VIRGIN HARLEY | 2014 HARLEY-DAVIDSON “TRI GLIDE ULTRA” DEBUT トピックス

2014 HARLEY-DAVIDSON “TRI GLIDE ULTRA” DEBUT

Hotbike Japan.comコンテンツ
日本初上陸となるハーレーダビッドソン純正トライク「TRI GLIDE ULTRA」が2014.01.23、恵比寿リキッドルームでお披露目された。
日本初上陸となるハーレーダビッドソン純正トライク「TRI GLIDE ULTRA」が2014.01.23、恵比寿リキッドルームでお披露目された。

2014.01.23、恵比寿リキッドルームで日本初上陸となるハーレーダビッドソン純正トライク「TRI GLIDE ULTRA」が発表された。ご存知のように三輪のトライクは大型二輪免許がなくても普通自動車MT免許で運転することができる。トライグライドは道路運送車両法での車両区分は「小型自動車(二輪)」として登録されるため車庫証明は不要。有料道路料金区分も二輪車同様に軽自動車(二輪自動車含む)の料金が通常は適用される。またヘルメットの着用義務はない。電動リバースシステムを搭載しているので、スムーズな方向転換を実現。トライグライドはProject RUSHMOREのもと刷新された最新モデルであり、バイクともクルマとも違う新しい世界を切り開くドリームマシンと言える。2014.02.01より発売開始。
モノトーンカラー 400万4000円。
ツートーンカラー 406万7000円。

Harley-Davidson Japan代表取締役スチュアート・ファレル氏によりニューモデル、TRI GLIDE ULTRAの発表が行われた。
Harley-Davidson Japan代表取締役スチュアート・ファレル氏によりニューモデル、TRI GLIDE ULTRAの発表が行われた。
リキッドルームのステージにTRI GLIDE ULTRAが登場。HDJスタッフにより、車両のポイントが説明された。
リキッドルームのステージにTRI GLIDE ULTRAが登場。HDJスタッフにより、車両のポイントが説明された。
発表会当日は多くの報道陣がリキッドルームに押し寄せ、普通自動車MT免許で運転できるTRI GLIDE ULTRAの注目度の高さを伺わせた。
発表会当日は多くの報道陣がリキッドルームに押し寄せ、普通自動車MT免許で運転できるTRI GLIDE ULTRAの注目度の高さを伺わせた。
迫力のこのスタイルは、H-D全モデルの中でも群を抜いている。トライクという新しいカテゴリーでファンの獲得を狙うカンパニーの意欲作。
迫力のこのスタイルは、H-D全モデルの中でも群を抜いている。トライクという新しいカテゴリーでファンの獲得を狙うカンパニーの意欲作。
TRI GLIDE ULTRA最大のポイントはこのリアビューである。二輪のモーターサイクルとは違い三輪なので当然自立する。転倒の恐れはない。
TRI GLIDE ULTRA最大のポイントはこのリアビューである。二輪のモーターサイクルとは違い三輪なので当然自立する。転倒の恐れはない。
積載量はキングツアーパックとリアの大型トランクで約190Lの大容量を誇る。左グリップ部にバックのRボタン、左ステップ下にパーキングブレーキを装備。
積載量はキングツアーパックとリアの大型トランクで約190Lの大容量を誇る。左グリップ部にバックのRボタン、左ステップ下にパーキングブレーキを装備。
多くのメディアとディーラーが集まったTRI GLIDE ULTRAの発表会ではアルコールも振る舞われた。ハードキャンディカスタムのタンクがイイ雰囲気。
多くのメディアとディーラーが集まったTRI GLIDE ULTRAの発表会ではアルコールも振る舞われた。ハードキャンディカスタムのタンクがイイ雰囲気。
会場には軽食も用意され、注目のTRI GLIDE ULTRAを前に、参加者たちはそれぞれの時間を過ごすことができた。
会場には軽食も用意され、注目のTRI GLIDE ULTRAを前に、参加者たちはそれぞれの時間を過ごすことができた。
会場外にはTRI GLIDE ULTRAの試乗車が用意され、恵比寿近辺を試乗することも可能。トライクが走る姿は迫力満点。
会場外にはTRI GLIDE ULTRAの試乗車が用意され、恵比寿近辺を試乗することも可能。トライクが走る姿は迫力満点。
GO FOR THE THREE-WHEEL ADVENTURE! 二輪でも四輪でも体験することができなかった新たな冒険がはじまる。
GO FOR THE THREE-WHEEL ADVENTURE! 二輪でも四輪でも体験することができなかった新たな冒険がはじまる。