VIRGIN HARLEY | NEW ORDER CHOPPER SHOW 8th 最速レポート第3弾 トピックス

NEW ORDER CHOPPER SHOW 8th 最速レポート第3弾

Hotbike Japan.comコンテンツ
チョッパーやカスタムマシンがメインのニューオーダーショーであるが、来場者用駐車場にはご覧のように純正度が高いサイドバルブが止められていたりもする。
チョッパーやカスタムマシンがメインのニューオーダーショーであるが、来場者用駐車場にはご覧のように純正度が高いサイドバルブが止められていたりもする。

NEW ORDER CHOPPER SHOW 8th
最速レポート第3弾

神戸発信のチョッパームーブメントの震源、ニューオーダーチョッパーショーが、2013.7.15(MON)に神戸国際展示場で開催された。小雨が降るあいにくの天候であったが、午後をピークにチョッパーフリークが続々と駆けつけ、来場者数3500人を記録。160台オーバーという至極のカスタムマシンが作り出す世界に酔いしれた。驚くべきは雨の中、愛車に跨り会場を訪れたフリークが非常に多かったという点だ。チョッパー乗りに天候など関係ないのであろう。中には九州は熊本から自走でやってきたという豪の者も!

会場ではニューオーダーショーの目玉コンテンツであるアートショー「BARBARIAN CIRCUS」が今年も開催され大いに盛り上がりを見せた。もちろん参加アーティストが持ち寄ったアートピースのオークションも大盛況であった。さらにHOTBIKE JAPANプロデュースの長濱治写真展「AMERICAN SKETCHBOOK 1969-77 NYC」が開催された。高コントラストの白黒写真が作り出す圧倒的な世界観。来場者にとって、まさに一生モノの経験となったに違いない。さらにオーラスには昨年に続いて上条早樹による「ROPE ART SHOW」が行われ、会場は割れんばかりの喝采に包まれた。

EVOスポーツスターベースの軽快なカスタム。ポイントはナイスの1インチサスとフリスコフェンダーである。非常にうまくまとめ上げられている。
EVOスポーツスターベースの軽快なカスタム。ポイントはナイスの1インチサスとフリスコフェンダーである。非常にうまくまとめ上げられている。
センターに配されたドラッグパイプが見どころとなるショベルヘッド。スポーツスタータンクにフラットフェンダーを合わせた定番のスタイルと言える。
センターに配されたドラッグパイプが見どころとなるショベルヘッド。スポーツスタータンクにフラットフェンダーを合わせた定番のスタイルと言える。
ハードなリジッドバーが取り付けられたショベルチョッパー。金属面が剥き出しのリアフェンダーにうっすらとサビが浮いているところも◎。
ハードなリジッドバーが取り付けられたショベルチョッパー。金属面が剥き出しのリアフェンダーにうっすらとサビが浮いているところも◎。
エクステンドされたフロントの33.4mmフォークが美しいスタイリングを構築しているフラッティーチョッパー。プルバックバーもいい雰囲気だ。
エクステンドされたフロントの33.4mmフォークが美しいスタイリングを構築しているフラッティーチョッパー。プルバックバーもいい雰囲気だ。
デュオグライドをベースにボッバーテイストで仕上げられた一台。リアのホイールキャップは四輪PONTIAC用をうまく流用している。
デュオグライドをベースにボッバーテイストで仕上げられた一台。リアのホイールキャップは四輪PONTIAC用をうまく流用している。
コンパクトなアイアンをベースにロングフォークチョッパーに仕立てあげたコチラのマシン。後方にオフセットされたピーナッツタンクがポイント。
コンパクトなアイアンをベースにロングフォークチョッパーに仕立てあげたコチラのマシン。後方にオフセットされたピーナッツタンクがポイント。
green mcが手掛けたアーリーショベルチョッパー。ポリスオイルタンクとカチ上げハンドルがこだわりのマシンである。
green mcが手掛けたアーリーショベルチョッパー。ポリスオイルタンクとカチ上げハンドルがこだわりのマシンである。
アップスイープのトランペットマフラーが取り付けられたショベルリジッド。スプリングフォークにカチ上げハンドルでハードな雰囲気にフィニッシュ。
アップスイープのトランペットマフラーが取り付けられたショベルリジッド。スプリングフォークにカチ上げハンドルでハードな雰囲気にフィニッシュ。
geen mcらしい丁寧な作り込みがポイントのショベルヘッド。バリケイテッドリーフを使ったカスタムペイントがエクステリアの見所である。
geen mcらしい丁寧な作り込みがポイントのショベルヘッド。バリケイテッドリーフを使ったカスタムペイントがエクステリアの見所である。
パンヘッドをベースにダートレーサーをイメージして製作されたコチラの車両。エキセントリックな2in1in2のマフラーの取り回しに絶句!
パンヘッドをベースにダートレーサーをイメージして製作されたコチラの車両。エキセントリックな2in1in2のマフラーの取り回しに絶句!
ショベルのローライダーをブラッシュアップした一台。エグリが入れられたフューエルタンクにカットされたリアフェンダーがスタイリングのポイント。
ショベルのローライダーをブラッシュアップした一台。エグリが入れられたフューエルタンクにカットされたリアフェンダーがスタイリングのポイント。
イナズマモチーフのリジッドバーに目を奪われるショベルヘッド。キング&クイーンシートにシッシーバー、カチ上げマフラーが刺激的である。
イナズマモチーフのリジッドバーに目を奪われるショベルヘッド。キング&クイーンシートにシッシーバー、カチ上げマフラーが刺激的である。
EVOソフテイルをベースにガレージチョッパー然とした雰囲気に仕上げられた車両。サイドと上面にエグリ加工が施されたフューエルタンクに注目。
EVOソフテイルをベースにガレージチョッパー然とした雰囲気に仕上げられた車両。サイドと上面にエグリ加工が施されたフューエルタンクに注目。
定番の74スプリンガーフォークが取り付けられたショベルリジッド。ホワイトにペイントされた前後のリムがホットロッドテイストを演出している。
定番の74スプリンガーフォークが取り付けられたショベルリジッド。ホワイトにペイントされた前後のリムがホットロッドテイストを演出している。
前後にインベーダーホイールを装着したパンヘッドチョッパー。ショートタイプのZバーが戦闘的なポジションを形成している。
前後にインベーダーホイールを装着したパンヘッドチョッパー。ショートタイプのZバーが戦闘的なポジションを形成している。
EVOスポーツベースのタイトなチョッパー。ラウンドタイプのオイルタンクやホワイトにペイントされたドラッグパイプなど非常に手が凝っている。
EVOスポーツベースのタイトなチョッパー。ラウンドタイプのオイルタンクやホワイトにペイントされたドラッグパイプなど非常に手が凝っている。
シルバーにペイントされたリジッドフレームがシリンダー、ヘッド、ロッカーカバーがブラックにペイントされたパンヘッドモーターに映える一台。
シルバーにペイントされたリジッドフレームがシリンダー、ヘッド、ロッカーカバーがブラックにペイントされたパンヘッドモーターに映える一台。
ブラックのベースにゴールドのピンラインとHDロゴがアクセントとなるコチラのEVOスポーツ。リアのオーリンズが走りを予感させる。
ブラックのベースにゴールドのピンラインとHDロゴがアクセントとなるコチラのEVOスポーツ。リアのオーリンズが走りを予感させる。
ワイドグライドにフォークブーツの組み合わせがいい雰囲気のショベルヘッド。ワイドバーとミッドハイのステップが作り出すポジションもならではのもの。
ワイドグライドにフォークブーツの組み合わせがいい雰囲気のショベルヘッド。ワイドバーとミッドハイのステップが作り出すポジションもならではのもの。
リアの赤いリムとホワイトリボンタイヤがホットロッドテイストを演出しているハイドラグライド。マットブラックの外装もこだわりである。
リアの赤いリムとホワイトリボンタイヤがホットロッドテイストを演出しているハイドラグライド。マットブラックの外装もこだわりである。
定番のフレイムスをアレンジしたソウルペイントが独自のテイストを放っているショベルヘッド。ブラックアウトされた足周りがマシン全体を引き締めている。
定番のフレイムスをアレンジしたソウルペイントが独自のテイストを放っているショベルヘッド。ブラックアウトされた足周りがマシン全体を引き締めている。
パンヘッドベースのシンプルなチョッパー。フロントの33.4mmフォークがタイトなスタイリングの要となっている。
パンヘッドベースのシンプルなチョッパー。フロントの33.4mmフォークがタイトなスタイリングの要となっている。
ブルーグレーにペイントされたハイドラボッバー。エアクリーナーレスの剥き出しのリンカートにマグネトー点火をチョイス。グリーンのグリップもポイント。
ブルーグレーにペイントされたハイドラボッバー。エアクリーナーレスの剥き出しのリンカートにマグネトー点火をチョイス。グリーンのグリップもポイント。
ACEが手掛けたパンヘッドチョッパー。もはや全国でもお馴染みのマシンであろう。ホワイト&レッドのカラーリングがアイコンのチョッパーだ。
ACEが手掛けたパンヘッドチョッパー。もはや全国でもお馴染みのマシンであろう。ホワイト&レッドのカラーリングがアイコンのチョッパーだ。
真っ赤なフューエルタンクとリムが刺激的なフラッティーチョッパー。ラビットバーに取り付けられたグリップも、もちろん赤をチョイス。
真っ赤なフューエルタンクとリムが刺激的なフラッティーチョッパー。ラビットバーに取り付けられたグリップも、もちろん赤をチョイス。
純正のステップボードをハイマウントに設置したナックルヘッド。程よくタイトなエイプハンガーがマシンのスタイルを決定付けている。
純正のステップボードをハイマウントに設置したナックルヘッド。程よくタイトなエイプハンガーがマシンのスタイルを決定付けている。
ホワイトのサドルシート&ピリオンパッドと前後のリムでクリーンな印象に仕立て上げているパンヘッドチョッパー。
ホワイトのサドルシート&ピリオンパッドと前後のリムでクリーンな印象に仕立て上げているパンヘッドチョッパー。
各部のサビやオイル染みが、ここまでアジになっている車両にはそう簡単にはお目にかかれないはず。只ならぬオーラを感じさせるパンヘッドである。
各部のサビやオイル染みが、ここまでアジになっている車両にはそう簡単にはお目にかかれないはず。只ならぬオーラを感じさせるパンヘッドである。
アンバランスなバランス感覚で絶妙なスタイリングを入手しているナックルヘッドチョッパー。これぞハイセンスな一台。
アンバランスなバランス感覚で絶妙なスタイリングを入手しているナックルヘッドチョッパー。これぞハイセンスな一台。
大阪ハーレーシーンの核、Shix MCが手掛けたサイドバルブ。絶好のコンディションが伺えるレアなマシンである。
大阪ハーレーシーンの核、Shix MCが手掛けたサイドバルブ。絶好のコンディションが伺えるレアなマシンである。
ツインカムダイナベースのコチラのマシン。チョッパーを意識しているのかと思いきや、バディーシートを合わせてくるこのセンスに脱帽!
ツインカムダイナベースのコチラのマシン。チョッパーを意識しているのかと思いきや、バディーシートを合わせてくるこのセンスに脱帽!
ロングガーターフォークが取り付けられたショベルチョッパー。プルバックバーにキング&クイーン、ロングシッシーバーでフィニッシュ。
ロングガーターフォークが取り付けられたショベルチョッパー。プルバックバーにキング&クイーン、ロングシッシーバーでフィニッシュ。
パープル&ブラックのカラーリングが洒落たショベルリジッド。まるで鳥居のようなハンドルバーは前方に絞り込まれている。
パープル&ブラックのカラーリングが洒落たショベルリジッド。まるで鳥居のようなハンドルバーは前方に絞り込まれている。
ハイマウントされたキャンディレッドのマスタングタンクを彩るトライバルフレイムスがアイコンとなるEVOソフテイルボッバー。
ハイマウントされたキャンディレッドのマスタングタンクを彩るトライバルフレイムスがアイコンとなるEVOソフテイルボッバー。
アイアンベースのエキセントリックチョッパー。角パイプのガーターフォークに4ベントバー、コフィンタンクにド級のカチ上げマフラーで昇天!
アイアンベースのエキセントリックチョッパー。角パイプのガーターフォークに4ベントバー、コフィンタンクにド級のカチ上げマフラーで昇天!
ガーターフォークが取り付けられたショベルチョッパー。天を貫くようなカチ上げマフラーが非常に刺激的である。
ガーターフォークが取り付けられたショベルチョッパー。天を貫くようなカチ上げマフラーが非常に刺激的である。
滋賀県大津市のオーセンテックモーターサービスが手掛けたアーリーショベルチョッパー。チカラの抜けたこのスタイルが同店の持ち味である。
滋賀県大津市のオーセンテックモーターサービスが手掛けたアーリーショベルチョッパー。チカラの抜けたこのスタイルが同店の持ち味である。
過去にACEが製作したショベルヘッド。S&Sツースロートと33.4mmフォークがスタイリングのポイントとなっている。
過去にACEが製作したショベルヘッド。S&Sツースロートと33.4mmフォークがスタイリングのポイントとなっている。
デュオグライドをベースにレーシーに仕上げられた一台。シートカウルと跳ね上げフェンダーの組み合わせがとても面白い。
デュオグライドをベースにレーシーに仕上げられた一台。シートカウルと跳ね上げフェンダーの組み合わせがとても面白い。
ハーレーを象徴するブラック&オレンジのカラーリングがアイコンとなるショベルヘッド。リアのホワイトリボンタイヤが効いている。
ハーレーを象徴するブラック&オレンジのカラーリングがアイコンとなるショベルヘッド。リアのホワイトリボンタイヤが効いている。
ACEの看板マシンとも言えるアイアンカスタム。イメージはソルトフラッツを疾走するレコードブレイカーである。
ACEの看板マシンとも言えるアイアンカスタム。イメージはソルトフラッツを疾走するレコードブレイカーである。
ショベルリジッドをベースとし前後にボリュームのあるファイアストンを装着しボッバーテイストを醸し出すシンプルな車両である。
ショベルリジッドをベースとし前後にボリュームのあるファイアストンを装着しボッバーテイストを醸し出すシンプルな車両である。
ショベルヘッドのロードホッパーをベースにブラッシュアップされた一台。グースネックフレームがスタイリングのキモとなっている。
ショベルヘッドのロードホッパーをベースにブラッシュアップされた一台。グースネックフレームがスタイリングのキモとなっている。
金属面が剥き出しの荒々しい外装が見所となるEVOスポーツチョッパー。スポーツスターには珍しいスプリングフォークもポイント。
金属面が剥き出しの荒々しい外装が見所となるEVOスポーツチョッパー。スポーツスターには珍しいスプリングフォークもポイント。
悲運のショベルスポーツ、XLCR。発売当初は不人気車であったが、現在では非常に人気が高くマニア垂涎の車両となっている。
悲運のショベルスポーツ、XLCR。発売当初は不人気車であったが、現在では非常に人気が高くマニア垂涎の車両となっている。
フルドレスのフラットヘッドを発見。引き算のチョッパーとはまさに真逆のアプローチのカスタムと言えるだろう。
フルドレスのフラットヘッドを発見。引き算のチョッパーとはまさに真逆のアプローチのカスタムと言えるだろう。
オリジナルペイントと思しきエクステリアが時代を感じさせるフラットヘッド。レザーのソロシートもおそらくオリジナルであろう。
オリジナルペイントと思しきエクステリアが時代を感じさせるフラットヘッド。レザーのソロシートもおそらくオリジナルであろう。
切りっぱなしのセンタースタンドストラットがなんともワイルドなフラッティーボッバー。あいにくの天候なので、メーターはタオルでカバー。
切りっぱなしのセンタースタンドストラットがなんともワイルドなフラッティーボッバー。あいにくの天候なので、メーターはタオルでカバー。
ハードテイルが組み込まれたEVOスポーツチョッパー。V字型に配されたカチ上げのマフラーがならではの雰囲気を醸し出している。
ハードテイルが組み込まれたEVOスポーツチョッパー。V字型に配されたカチ上げのマフラーがならではの雰囲気を醸し出している。