VIRGIN HARLEY | NAGOYA SPEED AND CUSTOM SHOW 2013 One Day Museum トピックス

NAGOYA SPEED AND CUSTOM SHOW 2013 One Day Museum

Hotbike Japan.comコンテンツ
今期、NAGOYA SPEED AND CUSTOM SHOWの目玉コンテンツ、「One Day Museum」。1936年から1957年までのビンテージハーレーが40台集結した。
今期、NAGOYA SPEED AND CUSTOM SHOWの目玉コンテンツ、「One Day Museum」。1936年から1957年までのビンテージハーレーが40台集結した。

NAGOYA SPEED AND CUSTOM SHOW 2013 One Day Museum

2013.09.29に開催された「NAGOYA SPEED AND CUSTOM SHOW 2013」の目玉コンテンツ、「One Day Museum」。1936年から1957年までのビンテージハーレーが40台集結したその眺めは圧巻! Langlitz Japan岡本氏プロデュースのもと、貴重なナックルヘッドのファーストイヤーモデルからハイドラグライドの最終モデルまでが集った。ここではその40台中、7台以上を占めるSEMBAからオーナーの手に渡った車両をフィーチャーしよう。

1937年式ELナックルヘッド。84.14×88.9mmの998ccで36~38ps/4600rpmを発揮する当時の高性能エンジンを搭載している。
1937年式ELナックルヘッド。84.14×88.9mmの998ccで36~38ps/4600rpmを発揮する当時の高性能エンジンを搭載している。
スカルタイプのメーターダッシュはビンテージフリーク憧れのアイテム。タンクデカールのヤレ具合やサドルバッグの経年変化に注目していただきたい。
スカルタイプのメーターダッシュはビンテージフリーク憧れのアイテム。タンクデカールのヤレ具合やサドルバッグの経年変化に注目していただきたい。
1946年式のFLナックルヘッド。74ci=87.7×100.8mmの1206.7ccのモーターは50ps以上をマーク。当時のスペシャルスポーツモデルである。
1946年式のFLナックルヘッド。74ci=87.7×100.8mmの1206.7ccのモーターは50ps以上をマーク。当時のスペシャルスポーツモデルである。
第二次大戦から戦後と激動の時代に生産されたモデルなので、物資不足によりゴム製品が限定されるなど、歴史を感じさせるモデルと言える。
第二次大戦から戦後と激動の時代に生産されたモデルなので、物資不足によりゴム製品が限定されるなど、歴史を感じさせるモデルと言える。
グリーンの外装が只ならぬオーラを放つ1947年式のFL。ナックルヘッドのラストイヤーモデルとして大変希少なモデルとして人気が高い。
グリーンの外装が只ならぬオーラを放つ1947年式のFL。ナックルヘッドのラストイヤーモデルとして大変希少なモデルとして人気が高い。
この1947年型から採用された新グラフィックのトリップ付きメーターに、タンクエンブレムは俗称「レッドボール」と呼ばれるストリームライン状に変更された。
この1947年型から採用された新グラフィックのトリップ付きメーターに、タンクエンブレムは俗称「レッドボール」と呼ばれるストリームライン状に変更された。
パンヘッドのファーストイヤーモデル1948年式FL。モーターは87.3×100.8mmの1207ccで、50~55ps/5400rpmを発揮する。
パンヘッドのファーストイヤーモデル1948年式FL。モーターは87.3×100.8mmの1207ccで、50~55ps/5400rpmを発揮する。
モダンなパンヘッドモーターにスプリングフォークを採用した唯一のモデルとして1948年型は非常に人気の高い車両である。
モダンなパンヘッドモーターにスプリングフォークを採用した唯一のモデルとして1948年型は非常に人気の高い車両である。
当時のトレンドカラーであったルビーレッドの外装が美しい1950年式FL。低く身構えたハイドラグライドのスタイリングはやはり魅力的。
当時のトレンドカラーであったルビーレッドの外装が美しい1950年式FL。低く身構えたハイドラグライドのスタイリングはやはり魅力的。
フリンジド・キングと呼ばれた純正のディアドロップ型サドルバッグは1949と1950の2年間のみ装着されたものである。
フリンジド・キングと呼ばれた純正のディアドロップ型サドルバッグは1949と1950の2年間のみ装着されたものである。
1956年式のFLH。ストレートレッグのリジッドフレームに4本リブのカムカバーが装着されたOHVスーパースポーツモーターを搭載している。
1956年式のFLH。ストレートレッグのリジッドフレームに4本リブのカムカバーが装着されたOHVスーパースポーツモーターを搭載している。
FLHのビクトリーカムにちなんでタンクネームプレートやオイルタンクのデカールに「V」の文字が誇らしげにあしらわれている。
FLHのビクトリーカムにちなんでタンクネームプレートやオイルタンクのデカールに「V」の文字が誇らしげにあしらわれている。
ビッグツインモデルではないが、One Day MuseumにはアーミーモデルのWLAも展示。WLAは第二次大戦後も生産が続けられた。
ビッグツインモデルではないが、One Day MuseumにはアーミーモデルのWLAも展示。WLAは第二次大戦後も生産が続けられた。