VIRGIN HARLEY | 21st Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2012 #02 トピックス

21st Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2012 #02

  • 掲載日/2012年12月06日【トピックス】
  • 取材協力/MOONEYES
Hotbike Japan.comコンテンツ
EARLY DAYS CHOPPER EXTRAVAGANZAのエリアに展示された佐賀県のCALIFORNIA CYCLESのアーリースタイルチョッパー。見応え十分である。
EARLY DAYS CHOPPER EXTRAVAGANZAのエリアに展示された佐賀県のCALIFORNIA CYCLESのアーリースタイルチョッパー。見応え十分である。

今年もカスタムフリークの祭典、「21st Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2012」が去る2012.12.02にパシフィコ横浜で開催された。今期MOTORCYCLESのGUESTは3年振りのHOT ROD CUSTOM SHOW(HCS)に登場となるROLAND SANDS DESIGNを筆頭に、BORN FREE 4でBEST IN SHOW WINNERを獲得したMATT OLSENの1947ナックルボッバー、EVIL SPIRIT ENGINEERINGの1947ナックルロングフォーク、さらにNOISE CYCLESの1978ショベルチョッパーにPOWER PLANT MOTORCYCLESの1971ショベルヘッドなど注目モデルが目白押し。そしてCARS GUESTには1972年に初めて VW モーターによるDRAG RACEで10秒台に突入したSCHLEY BROTHERSの1960 VW TYPE I “LIGHTNING BUG” にDALE SNOKEの1964 MERCURY B/FX “THE ROCKET” などホットロッドフリークにはたまらない車両が登場。会場オープンすぐのライドインショーで、これら二輪/四輪のドリームマシンが実際に疾走する姿を目の当たりにしたオーディエンスのボルテージは最高潮に! その他にも “EARLY DAYS CHOPPER EXTRAVAGANZA” と題し、60年代から70年代にかけてのアーリーデイズチョッパーにフィーチャーしたスペースが出現し会場に華を添えた。MOTORCYCLE SHOW650台、CAR SHOW280台、VENDER BOOTH 270件、そして入場者数1万5000人、そのうち海外から500人を動員した今期HCSは、2012年を締め括るにふさわしい内容だった。ではこのワールドワイドなカスタムショーのすべてを最速レポート!

BEST OF EARLY DAYS CHOPPER EXTRAVAGANZAに輝いたのはSPIKEが手掛けたご覧のアイアンショベル。かの時代を感じさせるディテイルのオンパレード。
BEST OF EARLY DAYS CHOPPER EXTRAVAGANZAに輝いたのはSPIKEが手掛けたご覧のアイアンショベル。かの時代を感じさせるディテイルのオンパレード。
ヴィンテージ専科、HAWG HOLICが持ち込んだナックルヒルクライマー。もちろんリアタイアにはチェーンが巻き付けられている。
ヴィンテージ専科、HAWG HOLICが持ち込んだナックルヒルクライマー。もちろんリアタイアにはチェーンが巻き付けられている。
ORANGE SPEED SHOPが手掛けたナックルカスタム。前後のビレットホイールを筆頭に妥協なく作り込まれた至極のカスタムである。
ORANGE SPEED SHOPが手掛けたナックルカスタム。前後のビレットホイールを筆頭に妥協なく作り込まれた至極のカスタムである。
YOSSY'Sが製作したショベルスポーツベースのドラッグレーサー。いったいどんな走りを見せてくれるのか想像が膨らむリアルレーサーである。
YOSSY’Sが製作したショベルスポーツベースのドラッグレーサー。いったいどんな走りを見せてくれるのか想像が膨らむリアルレーサーである。
ユーロハイエンドカスタムの雄、BAD LANDが展示したアーリーショベルボッバー。同店では珍しい車両であるが、隙のないマシンに仕上げられている。
ユーロハイエンドカスタムの雄、BAD LANDが展示したアーリーショベルボッバー。同店では珍しい車両であるが、隙のないマシンに仕上げられている。
アイボリーベースのカスタムペイントに目を見張るこのショベルヘッドは湘南のSLEEP WALKERの手によるマシン。外装のフォルムも面白い。
アイボリーベースのカスタムペイントに目を見張るこのショベルヘッドは湘南のSLEEP WALKERの手によるマシン。外装のフォルムも面白い。
クリスマスをイメージしたディスプレイを含め、トータルで独自の世界観を表現したUNFINISHブースのナックルヘッド。サムズのサポートを得て完成された。
クリスマスをイメージしたディスプレイを含め、トータルで独自の世界観を表現したUNFINISHブースのナックルヘッド。サムズのサポートを得て完成された。
エイジングペイントが施されたフューエルタンクにリアフェンダー、ガーターフォークは、もはやオーナーのUNFINISH中嶋さんのアイデンティティか……。
エイジングペイントが施されたフューエルタンクにリアフェンダー、ガーターフォークは、もはやオーナーのUNFINISH中嶋さんのアイデンティティか……。
PINSTRIPE GATHERINGにはおなじみの面々が。大御所ワイルドマンにシェイキン、そしてヨシオ画伯、デモンストレーションで魅せるKEN THE FLATTOP。
PINSTRIPE GATHERINGにはおなじみの面々が。大御所ワイルドマンにシェイキン、そしてヨシオ画伯、デモンストレーションで魅せるKEN THE FLATTOP。
今年のHCSで行われたHUB CAP CUSTOM PAINT CONTESTで見事優勝したのはM&Kのマコトさん。ビートルをモチーフにした左上の作品に注目!
今年のHCSで行われたHUB CAP CUSTOM PAINT CONTESTで見事優勝したのはM&Kのマコトさん。ビートルをモチーフにした左上の作品に注目!
フィーチャーセクションとして設けられたAIR COOLED IN ACTIONのエリアには空冷のビートルが全国から80台以上集結した。
フィーチャーセクションとして設けられたAIR COOLED IN ACTIONのエリアには空冷のビートルが全国から80台以上集結した。
ムーンアイズ代表のシゲ菅沼さんにネイバーフッド滝沢さん、エーシックスの田中さん、さらにアスタリスクの星川さん。
ムーンアイズ代表のシゲ菅沼さんにネイバーフッド滝沢さん、エーシックスの田中さん、さらにアスタリスクの星川さん。
ショベルヘッドをベースにカフェスタイルのチョッパーに仕上げられたOLD FUNのマシン。セリアーニのGPフォークにクリップオンが光る一台。
ショベルヘッドをベースにカフェスタイルのチョッパーに仕上げられたOLD FUNのマシン。セリアーニのGPフォークにクリップオンが光る一台。
STOOPが手掛けたBUELLベースのストリートファイター。つまりこのスタイルが、BUELLの正しいチョッパーの姿である。
STOOPが手掛けたBUELLベースのストリートファイター。つまりこのスタイルが、BUELLの正しいチョッパーの姿である。
独自の雰囲気を放つイエローMCのショベルヘッド。マフラー形状に、凝ったシッーシーバーなどディテイルの遊び心が同店の神髄と言える。
独自の雰囲気を放つイエローMCのショベルヘッド。マフラー形状に、凝ったシッーシーバーなどディテイルの遊び心が同店の神髄と言える。
砂が敷き詰められたHWZNBROSSのブースには6台の車両が展示された。どれもスピードを予感させるマシンばかりである。
砂が敷き詰められたHWZNBROSSのブースには6台の車両が展示された。どれもスピードを予感させるマシンばかりである。
ソリッドに仕上げられたブラッククロームのアイアンスポーツ。ボルトオンハードテイルにアップスイープマフラーがポイントとなっている。
ソリッドに仕上げられたブラッククロームのアイアンスポーツ。ボルトオンハードテイルにアップスイープマフラーがポイントとなっている。
BRAT STYLE主宰、高嶺さんのパンヘッドチョッパー。4速フレームをベースにガレージチョッパー然とした走るマシンに仕上げられている。
BRAT STYLE主宰、高嶺さんのパンヘッドチョッパー。4速フレームをベースにガレージチョッパー然とした走るマシンに仕上げられている。
MOTOR ROCKが展示したTCソフテイルカスタム。エキセントリックなノンジャンルのマシンであるが、その完成度は非常に高い。
MOTOR ROCKが展示したTCソフテイルカスタム。エキセントリックなノンジャンルのマシンであるが、その完成度は非常に高い。
DICKYS GARAGEが持ち込んだEVOスポーツベースのスクランブラー。ボリュームのあるシートとリアショックの内側を通るマフラーがポイント。
DICKYS GARAGEが持ち込んだEVOスポーツベースのスクランブラー。ボリュームのあるシートとリアショックの内側を通るマフラーがポイント。
雑誌HOTBIKE JAPANがベンダーブースに出展。HBJ最新号をはじめ、バックナンバーや写真集SMILE ROCK RIDEなどが販売された。
雑誌HOTBIKE JAPANがベンダーブースに出展。HBJ最新号をはじめ、バックナンバーや写真集SMILE ROCK RIDEなどが販売された。
HCSに初出展を果たしたU-MEDIAはロードホッパーを中心にブースを構成。ノーマルモデル以外にもロードホッパーのカスタムモデルを展示。
HCSに初出展を果たしたU-MEDIAはロードホッパーを中心にブースを構成。ノーマルモデル以外にもロードホッパーのカスタムモデルを展示。
大盛況のムーンブースにVISEブース、さらにTROPHY CLOTHINGの作り込まれたブース、そしてネオファクトリーもブースを構えていた。
大盛況のムーンブースにVISEブース、さらにTROPHY CLOTHINGの作り込まれたブース、そしてネオファクトリーもブースを構えていた。
カスタムショーの華であるキャンペーンガールも大きな見所である。そんなキャンペーンガールがいるブースは常に人集りができていた。
カスタムショーの華であるキャンペーンガールも大きな見所である。そんなキャンペーンガールがいるブースは常に人集りができていた。
今期HCSのHOTBIKE JAPAN'S PICKは、昨年のベストオブモーターサイクルを勝ち取ったCWZが獲得した。その受賞マシンは……
今期HCSのHOTBIKE JAPAN’S PICKは、昨年のベストオブモーターサイクルを勝ち取ったCWZが獲得した。その受賞マシンは……
スプリットロッカーのパンショベルを搭載したCWZのフルスクラッチカスタム。前後の片持ち大径ホイールとブラスのエクステリアが驚愕の一台である。
スプリットロッカーのパンショベルを搭載したCWZのフルスクラッチカスタム。前後の片持ち大径ホイールとブラスのエクステリアが驚愕の一台である。
CWZ渾身の片持ちフォークに片持ちスイングアームという過激なセッティング。ブラスで製作されたエクステリアに尋常ならぬ苦労が伺えるというもの。
CWZ渾身の片持ちフォークに片持ちスイングアームという過激なセッティング。ブラスで製作されたエクステリアに尋常ならぬ苦労が伺えるというもの。
W&W GERMANY'S PICKを獲得したHAMMER SYCLEのナックルヘッド。徹底的に削ぎ落されたタイトなエクステリアと、トータルでのマットな質感が絶妙。
W&W GERMANY’S PICKを獲得したHAMMER SYCLEのナックルヘッド。徹底的に削ぎ落されたタイトなエクステリアと、トータルでのマットな質感が絶妙。
タイトなVLフォークに分割タンク、チェーン剥き出しのプライマリーがハードな印象である。ディテイルを見れば見るほどに丁寧な仕事が確認できる。
タイトなVLフォークに分割タンク、チェーン剥き出しのプライマリーがハードな印象である。ディテイルを見れば見るほどに丁寧な仕事が確認できる。
CHOPPER JOURNAL MAG'S PICKとHOTBIKE MAG'S PICKをダブルで受賞した台湾のROUGH CRAFTSが製作したハイクラスなTCボッバー。
CHOPPER JOURNAL MAG’S PICKとHOTBIKE MAG’S PICKをダブルで受賞した台湾のROUGH CRAFTSが製作したハイクラスなTCボッバー。
ROLAND SANDS' PICKとGABE GRIFFIN'S PICKを獲得したアスタリスクのKAWASAKI KX500。同店のマシンらしく非常にクリーンに製作されている。
ROLAND SANDS’ PICKとGABE GRIFFIN’S PICKを獲得したアスタリスクのKAWASAKI KX500。同店のマシンらしく非常にクリーンに製作されている。
同じくアスタリスクが手掛けたショベルヘッドカスタム。エッジの効いたコフィンタンクが取り付けられディガーライクに仕上げられている。
同じくアスタリスクが手掛けたショベルヘッドカスタム。エッジの効いたコフィンタンクが取り付けられディガーライクに仕上げられている。
MATT OLSEN'S PICKを獲得した富山のBARBER CYCLEブース。オールドテイスト溢れるブースの作り込みと至極のヴィンテージカスタムマシンの共演である。
MATT OLSEN’S PICKを獲得した富山のBARBER CYCLEブース。オールドテイスト溢れるブースの作り込みと至極のヴィンテージカスタムマシンの共演である。
DICE MAGAZINE'S PICKはJENEが手掛けたフラッティーボッバー。赤錆が出たマフラーに合わせてアトリエチェリーのシートとグリップは赤で統一されている。
DICE MAGAZINE’S PICKはJENEが手掛けたフラッティーボッバー。赤錆が出たマフラーに合わせてアトリエチェリーのシートとグリップは赤で統一されている。
HARPOON'S PICKとLEBEEF KUSTOM METAL WORKS' PICKをダブルで獲得したデュアスカラスのナックルヘッド。マフラーとシッシーバーが強烈すぎ!
HARPOON’S PICKとLEBEEF KUSTOM METAL WORKS’ PICKをダブルで獲得したデュアスカラスのナックルヘッド。マフラーとシッシーバーが強烈すぎ!
H-D MOTOR COMPANYとSCOTT JONES' PICKを受賞したLUCK MCのスプリットロッカーショベルカスタム。フレーム加工を筆頭に徹底的に手が加えられている。
H-D MOTOR COMPANYとSCOTT JONES’ PICKを受賞したLUCK MCのスプリットロッカーショベルカスタム。フレーム加工を筆頭に徹底的に手が加えられている。
YANIV “NEEVO” EVAN'S PICKを獲得したROUGHが手掛けた1936EL。SNAILS BRIGADEのブースに展示されたネイバーフッド滝沢さんの愛機である。
YANIV “NEEVO” EVAN’S PICKを獲得したROUGHが手掛けた1936EL。SNAILS BRIGADEのブースに展示されたネイバーフッド滝沢さんの愛機である。
MOON CAFE, ITALY'S PICKを受賞したのはSNAILS BRIGADEのブースに出展されたエーシックスの1947FL。オーナーはネイバーフッドの滝沢さん。
MOON CAFE, ITALY’S PICKを受賞したのはSNAILS BRIGADEのブースに出展されたエーシックスの1947FL。オーナーはネイバーフッドの滝沢さん。
同じくSNAILS BRIGADEのブースに展示された1947インディアンチーフ。真っ赤なフロントフォークとブラックの外装のコントラストが粋である。
同じくSNAILS BRIGADEのブースに展示された1947インディアンチーフ。真っ赤なフロントフォークとブラックの外装のコントラストが粋である。
HAWG HOLICが手掛けた1939ELナックルボッバー。SNAILS BRIGADEのブースに展示された車両であるが、同店らしいこだわりが凝縮されている。
HAWG HOLICが手掛けた1939ELナックルボッバー。SNAILS BRIGADEのブースに展示された車両であるが、同店らしいこだわりが凝縮されている。
こちらの1947ELもSNAILS BRIGADEのブースに展示されたROUGH製作の一台。ブルーのフレーム&グリップに赤の外装を合わせるあたりにセンスを感じさせる。
こちらの1947ELもSNAILS BRIGADEのブースに展示されたROUGH製作の一台。ブルーのフレーム&グリップに赤の外装を合わせるあたりにセンスを感じさせる。
エーシックスが製作を担当した1937Uチョッパー。アニバーサリータンクや少し浮いたダブルシートなどマニアックな仕上がりとなっている。
エーシックスが製作を担当した1937Uチョッパー。アニバーサリータンクや少し浮いたダブルシートなどマニアックな仕上がりとなっている。
HOT-DOCKが手掛けたネイバーフッド滝沢さんの1947ナックルチョッパー。SNAILS BRIGADEのブースでも一際個性を発揮していた。
HOT-DOCKが手掛けたネイバーフッド滝沢さんの1947ナックルチョッパー。SNAILS BRIGADEのブースでも一際個性を発揮していた。
BEST H-DとMB LEATHERS' PICK、SHAWN DONAHUE'S PICK、GRANT PETERSON'S PICK、RON COVELL'S PICKの5冠を達成したSURESHOTのナックル。
BEST H-DとMB LEATHERS’ PICK、SHAWN DONAHUE’S PICK、GRANT PETERSON’S PICK、RON COVELL’S PICKの5冠を達成したSURESHOTのナックル。
ボルト1本にまでこだわり製作されていることが伺えるSURESHOTのナックル。フューエルタンクの構造や各ディテイルに至るまですべてが見せ場となる一台。
ボルト1本にまでこだわり製作されていることが伺えるSURESHOTのナックル。フューエルタンクの構造や各ディテイルに至るまですべてが見せ場となる一台。
チェリーズカンパニーが製作したショベルカスタム。タイトかつ、ほど良いボリュームのあるスタイリングで無二のフォルムを実現。カスタムペイントも美しい。
チェリーズカンパニーが製作したショベルカスタム。タイトかつ、ほど良いボリュームのあるスタイリングで無二のフォルムを実現。カスタムペイントも美しい。
今期HCSのBEST OF SHOW MOTORCYCLEとRETORO CLASSIC CYCLE'S PICKを獲得したのはチェリーズカンパニーのナックルヘッドカスタムである。
今期HCSのBEST OF SHOW MOTORCYCLEとRETORO CLASSIC CYCLE’S PICKを獲得したのはチェリーズカンパニーのナックルヘッドカスタムである。
美しく磨き込まれたナックルヘッドモーターを懐に抱えたWINNERマシンは、チェリーズカンパニー渾身の一台に仕上げられている。
美しく磨き込まれたナックルヘッドモーターを懐に抱えたWINNERマシンは、チェリーズカンパニー渾身の一台に仕上げられている。
HBJ.comではチェリーズのすべてを注ぎ込んだと言えるこのWINNERマシンの動画を撮影し、HBJ130号の発売に合わせ来年1月にアップする予定。ご期待あれ!
HBJ.comではチェリーズのすべてを注ぎ込んだと言えるこのWINNERマシンの動画を撮影し、HBJ130号の発売に合わせ来年1月にアップする予定。ご期待あれ!