動バイクである。まだ試作段階ではあるが、ポテンシャルは相当なモノとのこと。
同じく紫雲が展示したディガーであるが、なんと電動バイクである。まだ試作段階ではあるが、ポテンシャルは相当なモノとのこと。
こちらも紫雲が製作したマシン。EVOソフテイルをベースに往年のボッバーテイストに仕上げられている。ペイントも実にイイ雰囲気。
こちらも紫雲が製作したマシン。EVOソフテイルをベースに往年のボッバーテイストに仕上げられている。ペイントも実にイイ雰囲気。
東京から参加したCHOP STICKが展示したパンヘッドチョッパー。極端に絞り込まれたハンドルバーが同店のアイデンティティーでもある。
東京から参加したCHOP STICKが展示したパンヘッドチョッパー。極端に絞り込まれたハンドルバーが同店のアイデンティティーでもある。
トライジャの手による怒濤のEVOカスタム。有機的な鳥カゴのようなフューエルタンクにリアフェンダー処理などなど、見所は尽きない。
トライジャの手による怒濤のEVOカスタム。有機的な鳥カゴのようなフューエルタンクにリアフェンダー処理などなど、見所は尽きない。
兵庫県加古川市のカスタムファクトリーノイズが展示したVロッドカスタム。一体型のエクステリアが圧巻の出来である。
兵庫県加古川市のカスタムファクトリーノイズが展示したVロッドカスタム。一体型のエクステリアが圧巻の出来である。
ハマンズが製作した4速フレームのパンヘッドチョッパー。変則的なシート形状やメーター処理に高いセンスを感じさせる一台。
ハマンズが製作した4速フレームのパンヘッドチョッパー。変則的なシート形状やメーター処理に高いセンスを感じさせる一台。
ハマンズが持ち込んだもう一台はナックルベースのチョッパーである。幅広のV字型エイプバー、シートのフリンジがポイント。
ハマンズが持ち込んだもう一台はナックルベースのチョッパーである。幅広のV字型エイプバー、シートのフリンジがポイント。
VIRTUOSOのショベルスポーツチョッパー。昨年末の横浜ホットロッドショーにて、見事ナンバー1に輝いた車両である。
VIRTUOSOのショベルスポーツチョッパー。昨年末の横浜ホットロッドショーにて、見事ナンバー1に輝いた車両である。
アーリーショベルをベースにBUDLOTUSが製作したマシン。ブラックベースのソリッドな印象のマシンであるが、ツボを心得た車両と言える。
アーリーショベルをベースにBUDLOTUSが製作したマシン。ブラックベースのソリッドな印象のマシンであるが、ツボを心得た車両と言える。
フリースタイルのショベルリジッド。美しい曲線を描くフレーム形状を筆頭に同店ならではの採算を度外視した作り込みが炸裂!
フリースタイルのショベルリジッド。美しい曲線を描くフレーム形状を筆頭に同店ならではの採算を度外視した作り込みが炸裂!
MCフォースが手掛けたツインカムチョッパー。ビキニカウルとタンク形状で大柄なダイナフレームの欠点をうまくカバーしている。
MCフォースが手掛けたツインカムチョッパー。ビキニカウルとタンク形状で大柄なダイナフレームの欠点をうまくカバーしている。
BIKE GARAGE KOKOROのEVOソフテイルカスタム。前後のビレットホイールの存在感に負けないよう、各部の造型に配慮されている。
BIKE GARAGE KOKOROのEVOソフテイルカスタム。前後のビレットホイールの存在感に負けないよう、各部の造型に配慮されている。
今期のボヘミアンピックは東京から自走でやってきた佐久間さんのアイアンチョッパーが獲得。ヒールでキックを踏む姿は圧巻!
今期のボヘミアンピックは東京から自走でやってきた佐久間さんのアイアンチョッパーが獲得。ヒールでキックを踏む姿は圧巻!
スペシャルゲストのケンズファクトリーピックはSTOOPが手掛けたロイヤルエンフィールドカスタム。タンク形状が強烈過ぎ!
スペシャルゲストのケンズファクトリーピックはSTOOPが手掛けたロイヤルエンフィールドカスタム。タンク形状が強烈過ぎ!
ステージではケンズファクトリーの永井さんによりSTOOPのアワード授賞式が行われた。おめでとうございます。
ステージではケンズファクトリーの永井さんによりSTOOPのアワード授賞式が行われた。おめでとうございます。
ケンズファクトリーの最新作、UNCHANGEABLEがスペシャルゲストとしてエントランス中央に展示された。
ケンズファクトリーの最新作、UNCHANGEABLEがスペシャルゲストとしてエントランス中央に展示された。
HBJピックはCHOP STICKのナックルチョッパーが獲得。代表のカズ山口の愛車であり、このマシンで軽く九州まで走るという。
HBJピックはCHOP STICKのナックルチョッパーが獲得。代表のカズ山口の愛車であり、このマシンで軽く九州まで走るという。
少し恥ずかしそうにHBJピック受賞の喜びを表現するCHOP STICKのカズ山口。そのポーズは、やはり照れ隠しですよね?
少し恥ずかしそうにHBJピック受賞の喜びを表現するCHOP STICKのカズ山口。そのポーズは、やはり照れ隠しですよね?
今期ニューオーダーショーのナンバーワン、ベストオブチョッパーに選ばれたフリースタイルのフルスクラッチカスタムがコチラ。
今期ニューオーダーショーのナンバーワン、ベストオブチョッパーに選ばれたフリースタイルのフルスクラッチカスタムがコチラ。
HBJ仮設スタジオにてフリースタイルのビルダー、モジャさんを囲み、最後に記念撮影……をヨコから盗み撮り。
HBJ仮設スタジオにてフリースタイルのビルダー、モジャさんを囲み、最後に記念撮影……をヨコから盗み撮り。

注目のアイテムはコチラ