VIRGIN HARLEY | JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2012 #02 トピックス

JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2012 #02

  • 掲載日/2012年04月26日【トピックス】
  • 取材協力/JOINTS 2012
Hotbike Japan.comコンテンツ
MOTORCYCLE VENTURIの手によるパンヘッドチョッパー。定番のフォルムであるが、リアフェンダーなどの凝った作りがポイントとなるマシン。
MOTORCYCLE VENTURIの手によるパンヘッドチョッパー。定番のフォルムであるが、リアフェンダーなどの凝った作りがポイントとなるマシン。

もはや名実共に全国屈指のカスタムショーへと成長を遂げた「JOINTS CUSTOM BIKE SHOW」。この名古屋発信の一大ムーブメントは、日本のカスタムシーンを動かす巨大なチカラを秘めている。2012.04.25にポートメッセ名古屋で開催された今期のJOINTS 2012は、雨風が吹きすさぶ悪天候だったにも関わらず、入場者数8500人、出展バイク数320台という過去最大級の規模で開催された。今期はコンテンツの充実に目を見張るものが! JOINTSの目玉コンテンツであるライドインショーをはじめ、プロダンサーによるポールダンスショー、さらにカスタムペイントの祭典「PAINT WALL 2012」も同時開催。そして来場者にスポーツスターがプレゼントされる「GET THE SPORTSTER」に加え、「AMD WORLD CHAMPIONSHIP 2011」のフリースタイルクラスで優勝を飾ったTAVAX ENGINEERINGが手掛けたフルスクラッチカスタム「TAVAX 2011V」が会場に展示され、来場者を釘付けに! それではこの熱きJOINTS 2012のすべてを最速レポート。

同じくVENTURIが持ち込んだショベルヘッド。ホワイトにペイントされたフレームとスプリングフォークが見せ場である。
同じくVENTURIが持ち込んだショベルヘッド。ホワイトにペイントされたフレームとスプリングフォークが見せ場である。
コチラのEVOスポーツチョッパーもVENTURI が手掛けたカスタム。カチ上げられたハンドルバーとリアのシートカウルが軽快な印象だ。
コチラのEVOスポーツチョッパーもVENTURI が手掛けたカスタム。カチ上げられたハンドルバーとリアのシートカウルが軽快な印象だ。
BECKSが持ち込んだショベルカスタム。ボディーに徹底的に追い込んだセンター出しのマフラーがスピードを予感させる。
BECKSが持ち込んだショベルカスタム。ボディーに徹底的に追い込んだセンター出しのマフラーがスピードを予感させる。
フレイクのペイントが施されたEVOスポーツ。均整の取れたスタイリングがFINE STYLEならではのマシンである。
フレイクのペイントが施されたEVOスポーツ。均整の取れたスタイリングがFINE STYLEならではのマシンである。
MCフォースが手掛けたフリスコチョッパー。ツイステッドが施されたフェンダーストラットがイイ雰囲気の車両。
MCフォースが手掛けたフリスコチョッパー。ツイステッドが施されたフェンダーストラットがイイ雰囲気の車両。
東京からエントリーを果たしたセレクテッドのブース。煌びやかなカスタムマシンが同店の真骨頂である。
東京からエントリーを果たしたセレクテッドのブース。煌びやかなカスタムマシンが同店の真骨頂である。
地元名古屋のVISEブースに置かれたチョッパーは、もはやJOINTSではおなじみの風景と言える。これぞ、リアルチョッパー!
地元名古屋のVISEブースに置かれたチョッパーは、もはやJOINTSではおなじみの風景と言える。これぞ、リアルチョッパー!
カイカドウが製作したパンヘッドチョッパー。4速フレームに装着されたタイトなフューエルタンクにカットリアフェンダーが見所である。
カイカドウが製作したパンヘッドチョッパー。4速フレームに装着されたタイトなフューエルタンクにカットリアフェンダーが見所である。
おなじみシェイキンブースにて清水さんとJENEの仁田さんをキャッチ。仁田さん、髪の毛サッパリしましたね!
おなじみシェイキンブースにて清水さんとJENEの仁田さんをキャッチ。仁田さん、髪の毛サッパリしましたね!
ペイントブースにて筆を走らせるシェイキン。こんな作業を生で見れることが、イベントの醍醐味と言えるだろう。
ペイントブースにて筆を走らせるシェイキン。こんな作業を生で見れることが、イベントの醍醐味と言えるだろう。
ハイセンスなカスタムサインが掲げられたシェイキンブース。まるで陶器のような質感のプライマリーカバーに注目したい。
ハイセンスなカスタムサインが掲げられたシェイキンブース。まるで陶器のような質感のプライマリーカバーに注目したい。
地元名古屋のM&Kマコトさんもブースを出展。日本はおろか世界的にも活躍するピンストライパーの第一人者。
地元名古屋のM&Kマコトさんもブースを出展。日本はおろか世界的にも活躍するピンストライパーの第一人者。
M&Kのアイコンであるマネキネコをモチーフにしたフラワーベース。マコトさんならではの遊びゴゴロ満載のアイテム。
M&Kのアイコンであるマネキネコをモチーフにしたフラワーベース。マコトさんならではの遊びゴゴロ満載のアイテム。
M&KのオリジナルTシャツも販売された。KUSTOMカルチャーを色濃く反映したこのデザインこそ、M&Kの神髄である。
M&KのオリジナルTシャツも販売された。KUSTOMカルチャーを色濃く反映したこのデザインこそ、M&Kの神髄である。
広島県の平和モーターサイクルのピンストライパー鈴木さん。女性ならではの繊細なセンスでピースフルな世界観を表現。
広島県の平和モーターサイクルのピンストライパー鈴木さん。女性ならではの繊細なセンスでピースフルな世界観を表現。
愛知県のカスタムペインター、センタールーツのブースに展示された作品。縦横無尽の発想でフィールドを選ばないのがセンタールーツ流。
愛知県のカスタムペインター、センタールーツのブースに展示された作品。縦横無尽の発想でフィールドを選ばないのがセンタールーツ流。
地元愛知のFEWが製作したショベルヘッド。均整の取れたフォルムと細かなディテイルにまで目が行き届いた一台。
地元愛知のFEWが製作したショベルヘッド。均整の取れたフォルムと細かなディテイルにまで目が行き届いた一台。
FEWのショベルヘッドのハンドルバー。ライザーのフォルムやハンドルバーの形状、さらにボルトの処理にまでこだわったハンドル回りである。
FEWのショベルヘッドのハンドルバー。ライザーのフォルムやハンドルバーの形状、さらにボルトの処理にまでこだわったハンドル回りである。
FEWの百瀬さんと鎌倉のシルバースミス、シャフトのステーブ本間さん。百瀬さんがゼロエンジニアリングにいたころからの付き合いの二人。
FEWの百瀬さんと鎌倉のシルバースミス、シャフトのステーブ本間さん。百瀬さんがゼロエンジニアリングにいたころからの付き合いの二人。
神戸からエントリーを果たしたシウンのブース。7月15日に神戸で開催されるニューオーダーチョッパーショーのプロモーションも兼ねて。
神戸からエントリーを果たしたシウンのブース。7月15日に神戸で開催されるニューオーダーチョッパーショーのプロモーションも兼ねて。
山口県のバドロータスが製作したパンヘッド。タイトかつコンパクトに製作された同店の代表作。カスタムペイントも秀逸である。
山口県のバドロータスが製作したパンヘッド。タイトかつコンパクトに製作された同店の代表作。カスタムペイントも秀逸である。
バドロータスが持ち込んだもう一台のマシンはEVOスポーツがベースとなるご覧の車両。ホワイトのカラーリングでクリーンに仕上げられている。
バドロータスが持ち込んだもう一台のマシンはEVOスポーツがベースとなるご覧の車両。ホワイトのカラーリングでクリーンに仕上げられている。
カスタムショーには欠かせない女性コンパニオンをピック。お揃いのコスチュームで来場者の注目を集めていた。
カスタムショーには欠かせない女性コンパニオンをピック。お揃いのコスチュームで来場者の注目を集めていた。
やはり女性コンパニオンのいるブースは人気が高い。カスタムショーには切っても切り離せない「華」と言える。
やはり女性コンパニオンのいるブースは人気が高い。カスタムショーには切っても切り離せない「華」と言える。
京都のラックモーターサイクルが手掛けたアーリーチョッパー。輝きを抑えたエンジン&ミッションとホワイトのカラーリングが新鮮なマシン。
京都のラックモーターサイクルが手掛けたアーリーチョッパー。輝きを抑えたエンジン&ミッションとホワイトのカラーリングが新鮮なマシン。
スーパーナローフォークとコフィンタンク、チェーン剥き出しのプライマリーがハードなイメージを醸し出してる。
スーパーナローフォークとコフィンタンク、チェーン剥き出しのプライマリーがハードなイメージを醸し出してる。
鹿児島県からエントリーのスワローテイルが持ち込んだパンヘッドチョッパー。往年のスタイルを独自の解釈で現代にアップデイト。
鹿児島県からエントリーのスワローテイルが持ち込んだパンヘッドチョッパー。往年のスタイルを独自の解釈で現代にアップデイト。
二段ヘッドライトに、国籍不明のカスタムペイント、さらにLキャブやシフトノブなど、こだわり満載のディテイル。
二段ヘッドライトに、国籍不明のカスタムペイント、さらにLキャブやシフトノブなど、こだわり満載のディテイル。
熱気溢れる会場内は、ご覧のように身動きもままならないほどの混雑した状態に! 名古屋のカスタムカルチャーはやはり熱い。
熱気溢れる会場内は、ご覧のように身動きもままならないほどの混雑した状態に! 名古屋のカスタムカルチャーはやはり熱い。
会場のほぼ中央のスパイスのブースではアップビートの音楽に合わせてダンスが披露され、終止人集りが絶えることはなかった。
会場のほぼ中央のスパイスのブースではアップビートの音楽に合わせてダンスが披露され、終止人集りが絶えることはなかった。
会場のメインステージでは今期JOINTSのスペシャルゲストであるザック・ネスとローランド・サンズがオーディエンスにご挨拶。
会場のメインステージでは今期JOINTSのスペシャルゲストであるザック・ネスとローランド・サンズがオーディエンスにご挨拶。
スズキ&アソシエイツのブースではARLEN NESSとROLAND SANDS DESIGNのプロモーションが大々的に行われた。
スズキ&アソシエイツのブースではARLEN NESSとROLAND SANDS DESIGNのプロモーションが大々的に行われた。
スズキ&アソシエイツのブースに展示されたARLEN NESS のカスタムマシン。王者の風格を纏ったフルスクラッチカスタムである。
スズキ&アソシエイツのブースに展示されたARLEN NESS のカスタムマシン。王者の風格を纏ったフルスクラッチカスタムである。
美しく磨き上げられた怒濤のターボチャージャーが取り付けられたパワーユニットに目を奪われがちだが、ディテイルも繊細である。
美しく磨き上げられた怒濤のターボチャージャーが取り付けられたパワーユニットに目を奪われがちだが、ディテイルも繊細である。
ブルオリジナルが製作したROLAND SANDS DESIGN のデモマシン。スクランブラーテイストの無二のカスタムマシン。
ブルオリジナルが製作したROLAND SANDS DESIGN のデモマシン。スクランブラーテイストの無二のカスタムマシン。
ハイセンスなデザイン性で人気のROLAND SANDS DESIGN。エアクリーナーやビレットホイールなど特に人気が高い。
ハイセンスなデザイン性で人気のROLAND SANDS DESIGN。エアクリーナーやビレットホイールなど特に人気が高い。
奈良県からエントリーのエス・プラウドはカスタムの他にブレーキのスペシャリストならではのドラムブレーキを展示。
奈良県からエントリーのエス・プラウドはカスタムの他にブレーキのスペシャリストならではのドラムブレーキを展示。
フロンティアのショベルカスタム。シャープなエクステリアと各部の徹底した作り込みが見所となるハイエンドマシン。
フロンティアのショベルカスタム。シャープなエクステリアと各部の徹底した作り込みが見所となるハイエンドマシン。
大神戸共榮圏のIK worksブース。尋常ならぬこだわりから生み出されたオリジナルパーツはカスタムフリークから厚い支持を得ている。
大神戸共榮圏のIK worksブース。尋常ならぬこだわりから生み出されたオリジナルパーツはカスタムフリークから厚い支持を得ている。
DICKYS GARAGEが持ち込んだEVOスポーツ。CHのスクランブラーテイストに仕上げられた同店の意欲作である。
DICKYS GARAGEが持ち込んだEVOスポーツ。CHのスクランブラーテイストに仕上げられた同店の意欲作である。
お気に入りのカスタムマシンの前でディテイルを入念にチェックする来場者。これぞカスタムショーの楽しみ方である。
お気に入りのカスタムマシンの前でディテイルを入念にチェックする来場者。これぞカスタムショーの楽しみ方である。
ジャンクモーターのブースではバディーシートがスペシャルプライスで! その他キックペダルやオリジナルパーツも販売。
ジャンクモーターのブースではバディーシートがスペシャルプライスで! その他キックペダルやオリジナルパーツも販売。
THE FLOCK MOTORCYCLEが製作したナックルベースのロングフォークチョッパー。エッジの効いたエクステリアなど問答無用のスタイリング。
THE FLOCK MOTORCYCLEが製作したナックルベースのロングフォークチョッパー。エッジの効いたエクステリアなど問答無用のスタイリング。
Y's motorcycleが展示したショベルヘッド。ツイステッドが施されたスプリングフォークにエイプバー、シッシーバーにも注目したい。
Y’s motorcycleが展示したショベルヘッド。ツイステッドが施されたスプリングフォークにエイプバー、シッシーバーにも注目したい。
ガレージノッカーが持ち込んだ驚愕のパンチョッパー。未塗装ながらも見応え十分。「前方を覗き込むように運転する」とは製作者の弁。
ガレージノッカーが持ち込んだ驚愕のパンチョッパー。未塗装ながらも見応え十分。「前方を覗き込むように運転する」とは製作者の弁。
VEE MACHINEが手掛けたショベルはエンジンが見所である。スプリットロッカーのヘッドにツインマグがインパクト大!
VEE MACHINEが手掛けたショベルはエンジンが見所である。スプリットロッカーのヘッドにツインマグがインパクト大!
メインステージで行われたライドインショーで会場はヒートアップ。写真はセレクテッドのハイエンドカスタム。
メインステージで行われたライドインショーで会場はヒートアップ。写真はセレクテッドのハイエンドカスタム。
会場裏ではライドインショーの入場を前にスタンバイ中の車両が。あいにくの雨だったが、テントを張ってなんとか対応された。
会場裏ではライドインショーの入場を前にスタンバイ中の車両が。あいにくの雨だったが、テントを張ってなんとか対応された。
ライドインショーのステージでは会場を盛り上げるべくMCとの軽快なトークが展開された。これぞ走るカスタムショー!
ライドインショーのステージでは会場を盛り上げるべくMCとの軽快なトークが展開された。これぞ走るカスタムショー!

注目のアイテムはコチラ