VIRGIN HARLEY | HEADLINE ニューオーダーチョッパーショー2014 最速レポート 第三弾 トピックス

HEADLINE ニューオーダーチョッパーショー2014 最速レポート 第三弾

Hotbike Japan.comコンテンツ
ツボを心得たモディファイで質の高いカスタムマシンを製作するルードロッド。こちらのEVOスポーツカスタムはビルダー榊さんの愛機である。
ツボを心得たモディファイで質の高いカスタムマシンを製作するルードロッド。こちらのEVOスポーツカスタムはビルダー榊さんの愛機である。

チョッパーフリーク夏の風物詩、神戸ニューオーダーチョッパーショーが去る2014.08.24に神戸国際展示場で開催された。今年は天候にも恵まれ、例年に増して会場はヒートアップ。来場者数4000人、200台近いカスタムマシンが展示され、訪れたチョッパーフリークを魅了した。もちろんニューオーダーの目玉コンテンツ「BARBARIAN CIRCUS」ブースも大盛況。参加アーティストが製作したアートピースのオークションで最高潮の盛り上がりを見せた。恒例の雑誌HOTBIKE JAPANによる仮設スタジオでの出展マシン全台撮影も行われた。この模様は09.27に発売されるHOTBIKE JAPAN140号の巻頭特集にて! さらに昨年に引き続いて上条早樹による「ROPE ART SHOW」が敢行され、会場は大喝采に包まれた。それではこのニューオーダーチョッパーショーの最速レポートをお届けしよう。

大阪に移転したDECONT CUSTOMSが展示したパンショベル。フリスコチョッパーの王道たるスタイリングの一台に仕上げられている。
大阪に移転したDECONT CUSTOMSが展示したパンショベル。フリスコチョッパーの王道たるスタイリングの一台に仕上げられている。
同じくDECONT CUSTOMSが手掛けたEVOリジッド。センター取り回しのドラッグパイプがポイントとなるフリスコチョッパーである。
同じくDECONT CUSTOMSが手掛けたEVOリジッド。センター取り回しのドラッグパイプがポイントとなるフリスコチョッパーである。
ニューオーダー実行委員のシウンが手掛けたアーリーショベル。店主の松村さんがドラッグレースで駆るレーサーでもある。もちろん街乗りもOK!
ニューオーダー実行委員のシウンが手掛けたアーリーショベル。店主の松村さんがドラッグレースで駆るレーサーでもある。もちろん街乗りもOK!
EVOスポーツをベースにシウンが製作したマシン。コンパクトかつタイトなスタイリングはEVOスポーツならではのもの。
EVOスポーツをベースにシウンが製作したマシン。コンパクトかつタイトなスタイリングはEVOスポーツならではのもの。
チェリーズカンパニーが持ち込んだアーリーカスタム。昨年のホットロッドショーでBEST OF SHOW MOTORCYCLEに輝いたマシンである。
チェリーズカンパニーが持ち込んだアーリーカスタム。昨年のホットロッドショーでBEST OF SHOW MOTORCYCLEに輝いたマシンである。
CLUB HARLEYピックを獲得したチェリーズカンパニーのサイドバルブチョッパー。メッキフレームにアップスイープマフラーがアイコンとなる一台。
CLUB HARLEYピックを獲得したチェリーズカンパニーのサイドバルブチョッパー。メッキフレームにアップスイープマフラーがアイコンとなる一台。
モーターガレージグッズが手掛けるパーツブランド、グリーミングワークスのデモマシン。ポイントは同ブランドのマフラーだ。
モーターガレージグッズが手掛けるパーツブランド、グリーミングワークスのデモマシン。ポイントは同ブランドのマフラーだ。
こちらのEVOスポーツカスタムもモーターガレージグッズが製作したマシンとなっている。EVOスポーツにロケットカウルを装着したカフェスタイルが新鮮。
こちらのEVOスポーツカスタムもモーターガレージグッズが製作したマシンとなっている。EVOスポーツにロケットカウルを装着したカフェスタイルが新鮮。
大神戸が製作中のアーリーショベル。メタルモールディングが施されたシングルクレードルフレームにリジッドフォークなど見所が尽きない一台。完成が楽しみである。
大神戸が製作中のアーリーショベル。メタルモールディングが施されたシングルクレードルフレームにリジッドフォークなど見所が尽きない一台。完成が楽しみである。
大神戸のブースはご覧のように大盛況。OWLのブースにお馴染み神戸元町のロードランナーブース、NO name! のブースも見逃せない。
大神戸のブースはご覧のように大盛況。OWLのブースにお馴染み神戸元町のロードランナーブース、NO name! のブースも見逃せない。
チョッパーガールズの撮影会は午後も大盛り上がり。やはりカスタムマシンとキュートな女性の相性はバツグンである。
チョッパーガールズの撮影会は午後も大盛り上がり。やはりカスタムマシンとキュートな女性の相性はバツグンである。
次々とマシンを変えて行われるチョッパーガールズの撮影会。オーディエンスとカメラマンを引き連れて移動して撮影は続けられた。
次々とマシンを変えて行われるチョッパーガールズの撮影会。オーディエンスとカメラマンを引き連れて移動して撮影は続けられた。
鎌倉のレザー工房、アトリエチェリーの20周年を記念して合同ブースが設置された。コチラのボードはシェイキンの手によるもの。
鎌倉のレザー工房、アトリエチェリーの20周年を記念して合同ブースが設置された。コチラのボードはシェイキンの手によるもの。
アトリエチェリー、シャフト、バサラMC、村山モーターサイクル、そしてエースモーターサイクルの合同ブース。
アトリエチェリー、シャフト、バサラMC、村山モーターサイクル、そしてエースモーターサイクルの合同ブース。
バサラMCメンバーの車両や、エース、村山モーターサイクルのマシンがアトリエチェリーの合同ブースに展示された。
バサラMCメンバーの車両や、エース、村山モーターサイクルのマシンがアトリエチェリーの合同ブースに展示された。
アトリエチェリーの20周年記念ピンズにレザーウォレット、シャフトの新作、イヤホンジャックは大人気の様子。
アトリエチェリーの20周年記念ピンズにレザーウォレット、シャフトの新作、イヤホンジャックは大人気の様子。
このブースの首謀者アトリエチェリーの水野さんにバサラMCの井上さん、そしてシャフトの本間さん。
このブースの首謀者アトリエチェリーの水野さんにバサラMCの井上さん、そしてシャフトの本間さん。
アトリエチェリー合同ブースに展示された村山モーターサイクルの車両。的を射たモディファイで無二の車両に仕上げられている。
アトリエチェリー合同ブースに展示された村山モーターサイクルの車両。的を射たモディファイで無二の車両に仕上げられている。
同じくアトリエチェリーの合同ブースに展示されたエースのナックル。ストレッチされたフロントフォークとミディアムエイプで伸びやかなフロントエンドを入手している。
同じくアトリエチェリーの合同ブースに展示されたエースのナックル。ストレッチされたフロントフォークとミディアムエイプで伸びやかなフロントエンドを入手している。
VLフレームにナックルヘッドが搭載されたエースの新作。ヒルクライマーのようなスタイリングが特徴的な車両に仕上げられている。
VLフレームにナックルヘッドが搭載されたエースの新作。ヒルクライマーのようなスタイリングが特徴的な車両に仕上げられている。
伸びやかなハンドルバーにタイトな分割タンク、丸みを帯びたサイクルフェンダーにオイルラインの取り回しも見逃せない。
伸びやかなハンドルバーにタイトな分割タンク、丸みを帯びたサイクルフェンダーにオイルラインの取り回しも見逃せない。
今期HBJピックを獲得したにはエースが手掛けたコチラのK。セリアーニのGPフォークがフロントエンドの見せ場となっている。
今期HBJピックを獲得したにはエースが手掛けたコチラのK。セリアーニのGPフォークがフロントエンドの見せ場となっている。
GPフォークの美しいトリプルツリーにエッジが効いたフューエルタンク。どこかXRタンクを思わせる造形である、カラーリングも個性的だ。
GPフォークの美しいトリプルツリーにエッジが効いたフューエルタンク。どこかXRタンクを思わせる造形である、カラーリングも個性的だ。
RED HOT MCが製作したコチラのパンヘッドがニューオーダーの名物、ボヘミアンピックを獲得。ロングフォークチョッパーの王道たるセッティングである。
RED HOT MCが製作したコチラのパンヘッドがニューオーダーの名物、ボヘミアンピックを獲得。ロングフォークチョッパーの王道たるセッティングである。
オールドスピードファクトリーが持ち込んだ2台のTCダイナカスタム。大柄なTCベースとは思えない仕上がりである。VIRGIN HARLEYピックを獲得。
オールドスピードファクトリーが持ち込んだ2台のTCダイナカスタム。大柄なTCベースとは思えない仕上がりである。VIRGIN HARLEYピックを獲得。
京都のラックMCが手掛けた2台のチョッパー。同店らしい手の凝った作り込みがポイントとなる車両だ。
京都のラックMCが手掛けた2台のチョッパー。同店らしい手の凝った作り込みがポイントとなる車両だ。
関西で人気のTV番組ライクアウインドのキャンペーンガールにチョッパーガールズ。
関西で人気のTV番組ライクアウインドのキャンペーンガールにチョッパーガールズ。
CHOPPER Journalピックを獲得したZONの新作EVOカスタム。各部の圧倒的なまでの作り込みが同店の真骨頂。まさに圧巻の出来である。
CHOPPER Journalピックを獲得したZONの新作EVOカスタム。各部の圧倒的なまでの作り込みが同店の真骨頂。まさに圧巻の出来である。
マウントにもこだわったフューエルタンクやリアエンドに移設されたオイルタンクなど、さすがZONという作り込み。
マウントにもこだわったフューエルタンクやリアエンドに移設されたオイルタンクなど、さすがZONという作り込み。
カスタムマシンを彩るサインボード。ディスプレイをトータルでプロデュースし、ショーに華やかさを加える。
カスタムマシンを彩るサインボード。ディスプレイをトータルでプロデュースし、ショーに華やかさを加える。
ディテイルを覗き込むように見れば、新たな発見があることも。カスタムショーの楽しみ方は千差万別である。
ディテイルを覗き込むように見れば、新たな発見があることも。カスタムショーの楽しみ方は千差万別である。
今期ニューオーダーで最もエキセントリックだったのがコチラのロングフォークチョッパー。人の背丈を軽く超えるステムヘッドに昇天!
今期ニューオーダーで最もエキセントリックだったのがコチラのロングフォークチョッパー。人の背丈を軽く超えるステムヘッドに昇天!
RESERVEが手掛けたTCソフテイルカスタム。有機的なマフラーのフォルムがポイントとなるマットな一台。
RESERVEが手掛けたTCソフテイルカスタム。有機的なマフラーのフォルムがポイントとなるマットな一台。
MC FORCEのブースには代表の久保さんが駆るドラッグレースに参戦するレーサーと2台の車両が並べられた。
MC FORCEのブースには代表の久保さんが駆るドラッグレースに参戦するレーサーと2台の車両が並べられた。
メインステージではアワード発表のあとに上条早樹による「ROPE ART SHOW」が開催された。天井から吊るされた布に命綱なしで登りパフォーマンス!
メインステージではアワード発表のあとに上条早樹による「ROPE ART SHOW」が開催された。天井から吊るされた布に命綱なしで登りパフォーマンス!
ニューオーダーの恒例となりつつある、オーラスのROPE ART SHOW。その華麗な縄さばきはまさにアートと言える。
ニューオーダーの恒例となりつつある、オーラスのROPE ART SHOW。その華麗な縄さばきはまさにアートと言える。
今期ニューオーダーの勝者であるBEST OF CHOPPERを獲得したのはREVOLTが手掛けた1974年式XLH
今期ニューオーダーの勝者であるBEST OF CHOPPERを獲得したのはREVOLTが手掛けた1974年式XLH “Peaceful Knight”。
古代ローマ帝国をモチーフに、シッシーバーやエアクリーナーなどのディテイルが作り込まれた渾身の一台。高いスキルを感じさせるマシンに仕上げられている。
古代ローマ帝国をモチーフに、シッシーバーやエアクリーナーなどのディテイルが作り込まれた渾身の一台。高いスキルを感じさせるマシンに仕上げられている。
見事にBEST OF CHOPPER を獲得したREVOLTのビルダー井上さん。今後の動向が気になる注目のビルダーである。
見事にBEST OF CHOPPER を獲得したREVOLTのビルダー井上さん。今後の動向が気になる注目のビルダーである。